メインメニューを開く

スパイクは、吉本興業東京本社(東京吉本、厳密には子会社のよしもとクリエイティブ・エージェンシー)所属のお笑いコンビ。2名ともアイドルグループ吉本坂46のメンバーである。東京NSC14期生。

スパイク
SPIKE
メンバー 小川暖奈
松浦志穂
結成年 2008年
事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
活動時期 2009年 -
出身 東京NSC14期生
出会い 吉本総合芸能学院
現在の活動状況 ライブ・テレビなど
ネタ作成者 2人
過去の代表番組 パワー☆プリン
ナオミクローゼット
同期 ダイタクあわよくば0.03秒ウメボシエンジン井上虫歯二本アンチエイジ徳泉ゆきち先生なめたらいかんぜよ。MARIマンキンタン親方、りんたろー(EXIT)、山脇充(ザ☆忍者)、山添寛(相席スタート)、ネルソンズ
公式サイト プロフィール
受賞歴
2014年2015年 吉本べっぴんランキング1位(小川)
テンプレートを表示

目次

メンバー編集

概要編集

  • 主に漫才(ネタの中には「舞妓漫才」「宝塚漫才」といったキャラクターものもある)であったが、近年は『M-1グランプリ』にも出場せず、ライブでもコントのみを行なっている。『あらびき団』では宝塚歌劇風のコントを披露しており[9]、『パワー☆プリン』のコントキャラクターにも使われている。
  • オンバト+』では女性コンビとして初めてオンエアを勝ち取った。さらにその日最高の485KBを獲得しトップオンエアであった(アルコ&ピースと同点1位)[10]
  • 小川は男女コンビ志望だったが、NSCの2回目の授業で松浦と意気投合し、結局出会って1週間でコンビを結成[1]
  • コンビ名の由来は、舞台見学の合間にサッカー用品店でスパイクを見ながら時間を潰していたため[11]。松浦が当初考えていたコンビ名は「ウェディングパンジー」[12]
  • 『パワー☆プリン』で共演した横澤夏子チョコレートプラネットの長田、パンサーの向井や菅とはプライベートでも交流がある他、渡辺直美に可愛がられている。また、小川は高校時代のコンビ「ツートーン」の頃から一緒に舞台に立っていた現在ピン芸人のひろたあきらとも仲が良い。
  • ブロードキャスト!!の主催する「ブロッキンジャパン」ではバンド演奏をしたこともある(松浦がボーカル、小川がドラムとして)。

出演編集

テレビ編集

過去のレギュラー出演編集

その他の出演編集

ドラマ編集

  • オトメン(乙男)〜夏〜(2009年8月1日 - 9月26日、フジテレビ)- 2年A組の生徒 役
  • オトメン(乙男)〜秋〜(2009年10月13日 - 11月3日、フジテレビ)- 2年A組の生徒 役
  • 水戸黄門 第37部 第20話「男意気地の悪退治-松島-」(2012年6月26日、TBS

ネット配信編集

  • 火花 第8話(2016年6月3日、Netflix
  • 渡辺直美のYabamiRADIO!(2018年4月7日 - 、AbemaTV AbemaRADIOチャンネル)[13]

単独ライブ編集

  • 『つるのひとこえ』(2011年3月6日、THEATER BRATS)
  • 『マニキュアねこちゃん』(2012年2月3日、THEATER BRATS)
  • 『貝がらココナッツ』(2012年9月8日、THEATER BRATS)
  • 『みつばちビキニ』(2014年5月25日、新宿シアターモリエール)
  • 『あおぞらシロップ』(2014年8月10日、ヨシモト∞ホール
  • 『ch : mellow shower(メロウシャワー)』(2017年3月30日、表参道GROUND)
  • 『スパイクのキュン!とするライブ』(不定期)
  • 『ch:Vivid of TEN』(2018年5月6日、神保町花月
  • 『スパイクの “嫁ぐまでにしたい100のこと”』(2019年1月23日、ヨシモト∞ドーム)
  • 『ch:Spring of ELEVEN』(2019年6月22日、ザムザ阿佐谷

作品編集

シングル編集

吉本坂46

  • 泣かせてくれよ(2018年12月26日、SRCL-11013) - EAN 4547366384529(「選抜」名義) ※小川のみ
  • やっとここまで(2018年12月26日、SRCL-11042) - EAN 4547366384819(「POP MONSTER」名義) ※松浦のみ
  • 今夜はええやん(2019年5月8日、SRCL-11148/9) - EAN 4547366399615 (「選抜」名義)※小川のみ
  • 現在地(2019年5月8日、SRCL-11152) - EAN 4547366399622(「スイートMONSTER」名義) ※松浦のみ

脚注編集

  1. ^ a b c d FLASH光文社)2018年12月18日号「2018-2019 笑いの神が降臨した『女コンビ芸人』」(p.58)
  2. ^ ツートーン
  3. ^ マンスリーよしもとPLUS』2011年5月号(ヨシモトブックス・ワニブックス)でのスパイクの記事より。
  4. ^ 吉本坂46、デビュー曲センターは?選抜メンバー発表”. モデルプレス (2018年10月9日). 2018年10月9日閲覧。
  5. ^ a b “吉本坂46、2ndシングル「今夜はええやん」収録曲決定!イケメンユニット“CC5”の楽曲も”. M-ON!MUSIC (エムオン・エンタテインメント). (2019年4月3日). https://www.m-on-music.jp/0000335710/ 2019年4月4日閲覧。 
  6. ^ 自然のいえ 三浦の「スナック つれづれ」2009年9月28日より。
  7. ^ オトメン(乙男)/フジテレビ-スパイクさんインタビューより。
  8. ^ “全編iPhoneで撮影!吉本坂46「やっとここまで」Music Video公開!!”. PR TIMES (株式会社ソニー・ミュージックレーベルズ). (2018年12月29日). https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001852.000013546.html 2018年12月29日閲覧。 
  9. ^ 「スパイク」 に関するテレビ情報”. TVでた蔵. ワイヤーアクション (2011年5月10日). 2018年12月5日閲覧。
  10. ^ オンバト芸人成績・スパイク
  11. ^ サッカーに関係ある言葉がコンビ名につく6組のお笑いユニット”. livedoorNEWS (2015年11月30日). 2016年12月8日閲覧。
  12. ^ 女子コレクティブ2 Vol.3 ~ 朝日奈央初登場 ~ 番組レポート”. ソーシャルTV局「2.5D」 (2015年2月17日). 2016年12月8日閲覧。
  13. ^ “渡辺直美の『Yabami RADIO』がAbemaTVで放送決定! ラジオならではの過激トークで「妄想女子」を語る” (日本語). AbemaTIMES. https://abematimes.com/posts/3946381 2018年5月25日閲覧。 

外部リンク編集