メインメニューを開く

Spiber(スパイバー)は、山形県鶴岡市に本社を置く、世界初の合成クモ糸繊維「QMONOS」の量産化に成功したことで有名な繊維企業である。

Spiber株式会社
Spiber Inc.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
997-0052
山形県鶴岡市覚岸寺字水上234番地1
設立 2007年9月26日
業種 化学
事業内容 次世代バイオ素材開発、DNAタグ技術開発、DNA情報記録技術開発に係る事業
代表者 取締役兼代表執行役 関山和秀
資本金 25億3,458万円
(2015年3月現在)
従業員数 75名
(2015年4月1日現在)
主要株主 荘内銀行
TICC卓越企業投資事業有限責任組合
やまがた地域成長ファンド投資事業有限責任組合
きらやかキャピタル
新生銀行
(2014年10月31日現在)
外部リンク Spiber
テンプレートを表示

目次

概要編集

慶應義塾大学先端生命科学研究所[1](山形県鶴岡市)でクモの糸を研究していた関山和秀が、強靱かつ柔軟な「蜘蛛の糸」を現代技術によって製品化・量産化をすることを目的に設立した[2][3][4][5]

2013年11月28日、共同で開発にあたっている小島プレス工業と共に建設してきた試作品の工場が稼働を開始した[6][7][8]。              

Xpiber編集

2014年9月26日、小島プレス工業と合成クモ糸繊維の開発、生産を進める共同出資会社である「Xpiber(エクスパイバー)」を資本金4億5000万円で設立した。

同社は2014年9月、前年11月に稼働した試作品の生産工場の隣接地に「本社研究棟」を着工[9][10][11]。2015年5月22日には、竣工した本社研究棟が稼働を開始した[12][13]

沿革編集

  • 2007年9月26日 - 慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス出身の関山和秀らが神奈川県藤沢市に設立。
  • 2008年6月 - 慶應義塾大学先端生命科学研究所のある山形県鶴岡市に移転。
  • 2012年8月2日 - 第11回山形県科学技術奨励賞を受賞。
  • 2013年
    • 5月24日 - 世界初の合成クモ糸繊維「QMONOS」の量産化に成功したと発表[14][15]。「QMONOS」は「蜘蛛の巣」に由来する[16]
    • 11月28日 - 試作研究施設工場(PROTOTYPING STUDIO)が稼働を開始。
  • 2014年
    • 5月22日 - エクスパイバー本社研究棟が稼働を開始。
    • 9月 - 科学技術振興機構による「大学発ベンチャー表彰」の特別賞を受賞[17]
    • 9月26日 - 小島プレス工業株式会社との共同出資会社であるXpiberを設立。 XpiberはQMONOSの量産工場を運営する。
    • 10月 - 内閣府による「革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)」の承認プログラムである「超高機能構造タンパク質による素材産業革命」においてコア研究組織として指名選定。
  • 2015年
    • 1月 - 経済産業省による日本ベンチャー大賞の「地域経済活性化賞(審査委員会特別賞)」を受賞[18]
    • 3月 - 資本金を25億3,458万円に増資。
    • 4月 - スパイバー株式会社からSpiber株式会社に社名変更。
    • 9月30日 - ゴールドウインと事業提携契約の締結した上で30億円の出資を受け入れる[19][20]
    • 10月8日 - 上述の提携契約締結に基づく第一弾の製品となる"ムーンパーカ"のプロトタイプを発表[21][22]

QMONOS編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 慶應義塾大学先端生命科学研究所 (Institute for Advanced Biosciences, Keio University) - ホーム”. 2014年6月6日閲覧。
  2. ^ “バイオVBのスパイバーなどが「クモ糸」繊維量産へ”. 日本経済新聞. (2013年2月21日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFB2005B_Q3A220C1L01000/ 2013年12月6日閲覧。 
  3. ^ “エディターズ ノート 日本の若者が世界の研究チームに勝てたワケ”. Tech-On. (2013年6月27日). http://techon.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20130626/290053/ 2013年12月7日閲覧。 
  4. ^ “突拍子もない発想は地方から クモ糸生産に賭けるベンチャー”. 日経ビジネスオンライン. (2012年10月25日). http://business.nikkeibp.co.jp/article/NBD/20121024/238558/?ST=pc 2014年2月18日閲覧。 
  5. ^ “地方から世界水準のイノベーション~慶應大先端生命科学研究所とスパイバー社の挑戦~ 鶴岡市企画部政策推進課長 高橋健彦”. 季刊 政策・経営研究. 三菱UFJリサーチ&コンサルティング. (2013年8月). http://www.murc.jp/thinktank/rc/quarterly/quarterly_detail/201303_81/ 2014年10月9日閲覧。 
  6. ^ “人工クモ糸の試作工場が稼働 スパイバーなど”. 日本経済新聞. (2013年11月28日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFB2805Y_Y3A121C1L01000/ 2013年12月6日閲覧。 
  7. ^ “クモ糸繊維の量産へ事業展開加速 鶴岡のベンチャー企業”. 河北新報. (2013年12月25日). http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201312/20131225_52005.html 2014年2月18日閲覧。 
  8. ^ “社説 クモ糸繊維量産/夢の新素材高まる期待”. 河北新報. (2014年1月19日). オリジナルの2014年2月22日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140222185404/http://www.kahoku.co.jp/shasetsu/2014/01/20140119s01.htm 2014年2月18日閲覧。 
  9. ^ “クモ糸繊維で新会社 鶴岡のスパイバー”. 河北新報. (2014年9月30日). http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201409/20140930_52019.html 2014年10月9日閲覧。 
  10. ^ “スパイバー、小島プレスと新会社 クモ糸繊維を量産へ”. 日本経済新聞. (2013年9月29日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASFB2901S_Z20C14A9L01000/ 2014年9月29日閲覧。 
  11. ^ スパイバーと小島プレス工業、共同で新棟建設 (PDF)” (2014年9月29日). 2014年10月9日閲覧。
  12. ^ “クモ糸繊維の新研究棟完成 量産体制へ整備”. 河北新報. (2015年5月23日). http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201505/20150523_52004.html 2015年5月27日閲覧。 
  13. ^ “生産能力は20倍、本社研究棟が稼働 スパイバー合弁会社エクスパイバー”. 山形新聞. (2015年5月23日). http://yamagata-np.jp/news/201505/23/kj_2015052300503.php 2015年5月27日閲覧。 
  14. ^ “人工クモ糸繊維の量産化成功 鶴岡のスパイバー”. 山形新聞. (2013年5月24日). オリジナルの2013年10月26日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131026101957/http://yamagata-np.jp/news/201305/24/kj_2013052400571.php 2013年12月6日閲覧。 
  15. ^ “世界初の「人工合成クモ糸繊維」量産化へ、スパイバーが技術を開発”. 財経新聞. (2013年5月27日). http://www.zaikei.co.jp/article/20130527/133363.html 2013年12月6日閲覧。 
  16. ^ 新素材「QMONOS」
  17. ^ 初の大学発ベンチャー表彰の受賞者決定 ハフィントンポスト 2014年9月8日付
  18. ^ 第1回「日本ベンチャー大賞」の受賞者を決定しました! 経済産業省 (プレスリリース) 2015年1月22日付
  19. ^ “ゴールドウイン、人工のクモ糸開発会社に出資”. 日本経済新聞. (2015年9月8日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ08HYL_Y5A900C1TI5000/ 2015年10月4日閲覧。 
  20. ^ “Spiber株式会社との事業提携契約の締結並びに出資に関するお知らせ” (プレスリリース), 株式会社ゴールドウイン, (2015年9月8日), http://www.goldwin.co.jp/corporate/cgi/wordpress/wp-content/uploads/2015/09/150908_info.pdf 2015年10月4日閲覧。 
  21. ^ “世界初! クモの糸素材のパーカー実用化へノースフェイスが共同開発”. Sports navi Do. (2015年10月11日). http://dosports.yahoo.co.jp/column/detail/201510100001-spnavido 2015年10月17日閲覧。 
  22. ^ “ゴールドウインとスパイバーが第一弾のプロトタイプを発表 30億円投じたクモの糸とは?”. WWD JAPAN COM. (2015年10月9日). https://www.wwdjapan.com/business/2015/10/09/00018289.html 2015年10月17日閲覧。 

外部リンク編集