スパイ・エンジェル グラマー美女軍団

スパイ・エンジェル グラマー美女軍団』(Guns)は、1990年アメリカ映画

スパイ・エンジェル グラマー美女軍団
Guns
監督 アンディ・シダリス
脚本 アンディ・シダリス
製作 アーレーン・シダリス
出演者 ドナ・スピア
エリック・エストラーダ
音楽 リチャード・ライアン
撮影 ハワード・ウェクスラー
編集 マイケル・ヘイト
配給 東北新社
公開 1990年
上映時間 96分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

解説編集

プレイメイトが活躍するセクシー・アクション映画。 日本では劇場未公開だったが、ビデオは発売された。 テレビ放送される際に大変凝った予告編が製作される。

ストーリー編集

ハワイ在住の秘密捜査官ドナとニコルが何者かに命を狙われた。

そして間もなく、ニコルと間違われた女性が女装した2人組の男に殺される。遺体にはラスベガスのカジノのカードが残されていた。

早速2人は仲間たちとラスベガスへ向かうが、着くなり再びニコルが襲われる。

現場に残されていたカードはダイヤのジャック。それはドナの父親を殺し、10年前に死んだはずのホアキン・デ・ティアモンデスの印だった…

キャスト編集

ファン・デガス(デガ) - エリック・エストラーダ
ラスベガスの麻薬密輸組織のボスであり、10年前にFBI捜査官だったドナの父親を殺した南米の武器密輸組織の大物ホアキン・ディアモンデス(通称“ダイヤのジャック”)その人。
ドナ・ハミルトン - ドナ・スピア
ハワイ在住の女性FBI捜査官。
ニコル・ジャスティン - ロベルタ・バスケス
前3作までドナの相方だったタリンに代わり、ドナの同僚となる女性FBI捜査官。
イーディ・スターク - シンシア・ブリムホール
ドナらと同じく女性FBI捜査官。『グラマー・エンジェル危機一発』以来のシリーズ再登場となる。
表向きは、ラスベガスのホテル『Rio』のステージに立つ歌手。

日本語吹替編集

役名 俳優 日本語吹替
テレビ東京
フアン・デガス エリック・エストラーダ 谷口節
ドナ・ハミルトン ドナ・スピア 榊原良子
ニコル・ジャスティン ロベルタ・バスケス 日野由利加
イーディ・スターク シンシア・ブリムホール 勝生真沙子
その他 神谷和夫
後藤敦
藤原啓治
鈴鹿千春
中田和宏
菅原正志
水野龍司
稲葉実
渡辺美佐
峰恵研
藤生聖子
火野カチコ
大川透
松本大
岩田安生
演出 向山宏志
翻訳 岩佐幸子
調整 荒井孝
効果 サウンドボックス
録音 オムニバス・ジャパン
制作 東北新社
初回放送 1995年7月6日
木曜洋画劇場

外部リンク編集