スパイ・フー・ダンプト・ミー

スパイ・フー・ダンプト・ミー』(原題:The Spy Who Dumped Me)は2018年に公開されたアメリカ合衆国コメディ映画である。監督はスザンナ・フォーゲル、主演はミラ・クニスケイト・マッキノンが務めた。

スパイ・フー・ダンプト・ミー
The Spy Who Dumped Me
監督 スザンナ・フォーゲル
脚本 スザンナ・フォーゲル
デヴィッド・アイサーソン
製作 ブライアン・グレイザー
エリカ・ハギンズ
製作総指揮 ジェイソン・クローズ
カレン・ランダー
ガイ・リーデル
出演者 ミラ・クニス
ケイト・マッキノン
サム・ヒューアン
ジャスティン・セロー
音楽 タイラー・ベイツ
撮影 バリー・ピーターソン
編集 ジョナサン・シュワルツ
製作会社 イマジン・エンターテインメント
ライオンズゲート
配給 アメリカ合衆国の旗ライオンズゲート
日本の旗キノフィルムズ
公開 アメリカ合衆国の旗2018年8月3日
日本の旗2020年3月15日
上映時間 117分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 4000万ドル[2]
興行収入 世界の旗$75,320,680[2]
テンプレートを表示

ストーリー編集

オードリー・ストックトンは怒りに震えながら自身の誕生日を過ごしていた。というのも、その日に恋人のドリューから別れを告げるメールが突然届いたからである。親友のモーガンは「ドリューの私物なんて処分してしまいなさい。そうすれば吹っ切れるはず。」と言ってオードリーを慰めていた。その頃、ドリューは殺し屋に追われていた。実は、ドリューは政府の工作員だったのである。

その後、オードリーは仕事場にやってきた男性を誘惑したが、その男性(セバスチャン)はCIAの職員であった。セバスチャンからドリューの正体と彼が失踪したことを知らされたオードリーは仰天した。彼女は「私はその一件について無関係です」と必死に説明した。帰宅したオードリーはその事実をモーガンに告げた。しばらくして、ドリューが私物のトロフィーを取りにオードリーのアパートにやって来た。その直後、殺し屋の集団がアパートに乗り込んできて銃撃戦となった。ドリューによると、彼らはトロフィーを狙っているのだという。ドリューはオードリーを連れて協力者の待つウィーンへ向かうことにしたが、道中、殺し屋によって始末されてしまった。その殺し屋はモーガンがバーで見かけたことのある男であった。憤激したモーガンは殺し屋をバルコニーから突き落としてしまった。

こうして、図らずも陰謀に関与する羽目になった2人は取り敢えずウィーンを目指すことにした。現地に到着した後、2人はドリューが待ち合わせ場所に指定していたカフェに向かった。その場に現れたのはセバスチャンであった。セバスチャンに不信感を抱いていたオードリーがトロフィーの引き渡しを渋っていると、そこに殺し屋の一団が現れた。2人は何とか逃げ切ることができた。モーガンの両親の協力を得て、2人はプラハにあるロジャーの家に滞在することになった。必死の思いでパスポートを調達した2人は直ちにプラハへと向かった。道中、2人はトロフィーの中にUSBメモリが隠されているのを発見した。

目的地に到着したオードリーとモーガンはロジャーに歓待されたが、そのロジャーは本物のロジャーを殺して彼になりすましていたスパイであった。油断しきった2人はあっさりと捕まってしまった。USBメモリの所在を聞かれたオードリーは「トイレに流した」とウソをついた。

スパイは2人を倉庫へと連行し、メモリの居場所を吐かせるために拷問することにした。2人は拷問で死ぬ寸前にまで陥ったが、そこにやって来たセバスチャンによって救出された。セバスチャンは上官の命令を無視してまで2人を救出しに来たのだという。彼は2人をパリに連れて行き、そこで上官たちに引き合わせた。メモリがトイレに流されたことを知った彼らは落胆したが、2人の身の安全を保証してくれた。

空港へ向かう途中、オードリーはモーガンとセバスチャンに衝撃の事実を明かした。

キャスト編集

製作・公開編集

2017年7月、本作の主要撮影ハンガリーブダペストで始まった[3]。9月には、オランダアムステルダムに移って撮影が続けられた[4]

当初、本作は2018年7月6日に全米公開される予定だったが[5]、同月に人気作品が続々公開されることを踏まえ、公開日は同年8月3日に延期されることになった[6]。2018年7月25日、本作はリージェンシー・ヴィレッジ・シアターでプレミア上映された[7]

興行収入編集

本作は『ダーケスト・マインド』、『プーと大人になった僕』、『Death of a Nation: Can We Save America a Second Time?』と同じ週に封切られ、公開初週末に1300万ドル前後を稼ぎ出すと予想されていたが[8]、この予想は的中した。2018年8月3日、本作は全米3111館で公開され、公開初週末に1210万ドルを稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場3位となった[9]

評価編集

本作に対する批評家の評価は伸び悩んでいる。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには132件のレビューがあり、批評家支持率は45%、平均点は10点満点で5.2点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「『スパイ・フー・ダンプト・ミー』は最も面白いスパイコメディ、ないしは最も創意工夫に満ちたスパイコメディではない。しかし、ケイト・マッキノンの演技は今までと同様に鑑賞に堪え得るものである。」となっている[10]。また、Metacriticには40件のレビューがあり、加重平均値は51/100となっている[11]。なお、本作のシネマスコアはBとなっている[12]

出典編集

外部リンク編集