ザ・スピナーズ(The Spinners)はアメリカ合衆国デトロイト出身のヴォーカル・グループ。1954年結成。フィラデルフィア・ソウル(フィリー・ソウル)およびファンキー・ディスコの代表的グループのひとつとして知られ、アトランティック・レコード時代には、トム・ベルのプロデュースにより多くのヒットを放ち、R&Bチャートだけでなく全米ポップ・チャートにものぼる人気を獲得した。

スピナーズ
The Spinners (1965).png
1965年
基本情報
出身地 アメリカ合衆国 ミシガン州ファーンデール英語版
デトロイト郊外)
ジャンル R&B
フィラデルフィア・ソウル
ディスコ

2000年代以降、オリジナルメンバーが相次いで死去するも、ヘンリー・ファンブロウ英語版を中心にライブ活動を続けている。

ディスコグラフィ編集

代表曲編集

[1]

アルバム編集

レーベルはいずれもオリジナル盤準拠。現行の日本盤はユニバーサルミュージック ジャパンおよびワーナーミュージック・ジャパンから発売(邦題のない作品は輸入盤のみ)。

モータウン
  • 1967年 ジ・オリジナル・スピナーズ(The Original Spinners
モータウンV.I.P.
  • 1970年 セカンド・タイム・アラウンド(2nd Time Around
アトランティック
  • 1973年 フィラデルフィアより愛をこめて(Spinners
  • 1974年 マイティ・ラヴ(Mighty Love
  • 1974年 新しき夜明け(New and Improved
  • 1975年 フィラデルフィアの誇り(Pick of the Litter
  • 1976年 ハピネス(Happiness Is Being With the Spinners
  • 1977年 イエスタデイ、トゥデイ・アンド・トゥモロウ (Yesterday, Today & Tomorrow
  • 1977年 Spinners 8
  • 1979年 From Here to Eternally
  • 1979年 Dancin' and Lovin
  • 1980年 ラヴ・トリッピン(Love Trippin'
  • 1981年 Labor of Love
  • 1982年 Can't Shake This Feelin'
  • 1982年 Grand Slam
  • 1984年 Cross Fire
ミラージュ・レコード英語版
ヴォルト

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ Sweethearts of Sigma | Soul Music Biographies”. 2020年7月4日閲覧。

外部リンク編集