メインメニューを開く

スピニング・チョークSpinning Choke)は、格闘技における絞め技の一つであり腕で絞める三角絞めのことである。英名はアナコンダ・チョークAnaconda Choke)、アメリカ合衆国ではブラボー・チョークBravo Choke)とも呼ばれる。

概要編集

一方の腕を相手の首横から廻して脇の下を通してもう一方の腕とクラッチして回転しながら絞めあげる。

絞めの輪の中に相手の腕を一本入れるため、技の原理としては三角絞めと同じである。

この技は相手の肩と首を前方から巻き込む必要があるため、ある程度の腕の長さが必要となる。

また、チョーク・スリーパーとは異なり、肩固め同様極まってから徐々に意識を失わせる技であるため、相手がタップするまでに若干の時間を必要とする。

また左右の腕を逆に差しかえて締める方法も日本ではスピニングチョークと呼ばれるが、上記の技とは極め方が異なり、相手の脇から腕を差し込み、首横を通して腕をクラッチして極める。

アメリカではブラボー・チョークと呼ばれており、もともと着柔術の締め技であるループ・チョークの応用として生まれた。

アメリカ東部では同技を常用するヘンゾ・グレイシーの生徒の名からとってダース・チョークとも呼ばれる。

補足編集

2004年PRIDEヘビー級GPにおいて、アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラが、1回戦で横井宏考、2回戦でヒース・ヒーリングに2試合連続で、この技を極め勝利したことで脚光を浴び、その後は数多くのプロの総合格闘技の試合で使用される様になった。

ノゲイラは、どちらの試合も、相手のタックルを切って、がぶった状態から技を仕掛けた。

なお、この技を最初に考案したのは、ホアン・ジュカオン・カルネイロであり、ジュカオンがホジェリオに教えた後に、ホジェリオからホドリゴへ伝わったとされる[1]

参考資料編集

  • 『VALE TUDO ノゲイラ最強への道』(DINO BOX、東京漫画社)ISBN 978-4902671513
  • 『跳関十段 青木真也』(QUEST)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『VALE TUDO ノゲイラ最強への道(DVD付書籍)』、東京漫画社、ISBN 978-4-902671-51-3