スピーシーズ3 禁断の種

スピーシーズ3 禁断の種』(原題:Species III)は、2004年アメリカ合衆国で製作され、日本で特別公開されたSFホラー映画

スピーシーズ3 禁断の種
Species III
監督 ブラッド・ターナー
脚本 ベン・リプリー
製作 デヴィッド・ドウィキン
製作総指揮 フランク・マンキューソ・ジュニア
音楽 エリア・クミラル
撮影 クリスチャン・セルバルト
編集 ジェームズ・カブレンツ
製作会社 MGMテレビジョン
FGMエンターテインメント
配給 アメリカ合衆国の旗 MGM Home Entertainment
日本の旗 日本ヘラルド映画
公開 アメリカ合衆国の旗 2004年11月27日
日本の旗 2005年6月18日
上映時間 113分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
前作 スピーシーズ2
次作 スピーシーズ4 新種覚醒[1]
テンプレートを表示

概要

前作「スピーシーズ2」のラストから始まる話で、シル役として出演した1作目「スピーシーズ 種の起源」とそのクローンのイヴ役として前作に出演したナターシャ・ヘンストリッジはイヴ役で特別出演する形で続投。逆に、1作目で生き残ったプレス・レノックス、ダン・スミスソン、ローラ・ベイカーの他、前作でプレスとローラと共に活躍したデニス・ギャンブルの4名は本作に未登場し、代わりに新キャラクターとして1作目の主人公でイヴのオリジナルに当たる敵エイリアン・シルに殺害された研究所長ザビエ・フィッチの下で助手を務めたアボット博士、イヴとパトリックとの間に生まれた子供のサラ、サラの卵子に適合できる大学生のディーンの3名が登場する。

ストーリー

登場人物

ブルース・アボット博士
演 - ロバート・ネッパー
1作目で犠牲になったフィッチの下で助手を務めた人物。サラの卵子に適合できる男性の精子を使って名声を得ようと目論む一方、ローラのような優しさを併せ持っている。終盤、混合種に襲われ致命傷を負い、ディーンにサラを託し息を引き取った。
ディーン
演 - ロビン・ダン
アボットにサラの適合者として引き抜かれた大学生。
サラ
演 - サニー・メイブリー
イヴとパトリックとの間に生まれた子供。
イヴ
演 - ナターシャ・ヘンストリッジ
1作目の敵・シルのクローンとしてアメリカ軍で生まれた生命体。1作目のヒーローで前作の主人公のプレスと共闘しパトリックと戦い致命傷を負い軍所有の救急車で搬送中にサラを産み落とす。その直後にパトリックを父に持つ混合種の子供に殺害される。
アメリア
演 - アメリア・クック
前作の敵であるパトリックが人間の女性と交わって誕生した混合種の女性。

出演者

役名 俳優 日本語吹き替え
ブルース・アボット(1作目の主人公・フィッチの元助手だった博士) ロバート・ネッパー 牛山茂
ディーン(アボットに引き抜かれた大学生) ロビン・ダン 落合弘治
サラ(イヴとパトリックの子供) サニー・メイブリー 湯屋敦子
イヴ(1作目の敵・シルのクローン) ナターシャ・ヘンストリッジ(特別出演)
アメリア(本作の敵エイリアンの1体である混合種の女性) アメリア・クック

スタッフ

  • 製作総指揮 - フランク・マンキューソ・ジュニア
  • 監督 - ブラッド・ターナー
  • 脚本 - ベン・リプリー
  • 撮影 - クリスチャン・セルバルト
  • 音楽 - エリア・クミラル
  • 美術 - キャメロン・バーニー

備考

  • 次作に当たる『スピーシーズ4 新種覚醒』とは1作目の種の起源から今作までの世界観とはつながっておらずエイリアンの設定のみを踏襲したオリジナルの世界観となっている。

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ 一連のシリーズとしては今作で完結