スプリングフィールドM1812

スプリングフィールドM1812(英:Springfield Model 1812 Musket)は、スプリングフィールド造兵廠で製造された.69口径フリントロック式マスケット銃

スプリングフィールドM1812
スプリングフィールドM1812
種類 マスケット銃
製造国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
設計・製造 スプリングフィールド兵器廠
ハーパーズ・フェリー兵器廠
年代 18世紀終わりごろ
仕様
種別 前装式
口径 .69口径(17.526mm)
銃身長 1066mm
装弾数 1発
作動方式 フリントロック式
全長 1473mm
重量 約4.5kg
発射速度 2、3発/分
銃口初速 304~365m/秒
最大射程 100~200ヤード
有効射程 50~75ヤード
歴史 
設計年 1812年
製造期間 1814年~1816年
配備期間 1814年~1865年
配備先 アメリカ合衆国北軍、連合国南軍
関連戦争・紛争 米墨戦争南北戦争
製造数 約30000挺
テンプレートを表示

概要編集

1812年の米英戦争では、前モデルであるスプリングフィールドM1795の多くの欠点が判明した。M1812はデザインと製造プロセス双方の改良を目指したものである。デザインはフランスのシャルルヴィル・マスケット・モデル1777を参考にしたものであった[1]。M1812は米英戦争には間に合わなかったが、その後に軍および民兵における標準小銃となった[2]

M1812はスプリングフィールド兵器廠で生産され、ハーパーズ・フェリー兵器廠では1818年までM1795の生産が続けられた[3]

M1812は1816年にスプリングフィールドM1816で置き換えられたが、M1812自体はその後も長期間使用され続け、南北戦争においても主として南軍で使用された。南北戦争勃発時にはM1812は既に旧式化していたが、兵器不足を補うために使用されたのである[4]

一部のM1812は、後にパーカッションロック式(雷管式)に改造された。雷管式はオリジナルのM1812に使われたフリントロック式に比べて、信頼性が高く悪天候にも強かった。

脚注編集

  1. ^ Springfield Armory Weapons Research
  2. ^ Russell
  3. ^ Chapel
  4. ^ Nofi

参考資料編集

  • Carl P. Russell: Guns on the Early Frontiers: From Colonial Times to the Years of the Western Fur Trade (Dover Military History, Weapons, Armor), Dover Publications (March 24, 2005), ISBN 978-0486436814 (original hard cover in 1980)
  • Charles Edward Chapel: Guns of the Old West, Coward-McCann; 1st edition (1961), ASIN: B0006AX4 (Reprint by Courier Dover Publications, 2002)
  • Albert A. Nofi: A Civil War Treasury, Da Capo Press, (May 21, 1992) ISBN 978-0938289128

関連項目編集