メインメニューを開く
献呈先のスペイン皇太后マリア・クリスティナ

スペイン行進曲』(スペインこうしんきょく、ドイツ語: Spanischer Marsch作品433は、ヨハン・シュトラウス2世が作曲した行進曲楽器にはカスタネットなどが用いられている。

概要編集

1888年に作曲され、シュトラウス2世はオーストリアスペインの外交の一助としてこの行進曲をスペインの摂政皇太后マリア・クリスティナに献呈した[1]。初演は同年の10月21日に、ウィーン楽友協会のホールで行われ、成功を収めた。

明るく堂々としたファンファーレで始まるドラマティックな長い行進曲で、かなり入念に書かれている。メロディはいかにもスペイン的であるが、これら全てシュトラウス2世のオリジナルである。

ウィーンフィル・ニューイヤーコンサートでもしばしば演奏される(最近では2006年2011年)。

出典編集

  1. ^ スペイン行進曲”. 大辞泉ほか. コトバンク. 2018年10月30日閲覧。

外部リンク編集

全曲を試聴する
  Marcha española - 「ORQUESTAFILARMONIA」公式YouTubeチャンネル。

関連作品編集