スペンサー・デイヴィス・グループ

スペンサー・デイヴィス・グループThe Spencer Davis Group)は、イギリスのバンド。スペンサー・デイヴィス(1939年7月17日-2020年10月19日)を中心に結成。メンバーはスペンサー・デイヴィス (ボーカル、ギター)、スティーヴ・ウィンウッド (ボーカル、オルガン)、マフ・ウィンウッド (ベース)、ピート・ヨーク (ドラム)。

スペンサー・デイヴィス・グループ
The Spencer Davis Group
SpencerDavisGroup1966RonKroon2.jpg
アムステルダムでリハーサル中のスペンサー・デイヴィス・グループ (1966年)
基本情報
生誕 イングランドの旗 イングランド バーミンガム
ジャンル ブルー・アイド・ソウル[1]ブルース・ロック[2]
活動期間 1963年1969年1973年1974年2006年2020年
レーベル フォンタナアイランドユナイテッド・アーティスツ
共同作業者 ブラインド・フェイストラフィック、マフ・ウィンウッド
公式サイト spencer-davis-group.com
メンバー ヨーロッパ
スペンサー・デイヴィス
エディ・ハーディン
ミラー・アンダーソン
コリン・ホッジキンソン
ステフ・ポルツェル
アメリカ
スペンサー・デイヴィス
エド・トゥリー
タラス・プロダニアック
ジム・ブレイザー
トム・フィルマン
旧メンバー スティーヴ・ウィンウッド
マフ・ウィンウッド
ピート・ヨーク
フィル・ソーヤー
レイ・フェンウィック
ディー・マレイ
デイヴ・ヘインズ
ナイジェル・オルソン
ジョン・ヒッチコック
チャーリー・マクラッケン
(左より)エディ・ハーディン、スペンサー・デイヴィス、ステフ・ポルツェル、コリン・ホッジキンソン、ミラー・アンダーソン

キャリア編集

1965年デビュー。1966年から1967年にかけて代表曲となる「愛しておくれ (Gimme Some Lovin')」、「アイム・ア・マン」などの全英TOP10ヒットを放った。アメリカのビルボード・チャートでも、「愛しておくれ」は7位[3]、「アイム・ア・マン」は10位まで上昇した。当時十代後半だったボーカリスト、オルガニストスティーヴ・ウィンウッド[4]は、そのソウルフルな歌声から音楽メディアなどによって、もてはやされた。グループのヒット曲には他に「キープ・オン・ランニン」、「サムバディ・ヘルプ・ミー」がある[5]。しかし1967年にスティーヴとマフのウィンウッド兄弟が脱退すると、バンドの活動は行き詰まった。

スペンサー・デイヴィスはアイランドとの契約について、不公正なものでありヒットが何曲も出たにもかかわらず、大きな金額を見たことがなかったと回想している。彼は破産寸前だったが、オールマン・ブラザーズ・バンドの一曲にかかわり、なんとか破産を免れたという。その一曲に関する報酬は、過去の楽曲よりも大きかったという。彼はクリス・ブラックウェルと厳しく交渉し、ボブ・マーリー[6]、ロバート・パーマー、エディ&ホットロッズらの宣伝担当で収入アップをはかった。ウィンウッドはブラインド・フェイストラフィックを結成。佳作のアルバムを発表した。彼はツトム・ヤマシタズ・ゴーにも参加した。さらにソロとなってからは、数年ほど低迷したが、1981年には「ユー・シー・ア・チャンス」「アーク・オブ・ア・ダイバー」のヒットを放った。その後も「ヴァレリー」「ハイアー・ラヴ」「ロール・ウィズ・イット」のヒットを記録している。

スペンサー・デイヴィスは1970年代からジャズ作品のプロデュースなどを手がけた。彼はその後もライブを中心に活動したが、2020年に死去している。

愛しておくれ」はブルース・ブラザーズなどにカバーされ[7]、ウィンウッドのライブでもレパートリーとして披露される。

ラインナップ編集

最新メンバー編集

ヨーロッパ
  • スペンサー・デイヴィス(Spencer Davis) - ギター、ボーカル
  • エディ・ハーディン(Eddie Hardin) - キーボード
  • ミラー・アンダーソン(Miller Anderson) - ギター
  • コリン・ホッジキンソン(Colin Hodgkinson) - ベース
  • ステフ・ポルツェル(Steff Porzel) - ドラム
アメリカ
  • スペンサー・デイヴィス(Spencer Davis) - ギター、ボーカル
  • エド・トゥリー(Ed Tree) - ギター
  • タラス・プロダニアック(Taras Prodaniuk) - ベース
  • ジム・ブレイザー(Jim Blazer) - ピアノ
  • トム・フィルマン(Tom Fillman) - ドラム

過去のメンバー編集

  • スティーヴ・ウィンウッド(Steve Winwood) - ピアノ、リード・ギター、オルガン、ボーカル
  • マフ・ウィンウッド(Muff Winwood) - ベース
  • ピート・ヨーク(Pete York) - ドラム
  • フィル・ソーヤー(Phil Sawyer) - ギター、ボーカル
  • レイ・フェンウィック(Ray Fenwick) - ギター、ボーカル
  • ディー・マレイ(Dee Murray) - ベース、ボーカル
  • デイヴ・ヘインズ(Dave Hynes) - ドラム
  • ナイジェル・オルソン(Nigel Olsson) - ドラム、バック・ボーカル
  • ジョン・ヒッチコック(John Hitchcock)
  • チャーリー・マクラッケン(Charlie McCracken) - ドラム、ベース、バック・ボーカル

ディスコグラフィ編集

アルバム編集

  • 『ゼア・ファースト・LP』 - Their First LP (1965年)
  • 『セカンド・アルバム』 - The Second Album (1966年)
  • 『オータム '66』 - Autumn '66 (1966年)
  • 『ウィズ・ゼアー・ニュー・フェイス・オン』 - With Their New Face On (1968年)
  • Funky (1969年) ※初出タイトルは『Letters From Edith』
  • 『グラッゴ』 - Gluggo (1973年)
  • 『リヴィング・イン・ア・バック・ストリート』 - Living in a Back Street (1974年)

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ スペンサー・デイヴィス・グループ 2022年5月2日閲覧
  2. ^ スペンサー・デイヴィス死去 BBC 2022年5月2日閲覧
  3. ^ 年間チャートでは87位
  4. ^ スティーヴ・ウィンウッド
  5. ^ いずれもレゲエのジャッキー・エドワーズ作詞作曲。前者はカバー
  6. ^ 「アイ・ショット・ザ・シェリフ」「ゲット・アップ・スタンド・アップ」など有名曲多数
  7. ^ 1980年の映画「ブルース・ブラザーズ」の中でも演奏されている

外部リンク編集