メインメニューを開く
スペンサー家の紋章のエスカッシャン部分

スペンサー家Spencer family)は、イギリスの貴族の家系。現在イギリスで爵位を持つスペンサー家はマールバラ公爵家とスペンサー伯爵家とチャーチル男爵家の3つがある[1]

歴史編集

もともとスペンサー家は羊飼いであり、羊を飼って蓄財して1508年オルソープの荘園を購入した。16世紀中にはスペンサー家はナイト爵を受ける者や庶民院議員や州長官を務める者を多数輩出する平民の名門家になっていた[2]

1603年ロバート・スペンサージェームズ1世によってスペンサー男爵(Baron Spencer)に叙されたのが貴族としてのスペンサー家の始まりである[3]

1643年にロバートの孫に当たる第3代スペンサー男爵ヘンリー・スペンサーが国王チャールズ1世からサンダーランド伯爵に叙せられた[4]。ヘンリーは同年イングランド内戦で戦死したが、息子の第2代サンダーランド伯爵ロバート・スペンサーウィリアム3世に重用され、孫の第3代サンダーランド伯爵チャールズ・スペンサーは初代マールバラ公爵ジョン・チャーチルサラ・ジェニングス夫妻の娘アンと結婚、ホイッグ党政権の中枢として第一大蔵卿を務めたこともある[5]。この2人の子である第5代サンダーランド伯爵チャールズ・スペンサーはチャーチル家が絶えた後、第3代マールバラ公爵位を継承した[6]

以降スペンサー本家はサンダーランド伯爵とともにマールバラ公爵位を継承していき、第5代マールバラ公爵ジョージ・スペンサーの代の1817年には「チャーチル」の家名を復活させ、以降「スペンサー=チャーチル」の二重姓となった[7]第二次世界大戦期のイギリス首相として知られるウィンストン・スペンサー=チャーチルは第7代マールバラ公爵ジョン・スペンサー=チャーチルの三男ランドルフ・スペンサー=チャーチル卿の息子である[8]

また、第3代サンダーランド伯の次男ジョン・スペンサー英語版の息子ジョン・スペンサーにも1765年にスペンサー伯爵が与えられ、以降マールバラ公爵家の分家の貴族として現代まで続いている。チャールズ皇太子と結婚したダイアナ・スペンサーは第8代スペンサー伯爵エドワード・スペンサーの三女である[9]。さらに第4代マールバラ公爵ジョージ・スペンサーの次男フランシス・スペンサーも1815年にチャーチル男爵(Baron Churchill)の爵位を与えられ、マールバラ公爵家の分家の貴族がもう一つ出来た。さらに第3代チャーチル男爵ヴィクター・スペンサー1902年チャーチル子爵位を与えられた。チャーチル子爵位は2017年に廃絶しているが、チャーチル男爵位は現在まで続いている。

家系図編集

 
 
 
初代スペンサー男爵
ロバート
(1570-1627)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2代スペンサー男爵
ウィリアム英語版
(1591-1636)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
初代サンダーランド伯
第3代スペンサー男爵
ヘンリー
(1620-1643)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2代サンダーランド伯
ロバート
(1641-1702)
 
初代マールバラ公
ジョン・チャーチル
(1650-1722)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
3代サンダーランド伯
チャールズ
(1675-1722)
 
アン・チャーチル英語版
(1683-1716)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
4代サンダーランド伯
ロバート
(1701-1729)
 
 
第3代マールバラ公爵
5代サンダーランド伯爵
チャールズ
(1706-1758)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジョン英語版
(1708-1746)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
4代マールバラ公
ジョージ
(1739-1817)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
初代スペンサー伯
ジョン
(1734-1783)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
5代マールバラ公
ジョージ
(1766-1840)
(以降スペンサー=チャーチル姓)
 
 
 
 
 
初代チャーチル男爵
フランシス
(1779-1845)
 
 
 
 
 
 
 
2代スペンサー伯
ジョージ
(1758-1834)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
6代マールバラ公
ジョージ
(1793-1857)
 
 
 
 
 
2代チャーチル男爵
フランシス
(1802-1886)
 
オーガスタス
(1807-1893)
 
3代スペンサー伯
ジョン
(1782-1845)
 
4代スペンサー伯
フレデリック
(1798-1857)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
7代マールバラ公
ジョン
(1822-1883)
 
 
 
 
 
初代チャーチル子爵
3代チャーチル男爵
ヴィクター
(1864-1934)
 
オーガスタス
(1851-1912)
 
5代スペンサー伯
ジョン
(1835-1910)
 
6代スペンサー伯
チャールズ
(1857-1922)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2代チャーチル子爵
4代チャーチル男爵
ヴィクター
(1890-1973)
 
3代チャーチル子爵
5代チャーチル男爵
ヴィクター
(1934-)
 
リチャード
(1888-1956)
 
 
 
 
 
7代スペンサー伯
アルバート
(1892-1975)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
8代マールバラ公
ジョージ
(1844-1892)
 
ランドルフ
(1849-1895)
 
 
 
 
 
6代チャーチル男爵
リチャード
(1926-)
 
 
 
 
 
8代スペンサー伯
エドワード
(1924-1992)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
9代マールバラ公
チャールズ
(1871-1934)
 
ウィンストン
(1874-1965)
英国首相
 
 
 
 
 
 
 
 
 
皇太子妃
ダイアナ
(1961-1997)
 
9代スペンサー伯
チャールズ
(1964-)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
10代マールバラ公
ジョン
(1897-1972)
 
ランドルフ英語版
(1911-1968)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
11代マールバラ公
ジョン
(1926-2014)
 
ウィンストン英語版
(1940-2010)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
12代マールバラ公
ジェイミー
(1955-)
 
ランドルフ英語版[要リンク修正]
(1965-)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

出典編集

  1. ^ 海保(1999) p.24
  2. ^ 海保(1999) p.14-16
  3. ^ 海保(1999) p.16
  4. ^ 海保(1999) p.16-17
  5. ^ 海保(1999) p.18-21
  6. ^ 森(1987) p.239-240
  7. ^ 森(1987) p.260
  8. ^ 森(1987) p.263
  9. ^ 海保(1999) p.21-23

参考文献編集

  • 海保眞夫『イギリスの大貴族』平凡社平凡社新書020〉、1999年。ISBN 978-4582850208
  • 森護『英国の貴族 遅れてきた公爵』大修館書店、1987年。ISBN 978-4469240979