スペース・レンジャーバズライトイヤー帝王ザーグを倒せ!

スペース・レンジャー バズ・ライトイヤー 帝王ザーグを倒せ!』(スペース・レンジャー バズ・ライトイヤー ていおうザーグをたおせ!、英語: Buzz Lightyear of Star Command: The Adventure Begins)はトイ・ストーリーのスピンオフアニメである。「トイ・ストーリー」シリーズはピクサー・アニメーション・スタジオの作品であるが、この作品はピクサー・アニメーション・スタジオ作品ではない。

スペース・レンジャー バズ・ライトイヤー 帝王ザーグを倒せ!
Buzz Lightyear of Star Command: The Adventure Begins
監督 タッド・ストーンズ
脚本 マーク・マコークル&ボブ・スクーリー、ビル・モッツ&ボブ・ロス
製作 マーク・マコークル&ボブ・スクーリー&タッド・ストーンズ
音楽 アダム・ベリー
公開 2000年
上映時間 70分
言語 英語
テンプレートを表示

概要編集

「トイ・ストーリー」で主人公ウッディの親友として登場するバズが主役のオリジナル長編アニメーション。銀河の平和を守るため、バズが大活躍する。スリル満点のアクションや、思わず笑ってしまうギャグ満載、前作の「トイ・ストーリー」シリーズの世界を広げた新しいエンタテインメント[1]

あらすじ編集

スペース・レンジャーのバズ・ライトイヤーとパートナーのワープ・ダークマターは行方不明になった3人のリトル・グリーン・メンを救出するため、探索していた。勝手についてきたリトル・グリーン・メンのユニ・マインドのおかげで犯人であるザーグの本拠地を突き止めたバズとワープはミッションに成功するが、爆発に巻き込まれてワープが命を落としてしまう。パートナーの死に責任を感じたバズは「スペース・レンジャーは二人一組で任務に着く」という自分が決めた規則を拒み、単独行動するようになる。

見かねたネビュラ隊長は新人のミラ・ノヴァ、リトル・グリーン・メンは死ぬ心配のないロボットのXRをパートナーに推薦する。そして掃除係のブースターもバズに憧れていた。その時、リトル・グリーン・メンが故郷の危機を察知し、バズはやむを得ずXRとその星へ向かう。ザーグの新たな手下のエージェントZはリトル・グリーン・メンの意思疎通の源ユニ・マインドを狙っていた。XRは順調にバズをアシストするが破壊されてしまい、ユニ・マインドもエージェントZに奪われてしまう。

ユニ・マインドがザーグに奪われたせいでリトル・グリーン・メンの心がバラバラになった状況に置かれてもなお頑として「もうパートナーは要らない」と言い張るバズと彼のパートナーになりたくて仕方がないミラ・ブースター・XR。4人が険悪な雰囲気になる中、ザーグはユニ・マインドを自分の力で悪に染めて悪者電波を作り上げ、バズたち以外の人々を自分の分身にしてしまう。

キャラクター編集

本編編集

キャラクター名(日本語版声優/英語版声優)[2]

おもちゃ達編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ スペース・レンジャー バズ・ライトイヤー/帝王ザーグを倒せ!|ブルーレイ・デジタル配信|ディズニー”. ディズニー公式. 2018年12月27日閲覧。
  2. ^ DVD付属のブックレットより

外部リンク編集