2006年11月、対フランス戦でリッチー・マコウがリードしてオールブラックスが「カマテ」を披露する様子

マオリ伝統的なダンスであるハカニュージーランドを中心とする各国のスポーツに取り入れられている。マオリの戦士の鬨の声であるハカは士気を高めるものとしてニュージーランドで親しまれており、「オールブラックス」ことラグビーユニオンニュージーランド代表がこのダンスを用いて試合の挑戦を行うのが通例である。他のニュージーランドのスポーツ代表チームも国際試合の前にハカを踊ることが多い。スポーツの場で披露されるハカはニュージーランド国民のアイデンティティを象徴するものとして非常に重視されている。

発祥編集

 
1932年に対オーストラリア戦でオールブラックスが踊ったハカのクライマックス。

1888年にマオリを中心とするラグビー代表チームであるニュージーランド・ネーティブズがハカを踊ったのが始まりであると言われている[1]

1903年8月にニュージーランドチームがシドニーで行われた対オーストラリア戦において初めて国際試合でハカを披露したが、この時の演目は「テナコエカンガルー」であった[2]。1905年の遠征で代表チームはオールブラックスと呼ばれるようになったが、その際に定番となるハカ「カマテ」を初めて踊っており、この時は対戦相手に対して士気を高めるというよりは観客向けのもてなしとしての要素も強かった[3]。1924年にオールブラックスがイギリスに遠征した時は「コニウティレニ」が使われた[4]。1935-36年の遠征ではそもそもあまりハカが使われなかった[4]

1980年代にマオリの選手であるウェイン"バック"シェルフォードがオールブラックスだった際、ハカがそれまでよりも重視されるようになり、試合前にほぼ必ず披露されるようになった[3]。マオリの選手がリードをつとめるのが通例であるが、21世紀になってからはマオリ系でない選手がリードをつとめることもある[5]

「カマテ」編集

 
2008年ラグビーワールドカップでハカを踊るラグビーリーグニュージーランド代表

「カマテ」は1820年頃にナティ・トアの首長テ・ラウパラハが作ったと言われている[6][7]。テ・ラウパラハは極めて勇猛な戦士として知られており、「カマテ」には「生死の境で揺れ動く感情[6]」が表現されていると言われている。本来の歌詞は現在オールブラックスが歌うバージョンより長い[6]

1905年、代表チームは本格的なイギリス遠征を行い、この頃からオールブラックスという愛称が用いられるようになったが、「カマテ」を初めて披露したのもこの遠征である[8]。対スコットランド戦および対ウェールズ戦で披露されたという記録が残っている[9]。「カマテ」はオールブラックスがパフォーマンスするハカの中でも最も有名なものであり、ニュージーランドのナショナリズムにおいて重要な位置を占めるものとなっている[9]。「カマテ」は通常、リーダーの指示に率いられて他の全員が歌うという構成になっており、歌詞は以下のようなものである[10]

「カマテ」
リーダー Taringa whakarongo! 耳をすませ!
Kia rite! Kia rite! Kia mau! 準備!整列!起立!
チーム Hī! はい!
リーダー Ringa ringa pakia! 手でももを叩け!
Waewae takahia kia kino nei hoki! 力のかぎり地面を足で踏みならせ!
チーム Kia kino nei hoki! 力のかぎり!
リーダー Ka mate, ka mate 私は死ぬ!私は死ぬ!
チーム Ka ora' Ka ora' 私は生きる!私は生きる!
リーダー Ka mate, ka mate 私は死ぬ!私は死ぬ!
チーム Ka ora' Ka ora' 私は生きる!私は生きる!
全員 Tēnei te tangata pūhuruhuru ここに毛深い男が立ち
Nāna ne I tiki mai whakawhiti te rā 太陽を呼びよせ、我が身のその光を
A Upane! Ka Upane! 乗るなら今だ!乗るなら今だ!
A Upane Kaupane" 最初の一歩を踏み出せ!
Whiti te rā,! 太陽の光を!
Hī! 立ち上がれ!

「テナコエカンガルー」(1903年)編集

2014年、ダニーデンで披露されたハカ

1903年8月に対オーストラリア戦で披露された「テナコエカンガルー」はこの時のために作られたものである[11]。初めて「テナコエカンガルー」を披露したこの試合ではニュージーランド代表が勝利している[12]。歌詞は7月の時点で『シドニー・モーニング・ヘラルド』や『サンデー・タイムズ』など地元のいくつかのメディアで報道されており、以下のような内容であった[2][11][13][14]

Tena koe, Kangaroo どうだい、カンガルー!
Tupoto koe, Kangaroo! 気をつけろよ、カンガルー!
Niu Tireni tenei haere nei ニュージーランドの襲撃だ
Au Au Aue a! お前さんにはたいした災難だぞ!

「コニウティレニ」(1924年)編集

1924年から25年にかけてオールブラックスが「ジ・インヴィンシブルズ」ツアーを行った際には、この時のために作られたハカ「コニウティレニ」が使用された[4]。この遠征の時にパリジェイムズ・ジョイスがオールブラックスのハカを聞いており、ニュージーランドで修道女をしていた妹シスター・メアリー・ガートルードに手紙でこのことを書き送っている他、『フィネガンズ・ウェイク』でもこのハカを引用している[15]

「カパオパンゴ」(2005年)編集

映像外部リンク
  All Blacks haka vs Australia (Kapa o Pango) - YouTube
2019年ブレディスローカップ(オーストラリア対ニュージーランド)で披露されたカパオパンゴ。オールブラックス公式チャンネルがアップロードした動画。

2005年8月27日にダニーデンカリスブルック競技場で行われたトライネイションズの対南アフリカ戦で、オールブラックスが初めて新しいハカ「カパオパンゴ」を披露した[16]。チームのキャプテンであるタナ・ウマガが長く挑発的な文句で先導し、親指をのどのあたりで動かす振付があったため、のどをかき切る動作だと解釈された[16]。「カパオパンゴ」は「黒のチーム[1]」という意味である。ンガティ・ポロウのレデク・ラーデリが作者である[17]。「カパオパンゴ」は「コニウティレニ」の初めの部分を参考にして作られている[18]

受容編集

伝統とナショナリズム編集

 
フランスのリヨンで行われた対ポルトガル戦でのハカ

オールブラックスが披露するハカはニュージーランド人のアイデンティティにとって非常に重要な役割を果たすものだと考えられている[8]。オールブラックスのメンバーも、ハカの伝統はニュージーランドの多様性を象徴し、「代表の威厳」を示すものであるとして重視している[19]

ハカのリーダーをつとめることは名誉なことだと見なされている[5]。チームで最も年長のマオリ系の選手がハカをリードすることが多いが、2005年にサモア系のタナ・ウマガがリーダーをつとめて以来、マオリ系でない選手がつとめることもある[5]。21世紀のオールブラックスは多民族なチームであり、ハカの専門家に問い合わせたところ、リーダーにふさわしい者であれば誰でもハカを先導できるというアドバイスを受けたため、マオリ系でない選手にもハカをリードする役割が割り振られるようになった[5]

2005年、オールブラックスはウェールズラグビーユニオンの要請に応じ、100年前の1905年に行われた、ハカの伝統を作ることになった最初の試合を再現することにした[20]。この時はオールブラックスがハカを披露し、その後にウェールズ国歌「我が父祖の土地」が演奏された[20]。2006年11月の試合でもウェールズラグビーユニオンがこの順番でパフォーマンスを行うことを要請したが、オールブラックスは拒否して更衣室でハカを行った[20]。キャプテンのリッチー・マコウによると、これはオールブラックスの伝統について他のチームが干渉することは許されないからである[20]

2006年にオーストラリアで、オールブラックスがハンドバッグを持ってハカを披露しているように見えるよう、コンピュータグラフィックス処理をしたCMが放送された[21]。これはオールブラックスの前のキャプテンであったタナ・ウマガがチームメイトのクリス・マソーをハンドバッグで殴った事件にヒントを得たものであった[21]。オールブラックスのアシスタントコーチだったウェイン・スミスは、このCMをマオリとオールブラックスの伝統の両方にとって無礼だと批判した[21]

対戦相手の反応編集

対戦相手のチームがハカを無視する戦略をとることがある。ラグビーユニオンオーストラリア代表(ワラビーズ)は1996年にウェリントンで行われたテストマッチにおいて、ハカを披露するオールブラックスを無視してウォームアップを行った後に敗北を喫した[22]2007年のワールドカッププールマッチではラグビーユニオンイタリア代表がハカを無視した後に敗北したが、オールブラックスのメンバーであるケヴェン・メアラムによると、冷たくあしらわれたせいでチームはかえってやる気を出し、イタリアチームは報復されることとなった[23]

1989年にオールブラックスはランズダウン・ロードラグビーユニオンアイルランド代表と対戦する前にハカを披露したが、アイルランドチームは密集したV型のフォーメーションでニュージーランドチームに対面し、少しずつオールブラックスのほうへ距離をつめていった。ハカが終わる頃には、キャプテンであるウィリー・アンダーソンはバック・シェフィールドの顔からほんの数センチばかりのところまで近付いていた[24]

1997年、イングランド対オールブラックスの対戦前に、リチャード・コッカリルがハカに反応しすぎたせいで懲戒された。コッカリルはハカの披露の際、対戦相手であるノーム・ヒューイットの真正面に立って非常に接近した。審判はヒューイットとコッカリルがケンカを始めるのではないかと心配し、コッカリルをヒューイットからひきはがした。コッカリルは「あの日は正しいことをしたと信じていますよ」と述べており、しっかり挑戦を受けて立つと態度で示したのだと考えている[25]。対イングランド戦でハカが披露される際には、イングランドのファンが「揺れるチャリオット」を歌ってかき消そうとすることがしばしばある[26]

2019年10月26日に行われたラグビーワールドカップ2019準決勝では、ニュージーランドのハカに対してイングランドの選手はV字型に並ぶ行動を見せた。後日、統括団体であるワールドラグビーは、イングランド側の数人がハーフウエーラインを越えて並んでいたとして罰金処分を科した[27]

批判編集

「カパオパンゴ」のハカにはのどの周りで親指を動かす振付があり、これはのどを切り裂くことを示していると解釈されて批判を受けた[28]。作者のラーデリをはじめとするオールブラックスやマオリの人々の解釈では、この動きは「心臓と肺に命のエネルギーを取り入れる[28]」ことを象徴するものであった。相手チームののどをかき切ることを連想させるため、この振付を廃止しようという動きが出た[29][30]。一方で、2006年7月に行われた調査では、ニュージーランド人の60%がこのハカを支持していた[28]

他競技のニュージーランド代表チームでの使用編集

ニュージーランドの他のラグビーチームもしばしばハカを行っており、ラグビーリーグニュージーランド代表であるキウイズ、ラグビーユニオン女子ニュージーランド代表であるブラックファーンズ、ニュージーランド車椅子ラグビー代表チームであるウィールブラックス英語版などもハカを行う[31][32][33]。映画『マーダーボール』にはニュージーランド車椅子ラグビー代表チームがハカを披露する様子がおさめられている[34]。他のスポーツでもニュージーランドの代表チームがハカを披露することがあり、バスケットボールニュージーランド代表であるトールブラックスやアイスホッケーニュージーランド代表であるアイスブラックスもハカを行う[35][36]

2002年にマンチェスターで開催されたコモンウェルスゲームズでは、ニュージーランドチームがエリザベス2世の前で止まってハカを披露した[37]

ニュージーランドのチームはハカのやりすぎで批判されることもある。コモンウェルスゲームズの水泳リレー競技で銅メダルをとった際、ハカの披露に対して批判があった[38]。ニュージーランドのテレビ司会者であるヘイリー・ホルトはあらゆるニュージーランドのナショナルチームがハカをやろうとすることを批判している[39]国際アイスホッケー連盟は会場でのハカ禁止を検討したことがある[40]

他国の代表チームでの使用編集

ニュージーランド以外のナショナルチームでも試合前の鬨の声(ウォークライ)を取り入れているものがある[41]ラグビーワールドカップ2019においては、オセアニア地域から本大会に出場した5カ国のうちオーストラリア代表を除く4チームが、ニュージーランド代表の「ハカ」、フィジー代表の「シビ」(Cibi)、トンガ代表の「シピ・タウ」(Sipi Tau)、サモア代表の「シバ・タウ」(Siva Tau) とそれぞれのウォークライを行うとハフポストの記事で報じられた[42]ラグビーワールドカップ2015ではニュージーランド対トンガの試合がグループリーグで行われ、試合前に両チームがシピ・タウとハカを披露し合った。この時の映像は2018年にYouTube内のラグビーワールドカップ公式チャンネルで公開された[43]

規定編集

ウォークライの際、現在はチーム間の距離を取ることが規定されている。行う側はハーフウェイラインから10メートル以上離れなくてはならない。対戦相手はハーフウェイラインを超えてはならない。また、儀式中に後ろを向くなどの対応は礼儀を欠く行為とみなされている。[44][45]

脚注編集

  1. ^ a b “月刊ラグビーW杯:NZ代表、伝統の踊り「ハカ」 戦いの儀式、選手鼓舞 対戦相手、観客にも一体感”. 毎日新聞. (2019年3月28日、東京朝刊20頁). https://mainichi.jp/articles/20190328/ddm/035/050/167000c 2019年9月24日閲覧。 
  2. ^ a b Article: 1900s – New Zealand Rugby Museum | All Blacks | Palmerston North” (英語). Rugby Museum. 2019年9月22日閲覧。
  3. ^ a b “Legend of the Haka: When first shout rang out” (英語). The New Zealand Herald. (2011年9月23日). ISSN 1170-0777. https://www.nzherald.co.nz/entertainment/news/article.cfm?c_id=1501119&objectid=10753993 2019年9月22日閲覧。 
  4. ^ a b c Shaun Eade (2016年2月4日). “New Zealand Rugby Museum finds plenty of holes in the All Blacks' haka history” (英語). Stuff. 2019年9月22日閲覧。
  5. ^ a b c d Haka responsibility now the whole team's - Mauger” (英語). Stuff (2009年1月31日). 2019年9月23日閲覧。
  6. ^ a b c 「(みちのものがたり)ハカのみち ニュージーランド ラグビー最強の源泉へ」『朝日新聞』2019年4月20日朝刊、週末be・b06、6頁。
  7. ^ Phillips, Todd (2019年9月19日). “Haka embodies spirit of New Zealand's All Blacks” (英語). The Japan Times Online. ISSN 0447-5763. https://www.japantimes.co.jp/sports/2019/09/19/rugby/haka-embodies-spirit-new-zealands-blacks/ 2019年9月22日閲覧。 
  8. ^ a b Jackson, SJ; Hokowhitu, B (2002). “Sport, Tribes, and Technology: The New Zealand All Blacks Haka and the Politics of Identity” (英語). Journal of Sport and Social Issues 26 (2): 125–139. doi:10.1177/0193723502262002. ISSN 0193-7235. 
  9. ^ a b Frank Gunderson, Robert C. Lancefield, and Bret Woods, ed (2019). The Oxford Handbook of Musical Repatriation. Oxford University Press. p. 713. 
  10. ^ Anirudh Menon (2015年11月30日). “For Jonah Lomu, one last Haka”. Sportskeeda. 2019年9月22日閲覧。
  11. ^ a b Adam Dudding (2011年9月25日). “Let's dance: 'Ka mate' in perspective” (英語). Stuff. 2019年9月22日閲覧。
  12. ^ Football: New Zealanders in New South Wales. Taranaki Herald, 30 July 1903)
  13. ^ Welcome to the New Zealand Team Sydney Morning Herald, 17 July 1903, p.7
  14. ^ "New Zealand's Much Discussed War Cry" Sunday Times, 19 July 1903, at Trove
  15. ^ Parker, Dean (2012年6月8日). “The strange tale of Finnegan's haka” (英語). New Zealand Herald. ISSN 1170-0777. https://www.nzherald.co.nz/sport/news/article.cfm?c_id=4&objectid=10811756 2019年9月22日閲覧。 
  16. ^ a b http://sport.uk.msn.com/rugby-union/features/articles.aspx?cp-documentid=157239500 Archived 17 March 2012 at the Wayback Machine.
  17. ^ Cherie Howie (2018年7月14日). “All Blacks haka writer Derek Lardelli wins the supreme award at the Matariki Awards” (英語). ISSN 1170-0777. https://www.nzherald.co.nz/nz/news/article.cfm?c_id=1&objectid=12087916 2019年9月22日閲覧。 
  18. ^ John Nauright and Charles Parrish (2012). Sports around the world : history, culture, and practice. 2. Santa Barbara, Calif.: ABC-CLIO. p. 415. ISBN 9781598843019. OCLC 815668821. https://www.worldcat.org/oclc/815668821. 
  19. ^ 「ONE・TEAM:ラグビーW杯 開幕まで1カ月/3 ニュージーランド ハカ、悲しみ癒やす」『毎日新聞』2019年8月23日、東京朝刊、26頁。
  20. ^ a b c d “No WRU apology over haka dispute” (英語). (2006年11月27日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/wales/6187320.stm 2019年9月22日閲覧。 
  21. ^ a b c “New Zealand ire at 'handbag haka'”. BBC News. (2006年7月6日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/asia-pacific/5153506.stm 2011年2月10日閲覧。 
  22. ^ Newsome, Brad (2017年8月9日). “Turning his back on the haka in 1996 is rugby great John Eales' greatest regret” (英語). The Sydney Morning Herald. 2019年9月22日閲覧。
  23. ^ Long, David (2007年9月9日). “Haka snub sparks All Black fury”. Sunday News. http://www.stuff.co.nz/4195726a15599.html 2007年9月23日閲覧。 
  24. ^ “Anderson bucks the trend”. BBC. (2001年11月15日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/rugby_union/1658831.stm 2010年10月1日閲覧。 
  25. ^ “England receive 'Haka' warning”. BBC News. (1999年10月7日). http://news.bbc.co.uk/1/hi/sport/rugby_world_cup/teams/england/468273.stm 2007年9月23日閲覧。 
  26. ^ Inverdale, John (2002年11月14日). “Give the haka its due respect”. Daily Telegraph (London). https://www.telegraph.co.uk/sport/rugbyunion/international/england/3037899/Give-the-haka-its-due-respect.html 2012年10月29日閲覧。 
  27. ^ イングランドに罰金=「ハカ」対抗で違反行為-ラグビーW杯”. 時事通信 (2019年10月30日). 2019年10月30日閲覧。
  28. ^ a b c New haka gets public approval”. tvnz.co.nz. 2007年11月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年8月1日閲覧。
  29. ^ Debate flares again on controversial haka”. newstalkzb.co.nz. 2007年9月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年7月28日閲覧。
  30. ^ Throat-slitting haka upsets NZRU”. TVNZ. 2019年9月22日閲覧。
  31. ^ Gibson, Sean (2015年11月11日). “New Zealand rugby league side perform haka in Liverpool FC canteen” (英語). The Telegraph. ISSN 0307-1235. https://www.telegraph.co.uk/sport/football/teams/liverpool/11989604/New-Zealand-Kiwis-perform-haka-in-Liverpool-FC-canteen.html 2019年9月22日閲覧。 
  32. ^ Black Ferns haka is a 22m hit on social media for World Rugby” (英語). Stuff (2018年1月2日). 2019年9月22日閲覧。
  33. ^ Sentinel, Orlando. “New Zealand's wheelchair rugby team performs Haka war cry at Invictus Games” (英語). OrlandoSentinel.com. 2019年9月22日閲覧。
  34. ^ Michael Gard and Hayley Fitzgerald, "Tackling Murderball: Masculinity, Disability and the Big Screen", Ejgil Jespersen and Mike J. McNamee, ed., Ethics, Disability and Sports, Routledge, 2013, 40-55, p. 47.
  35. ^ News, A. B. C. (2014年9月3日). “New Zealand Basketball Team's Haka Dance Baffles Team USA”. ABC News. 2019年9月22日閲覧。
  36. ^ David Meddows (2015年10月29日). “The haka wasn't always so scary” (英語). www.dailytelegraph.com.au. The Daily Telegraph. 2019年9月22日閲覧。
  37. ^ Smith, Giles (2002年7月27日). “Forget the usual pageantry, let's just have fun”. The Daily Telegraph (London). https://www.telegraph.co.uk/news/uknews/1402685/Forget-the-usual-pageantry-lets-just-have-fun.html 2010年8月14日閲覧。 
  38. ^ “Kiwis deny overdoing haka at Games”. The Sydney Morning Herald. (2006年3月21日). http://www.smh.com.au/news/Sport/Kiwis-deny-overdoing-haka-at-Games/2006/03/21/1142703334225.html 2010年8月14日閲覧。 
  39. ^ “Hayley Holt wants haka halted, says it's 'overplayed'” (英語). New Zealand Herald. (2019年9月4日). ISSN 1170-0777. https://www.nzherald.co.nz/entertainment/news/article.cfm?c_id=1501119&objectid=12264651 2019年9月22日閲覧。 
  40. ^ McAvinue, Shawn (2017年1月18日). “Federation cool on ice hockey haka” (英語). Otago Daily Times Online News. 2019年9月22日閲覧。
  41. ^ "Taking the haka to American football games", Jon Stokes, 17 Sep 2005, NZ Herald
  42. ^ 中村かさね: “ハカだけじゃない、ラグビー「ウォークライ」の魅力。トンガのシピ・タウ、サモアのシバ・タウ…”. ハフポスト. 2019年9月22日閲覧。
  43. ^ 大迫力!トンガ代表「シピタウ」 対 ニュージーランド代表「ハカ」【ラグビーワールドカップ】”. ラグビーワールドカップ公式チャンネル Rugby World Cup Official. 2019年9月22日閲覧。
  44. ^ サモアは「シバタウ」…「ハカ」だけじゃない、俺たちの叫びも聞いてくれ!」『読売新聞』、2019年9月30日。2019年10月27日閲覧。
  45. ^ Cultural challenges”. World Rugby Officiating. 2019年10月27日閲覧。

参考文献編集

外部リンク編集