メインメニューを開く

スポーツに関する日本一の一覧

ウィキメディアの一覧記事
日本一の一覧 > スポーツに関する日本一の一覧

スポーツに関する日本一の一覧(にっぽんいちのいちらん)は、スポーツに関する日本で一番や一位の一覧。

以下の記事も参考のこと。

野球編集

プロ野球編集

日本編集

メジャーリーグベースボール編集

cf. 日本人選手のメジャーリーグ挑戦

アマチュア野球編集

  • 公式大会における1試合中の最多得点 - 122点
1998年7月18日、全国高等学校野球選手権大会青森県大会の東奥義塾高校深浦高校戦にて東奥義塾が記録。
  • 公式大会における長時間試合 - 10時間18分(4日間合計)
2014年の第59回全国高等学校軟式野球選手権大会、準決勝戦の中京高等学校(東海地方代表)対崇徳高等学校(西中国地方代表)にて記録。投手戦に発展し、15回毎のサスペンデッドゲーム宣告が3度。4日目に入り延長50回(当日の5回)表に中京がようやく3点を挙げ、3-0で勝利した。4日目は9回の制限があり(総延長54回)、これで決着が付かなければ抽選により勝者が決められることになっていた。

サッカー編集

プロサッカー編集

Jリーグ編集

特記無きものは選手としての現役通算記録。また通算記録についてはJ1リーグのレギュラーシーズンのみを対象とし、その他の記録も特記のないものは全てJ1での記録。

個人記録編集
チーム記録編集
選手の記録編集

UEFA編集

  • 日本人最年長UEFA加盟リーグ出場 - 藤田俊哉(32歳)

アマチュアサッカー編集

  • 公式大会における1試合中の最多得点 - 53点
2015年4月18日高円宮杯U-18サッカーリーグ 都道府県リーグ群馬県リーグ3部の桐生第一ぐんま国際アカデミー戦にて桐生第一が記録。
  • 公式大会における最多PK戦 - 22巡
2010年11月7日、全国高等学校サッカー選手権大会福岡大会決勝の九州国際大学付属高校東福岡高校にて記録。両チーム合わせて44人が登場し、双方とも16人目を除き21人目まで成功、22人目で東福岡が外し21-20で決着。

サッカー日本代表編集

男子日本代表編集

女子日本代表編集

  • 最多キャップ - 澤穂希(205キャップ)
  • 最年長キャップ - 澤穂希(36歳303日)
  • 最年長初キャップ - 櫨まどか(29歳)
  • 最年少キャップ - 澤穂希(15歳91日)
  • 最多得点 - 澤穂希(83得点)

ラグビー編集

日本選手権編集

大学ラグビー編集

高校ラグビー編集

ラグビー日本代表編集

  • 最多キャップ数 - 大野均(98キャップ)
  • 最年長キャップ - 大野均(38歳50日)
  • 最年長初キャップ - 斉藤功(35歳)
  • 最年少キャップ - 藤田慶和(18歳7か月27日)
  • テストマッチ最多得点 - 廣瀬佳司(398得点)
  • テストマッチ最多トライ数 - 大畑大介(69トライ)※世界記録でもある

アメリカンフットボール編集

バスケットボール編集

男子編集

女子編集

バレーボール編集

男子編集

女子編集

テニス編集

※オープン化以後

男子記録編集

女子記録編集

  • WTAツアーシングルス通算勝利 - 伊達公子(8勝)
  • メジャー選手権シングルス最高位 - 大坂なおみ(優勝)
  • シングルス世界ランキング最高位 - 大坂なおみ(1位)
  • WTAツアーダブルス通算勝利 - 杉山愛(38勝)
  • メジャー選手権ダブルス通算勝利 - 杉山愛(3勝)
  • ダブルス世界ランキング1位通算在位 - 杉山愛(45週)

ゴルフ編集

男子記録編集

女子記録編集

  • 通算勝利 - 樋口久子(71勝)
  • メジャー選手権通算勝利 - 宮里藍(2勝)
  • 世界ランキング1位通算在位 - 宮里藍(12週)
  • 年間獲得賞金額 - イ・ボミ(2億3049万7057円・2015年)

陸上競技編集

競泳編集

大相撲編集

(2019年9月場所終了現在、ほぼ日本でしか行われていないスポーツのため、外国出身力士による記録も含め、便宜上ここに記載している)

  • 幕内最高優勝回数 - 白鵬翔(42回)
  • 連勝回数 - 双葉山定次(69連勝)
  • 連続優勝回数 - 朝青龍明徳(7回/2004九州~2005九州)、白鵬翔(7回/2010春~2011五月技量審査)
  • 全勝優勝回数 - 白鵬翔(15回)
  • 最年少初優勝 - 貴花田光司(19歳5か月)
  • 最年長初優勝 - 旭天鵬勝(37歳8か月)
  • 最年長優勝 - 太刀山峯右エ門(39歳7か月)
  • 最短初優勝 - 貴花田光司・朝青龍明徳(23場所)
  • 最長初優勝 - 旭天鵬勝(121場所)
  • 最多懸賞獲得 - 白鵬翔(2015年初場所の千秋楽、2017年初場所の千秋楽に61本)、鶴竜力三郎(2015年9月場所の千秋楽に61本)、稀勢の里寛(2016年5月場所の14日目に61本)
  • 横綱在位期間 - 白鵬翔(73場所)
  • 大関在位期間 - 千代大海龍二魁皇博之(65場所)
  • 大関の角番回数 - 千代大海龍二(14回)
  • 最年長大関昇進 - 琴光喜啓司(31歳3ヵ月)
  • 連続三役関脇小結)在位 - 若の里忍(19場所)
  • 三役在位 - 琴錦功宗(34場所)
  • 勝率 - 雷電爲右エ門(.962)
  • 連続出場回数 - 青葉城幸雄(1,630回)
  • 通算出場回数 - 大潮憲司(1,891回)
  • 通算在位 - 華吹大作(201場所)
  • 最多金星配給 - 北の湖敏満(53個)
  • 最多金星獲得 - 安芸乃島勝巳(16個)
  • 最多三賞受賞 - 安芸乃島勝巳(19回)
  • 通算勝星 - 白鵬翔(1,132勝)
  • 幕内通算勝星 - 白鵬翔(1,038勝)
  • 年間勝星 - 白鵬翔(86勝)
  • 連続勝ち越し - 武蔵丸光洋(55場所)
  • 連続2桁勝ち越し - 白鵬翔(51場所)
  • 最短横綱昇進 - 朝青龍明徳(25場所)
  • 最年少横綱昇進 - 北の湖敏満(21歳4か月)
  • 最短大関昇進 - 琴欧州勝紀(18場所)
  • 最短幕内昇進 - 常幸龍貴之(9場所)
  • 現役時代の体重量 - 大露羅敏(ロシア出身)(273kg)
  • 最多改名力士 - 星岩涛祐二(9回)
  • 最年長力士 - 宮城野錦之助(52歳)(1796年3月場所引退)※年六場所制以後では華吹大作の49歳4か月。

柔道編集

  • 連勝(男子) - 山下泰裕(203連勝、引き分けを7回挟む)
  • 連勝(女子) - 田村亮子(84連勝)

ボクシング編集

プロボクシング編集

日本ボクシングコミッション(JBC)が認定する記録のみを対象とする。

男子ボクサー記録編集

  • 年間試合数 - 袴田巌(19戦)
  • 最年長勝利 - 横田広明(45歳7ヵ月)
  • 最年少勝利 - 沢田二郎(15歳10ヵ月)※戦災で戸籍が失われたため未確認で、実年齢は高いという異説もある。プロテスト導入後は井岡弘樹(17歳15日)。
  • 連続KO勝利 - 浜田剛史牛若丸あきべぇ比嘉大吾(15戦)
  • デビュー連続KO勝利 - 比嘉大吾(15戦)
  • デビュー連続初回KO勝利 - 丸山大輔(9戦)
  • 最短KO勝利 - 斉藤大喜(1回8秒)
  • 世界王座連続防衛 - 具志堅用高(13回)
  • 世界王座最年長防衛 - 内山高志(35歳6か月)
  • 世界王座連続KO防衛 - 具志堅用高(6回)
  • 世界タイトルマッチKO勝利 - 井上尚弥(11戦)
  • 世界タイトルマッチ連続KO勝利 - 井上尚弥(7戦)
  • 世界王座獲得からの世界タイトルマッチ連続KO勝利 - 内山高志(5戦)
  • 世界タイトルマッチ勝利 - 井岡一翔(15戦)
  • 世界王座最長保持 - 内山高志(6年3ヵ月)
  • 世界王座最多階級制覇 - 井岡一翔(4階級)
  • 世界王座最速2階級制覇 - 井上尚弥、田中恒成(8戦)
  • 世界王座同一階級最多獲得 - 高山勝成(5回)
  • 最年長世界王座獲得 - 長谷川穂積(35歳9ヵ月)
  • 最年長世界王座初獲得 - 越本隆志(35歳24日)
  • 最年少世界王座獲得 - 井岡弘樹(18歳9ヵ月10日)
  • 最少試合数で世界王座獲得 - 田中恒成(5戦)
  • 最多試合数で世界王座獲得 - 花形進(62戦)
  • 最短期間で世界王座獲得 - 京口紘人(1年3ヵ月10日)
  • 最年長世界王座挑戦 - 西澤ヨシノリ(38歳11ヵ月)
  • 最年少世界王座挑戦 - 加納陸(18歳9ヵ月4日)
  • 世界タイトルマッチ最短KO勝利 - 井上尚弥(1回1分10秒)
  • 世界タイトルマッチ最多出場 - 高山勝成(16戦)
  • 最年長東洋太平洋王座獲得 - 野中悠樹(41歳2ヵ月)
  • 最年少東洋太平洋王座獲得 - 沢田二郎(17歳1ヵ月)※戸籍が残っている者として亀田興毅(18歳9か月)とする説もある。
  • 最短試合数で東洋太平洋王座獲得 - 田中恒成、清水聡(4戦)
  • 日本王座連続防衛 - リック吉村(22回)
  • 日本王座連続KO防衛 - 串木野純也(10回)
  • 日本王座最多階級制覇 - 湯場忠志(5階級)
  • 最年少日本王座獲得 - 井岡弘樹(17歳6ヵ月)
  • 最短試合数で日本王座獲得 - ジェームス・キャラハン友伸ナプニ、平仲明信、辰吉丈一郎、井上尚弥(4戦)
  • 日本タイトルマッチ最短KO勝利 - 内藤大助(1回24秒)
  • 最年長全日本新人王 - 磯野明(38歳)※37歳定年制導入前
  • 最年少全日本新人王 - 金城昌男(17歳10か月)
  • 最長身長選手 - オケロ・ピーター(193cm)※日本人では寺地永(189cm)
  • 最短身長選手 - 天龍数典(145cm)
  • 最長リングネーム - ジャンボおだ信長書店ペタジーニ

女子ボクサー記録編集

  • 連勝 - 小関桃(14連勝)
  • 最年長勝利 - 池山直(47歳2ヵ月25日)
  • 最年少勝利 - 四宮菊乃(17歳1ヵ月)
  • 最多KO勝利 - 山口直子(12KO)
  • 連続KO勝利 - 山口直子(6戦)
  • 最短KO勝利 - 西村聡美(1回23秒)
  • 世界王座連続防衛 - 小関桃(17回)※世界2位記録
  • 世界王座最年長防衛 - 池山直(47歳9ヵ月23日)
  • 世界王座連続KO防衛 - 小関桃(3回)
  • 世界王座最多階級制覇 - 藤岡奈穂子(5階級)※世界2位記録
  • 最年長世界王座獲得 - 池山直(44歳7ヵ月29日)
  • 最年少世界王座獲得 - 山田真子(19歳8ヵ月14日)
  • 最短試合数で世界王座獲得 - 富樫直美、小関桃(3戦)
  • 世界タイトルマッチ最短KO勝利 - 小関桃(2回48秒)
  • 東洋太平洋王座最多階級制覇 - 三好喜美佳(3階級)
  • 最年長東洋太平洋王座獲得 - つのだのりこ(42歳1ヵ月)
  • 最年少東洋太平洋王座獲得 - 廣本江瑠香(18歳11ヵ月)
  • 最短試合数で東洋太平洋王座獲得 - 松田恵里(2戦)
  • 最長身長選手 - 高野人母美(177cm)
  • 最短身長選手 - 小林悠梨(149cm)

ジム記録編集

アマチュアボクシング編集

プロレス編集

巡業形態では全日本女子プロレス(1980年7月-1981年6月の305試合、ただし2リーグ制)

レスリング編集

重量挙げ編集

競馬編集

競輪編集

競艇編集

オートレース編集

スケート編集

スピードスケート編集

フィギュアスケート編集

  • 男子シングルショートプログラム最高得点 - 羽生結弦(101.45点)※ギネス認定
  • 女子シングルショートプログラム最高得点 - 浅田真央(78.66点)※ギネス認定

アイスホッケー編集

モータースポーツ編集

F1編集

  • 最高位 - 鈴木亜久里佐藤琢磨小林可夢偉(3位)
  • 最多出走 - 佐藤琢磨(91回)
  • 最多通算獲得ポイント - 小林可夢偉(125ポイント)(2012年終了時点)

ロードレース世界選手権編集

オリンピック編集

総合記録編集

  • 種目別金メダル獲得数 - 柔道。39個(2016年リオデジャネイロ大会終了時)。
  • 種目別メダル獲得数 - 体操競技。98個(金31・銀33・銅34。2016年リオデジャネイロ大会終了時)。

個別記録編集

  • 夏季オリンピック - 杉谷泰造(6回)。馬術
  • 冬季オリンピック - 葛西紀明
  • 最長期間出場(初出場と最新出場の期間最長)
法華津寛(初出場:1964年東京大会、最新出場:2012年ロンドン大会。※連続出場ではない)。ロンドン大会の時点で世界歴代1位(ギネスブック認定)でもある。馬術競技。

パラリンピック編集

総合記録編集

  • メダル獲得数 - 2004年アテネ大会。53個(金メダル17個、銀メダル16個、銅メダル20個)。夏季パラリンピック。
  • 冬季パラリンピック - 1998年長野大会。41個(金12・銀16・銅13)。

個別記録編集

  • 最多出場 - 永尾嘉章(7回)。車いす陸上競技。
  • 冬季パラリンピック - 吉川守(パラアイスホッケー)、青木辰子(チェアスキー)。5回
  • 金メダル最多獲得 - 成田真由美(15個)。競泳。
  • メダル最多獲得 - 河合純一(21個、金5・銀9・銅7)。競泳。

その他のスポーツ編集

脚注編集

  1. ^ 武藤13発新人最多タイ史上初得点王に2差”. 日刊スポーツ (2014年11月3日). 2018年11月17日閲覧。
  2. ^ 岐阜の古橋がJ2記録に王手!連続試合得点のJリーグ最長記録は?【Jリーグ】”. Jリーグ.jp. 日本プロサッカーリーグ (2018年6月13日). 2018年8月30日閲覧。
  3. ^ 磐田大久保土壇場PK弾で2戦連発 200へM17”. 日刊スポーツ (2018年8月25日). 2018年9月2日閲覧。
  4. ^ 全勝のまま廃業

関連項目編集