スポーツアワー』は、1968年4月7日から1974年3月31日、および1978年4月3日から1984年4月1日までNHK総合テレビジョンで放送されていたスポーツニュース・情報番組である。

スポーツアワー
ジャンル スポーツニュース・情報番組
製作
制作 日本放送協会
放送
放送チャンネルNHK総合テレビジョン
放送期間1968年4月7日-1974年3月31日
1978年4月3日-1984年4月1日
放送時間放送時間を参照
テンプレートを表示

概要

編集

1968年放送開始の第1期と、1978年放送開始の第2期では性格が異なるため分けて述べることにする。

第1期

編集

第1期の放送は1965年4月11日より放送されていた『現代のスポーツ』を改題する形で放送を開始した[1]1964年東京オリンピックを契機にスポーツに興味を示し、見るスポーツから自ら行うスポーツへの関心が高まった。『現代のスポーツ』はこれを受け、日本のスポーツの現状を社会・教育・競技などの面から多角的にとらえ、スポーツの普及・発展のための環境作りを図る番組として放送した。この番組はスポーツの神髄・美しさを伝えるだけでなく、スポーツ界にある問題点もとりあげ、そのあり方を考える番組として放送されていた[2][3]。本番組は『現代のスポーツ』の内容をほぼ踏襲した。番組内容はフィルム構成が主だったが、スタジオからの放送の場合もあった[4]

第2期

編集

第2期はその日のスポーツの結果を中心とした内容となった。第1期では週に1回のペースで放送されていたが、第2期では帯番組になり、年末年始を除いて毎日放送されていた。特徴として、プロ野球だけでなく多くの種目をとりあげたほか、NHKのネットワークを生かして地方発の素材も多く放送した[5]。放送時間は基本15分(1983年度の日曜日のみ20分[6])だが、プロ野球のオールスターゲーム日本シリーズ開催日には放送時間を拡大してハイライトを放送した[7]。オールスター・日本シリーズ以外にも、スポーツのビッグイベントが開催された日には放送時間を拡大するケースがあった[5]。 キャスターはNHKのスポーツ担当アナウンサーが交代でつとめ(初年度の1978年久保田順三西田善夫が1週間交代で担当[8])、またプロ野球や大相撲などの解説者が出演する場合もあった[5]。 取材制作体制は第2期の開始時からプロジェクトチームを組んでいたが[5]、『ニュースセンター9時』など他の番組と取材を一元化させるため、1980年10月に報道局内にスポーツプロジェクトを発足させた[9]

第2期の終了後、番組は直後の時間帯に放送されていた『NHK今日のニュース[注 1]と統合され、『きょうのスポーツとニュース』へとリニューアルした。以後しばらくの間、NHKではスポーツニュース単体の帯番組は放送されず、1989年に『スポーツタイム』と題して復活するまで通常のニュース番組への内包状態が続いた。

放送時間

編集

いずれも日本標準時。第1期のみ別の時間帯での再放送あり。

第1期

編集
  • 日曜日 11:00 - 11:20 (1968年4月7日 - 1970年3月29日)
  • 日曜日 11:35 - 11:55 (1970年4月12日 - 1974年3月31日)

第2期

編集
  • 月曜日 - 日曜日(1983年度は月曜日 - 土曜日) 22:45 - 23:00[6] (1978年4月3日 - 1984年3月31日)
  • 日曜日(1983年度) 22:45 - 23:05[6](1983年4月10日 - 1984年4月1日)
    • 日によっては23:00や23:10からの放送になる場合があった。

出演者

編集

第2期

編集

脚注

編集

注釈

編集
  1. ^ 最終版。ローカルニュースと天気予報を含包し、この番組が当時の総合テレビ最終番組であった。

出典

編集
  1. ^ 日本放送協会総合放送文化研究所放送史編修室 編『NHK年鑑'69』日本放送出版協会、1969年、274頁。 
  2. ^ 日本放送協会 編『NHK年鑑'66』日本放送出版協会、1966年、152頁。 
  3. ^ 日本放送協会総合放送文化研究所放送史編修室『NHK年鑑'67』日本放送出版協会、1967年、140頁。 
  4. ^ 日本放送協会総合放送文化研究所放送史編修室『NHK年鑑'72』日本放送出版協会、1972年、175頁。 
  5. ^ a b c d 日本放送協会総合放送文化研究所放送史編修室『NHK年鑑'79』日本放送出版協会、1979年、81頁。 
  6. ^ a b c 日本放送協会放送文化調査研究所放送情報調査部『NHK年鑑'84』日本放送出版協会、1984年、115頁。 
  7. ^ 日本放送協会総合放送文化研究所放送史編修部『NHK年鑑'83』日本放送出版協会、1983年、150頁。 
  8. ^ a b c 日本放送協会総合放送文化研究所放送史編修室『NHK年鑑'79』日本放送出版協会、1979年、169頁。 
  9. ^ 日本放送協会総合放送文化研究所放送史編修部『NHK年鑑'81』日本放送出版協会、1981年、96頁。 
  10. ^ 日本放送協会総合放送文化研究所放送史編修部『NHK年鑑'80』日本放送出版協会、1980年、180頁。 
  11. ^ 日本放送協会総合放送文化研究所放送史編修部『NHK年鑑'81』日本放送出版協会、1981年、188頁。 

外部リンク

編集
NHK総合テレビジョン 日曜日11:00枠
前番組 番組名 次番組
あすをひらく
(1967年4月9日 - 1968年3月24日)
スポーツアワー
(1968年4月7日 - 1970年3月29日)
あなたのメロディー
(1970年4月12日 - 1985年3月17日)
※11:00 - 11:35
NHK総合テレビジョン 日曜日11:35枠
日本ところどころ
(1969年4月13日 - 1970年3月29日)
※11:20 - 11:50
番組のおしらせ
(1969年4月7日 - 1970年3月29日)
※11:50 - 11:55
スポーツアワー
(1970年4月12日 - 1974年3月31日)
海外リポート
(1974年4月7日 - 1980年3月16日)
NHK総合テレビジョン 月曜日22:45枠
前番組 番組名 次番組
月曜日ひろば
(1977年4月4日 - 1978年3月6日)
※22:15 - 23:00
スポーツアワー(月曜日)
(1978年4月3日 - 1984年3月26日)
きょうのスポーツとニュース(月曜日)
(1984年4月2日 - 1985年3月25日)
※22:30 - 23:10
NHK総合テレビジョン 火曜日22:45枠
名曲アルバム
(1977年4月5日 - 1978年3月7日)
※22:45 - 22:50
ふるさとのアルバム(火曜日)
(1974年9月3日 - 1978年3月14日)
※22:50 - 23:00
スポーツアワー(火曜日)
(1978年4月4日 - 1984年3月27日)
きょうのスポーツとニュース(火曜日)
(1984年4月3日 - 1985年3月26日)
※22:30 - 23:10
NHK総合テレビジョン 水曜日22:45枠
NHKの窓
(1976年6月30日 - 1978年3月29日)
スポーツアワー(水曜日)
(1978年4月5日 - 1984年3月28日)
きょうのスポーツとニュース(水曜日)
(1984年4月4日 - 1985年3月27日)
※22:30 - 23:10
NHK総合テレビジョン 木曜日22:45枠
銀河テレビ小説 わらの女 総集編
(1978年1月12日 - 1978年3月2日)
※22:15 - 23:00
スポーツアワー(木曜日)
(1978年4月6日 - 1984年3月29日)
きょうのスポーツとニュース(木曜日)
(1984年4月5日 - 1985年3月28日)
※22:30 - 23:10
NHK総合テレビジョン 金曜日22:45枠
金曜日招待席
(1976年4月9日 - 1978年3月31日)
※22:15 - 23:40
スポーツアワー(金曜日)
(1978年4月7日 - 1984年3月30日)
きょうのスポーツとニュース(金曜日)
(1984年4月6日 - 1985年3月29日)
※22:30 - 23:10
NHK総合テレビジョン 土曜日22:45枠
音楽の広場
(1976年4月10日 - 1978年4月1日)
※22:30 - 23:10
スポーツアワー(土曜日)
(1978年4月8日 - 1984年3月31日)
きょうのスポーツとニュース(土曜日)
(1984年4月7日 - 1985年3月30日)
※22:30 - 23:10
NHK総合テレビジョン 日曜日22:45枠
芸能百選
(1976年4月11日 - 1978年4月2日)
※22:05 - 22:50
ふるさとのアルバム(日曜日)
(1976年3月28日 - 1978年4月2日)
※22:50 - 23:00
スポーツアワー(日曜日)
0(1978年4月9日 - 1984年4月1日)0
きょうのスポーツとニュース(日曜日)
(1984年4月8日 - 1985年3月31日)
※22:30 - 23:10