メインメニューを開く

スポーツ・青少年局(スポーツ・せいしょうねんきょく)は、かつて文部科学省2015年9月30日まであった内部部局の一つ。2001年1月6日中央省庁再編文部省科学技術庁が統合されるのに伴い、文部省体育局が組織変更され発足した。

職務編集

組織編集

  • 局長
  • 主任体育官
  • スポーツ・青少年企画課
  • スポーツ振興課
  • 競技スポーツ課
  • 学校健康教育課
  • 青少年課
  • 参事官(青少年健全育成担当)
  • 参事官(体育・青少年スポーツ担当)

特筆事項編集

  • 2014年4月1日、「オリンピック・パラリンピック室」、「障害者スポーツ振興室」が設置された[1]
  • 2015年10月1日、スポーツ・青少年局のスポーツ関係部署であるスポーツ・青少年企画課、スポーツ振興課、競技スポーツ課及び参事官(体育・青少年スポーツ担当)を母体にスポーツ庁が設置された。また、同局の青少年課及び参事官(青少年健全育成担当)を生涯学習政策局青少年教育課に、学校健康教育課を初等中等教育局健康教育・食育課への改組が行われた[2]。これによりスポーツ・青少年局は廃止された。

歴代スポーツ・青少年局長編集

( )内は退任後の経歴

脚注編集

関連項目編集

出典・外部リンク編集