スポーツ文化ツーリズム

スポーツ文化ツーリズム(スポーツぶんかツーリズム)は、2020年夏季オリンピックおよびパラリンピックにおける文化プログラムの一環として、スポーツ文化を融合し、スポーツを通しての国民健康向上と日本文化の再発見、個々人がオリンピックに関与しているという意識高揚やインバウンドの拡大などを目的とするもので、オリンピック終了後もオリンピックレガシーとして継承することを目標としている[1]

政府観光庁文化庁スポーツ庁による三庁連携協定を2016年3月7日に締結、「スポーツ文化ツーリズム百選」を選出することを決めた。

協定書では「観光・文化・スポーツは活力に満ちた地域社会を実現する力を有している」とし、「世界に誇る日本各地の文化・芸術の魅力や、各地域の❛する❜・❛観る❜・❛支える❜スポーツと観光を密接に融合させ、新たな価値を創造する」とあり、協定による提言は閣僚会議の「明日の日本を支える観光ビジョン構想会議」が取りまとめる中長期ビジョンなどに反映させる[2]

2016年7月に観光庁が「スポーツ文化ツーリズムアワード2016」の公募を開始し[3]、9月末に第一弾となる10選を公表した[4]

目次

スポーツ文化ツーリズム2016(10選)編集

北海道・東北エリア編集

  • スポーツ流鏑馬大会/青森県十和田市 ☆スポーツ文化ツーリズムアワード2016文化庁長官賞
  • 東北風土マラソン&フェスティバル/東北風土マラソン&フェスティバル実行委員

関東エリア編集

北陸・信越エリア編集

  • 官民連携で台湾ランナーと新潟文化をつなぐ ~スポーツを通じた交流のかけはし~/新潟市文化・スポーツコミッション

中部エリア編集

近畿エリア編集

中国・四国エリア編集

  • サイクリストの聖地「瀬戸内しまなみ海道」を核としたサイクルツーリズム/瀬戸内しまなみ海道振興協議会 ☆スポーツ文化ツーリズムアワード2016大賞
  • 阿波おどり2016 ~World Awa Dance Open~/WADO実行委員

九州・沖縄エリア編集

広域連携編集

  • 日本の伝統文化とスポーツの融合「和太鼓アクティビティ」!/太鼓センター、TAIKO-LAB 京都・青山

脚注編集

関連項目編集