メインメニューを開く

スマートホームとは、IoT(もののインターネット)やAIなどの技術を駆使して、住む人にとってより安全・安心で快適な暮らしを実現する住宅のこと。

一般的には、物理的な住居そのものより、そこに装備されたシステムを指すことが多い。

多様なデバイス(機器)を組み合わせて、住む人のニーズに合わせた利便性を提供する。

目次

スマートホームで得られる主なベネフィット編集

セキュリティ(警備)系のベネフィット
不在時にドアや窓が勝手に開けられると、スマートフォンやタブレットに連絡が飛び警戒を促す、など。
ホームオートメーション(自動化)系のベネフィット
Google Homeなどのスマートスピーカーと連動して、声でTVやエアコンなどの家電が操作できる。スイッチのオンオフやチャンネルの変更、など。[1]
玄関ドアを開けると自動的に照明がつく。[2]
自宅最寄り駅につくと自動的にエアコンが作動し、自宅に付く頃には快適な室温になっている、など。
見守り系のベネフィット
自宅内のカメラからスマートフォンに映像が送られるため、外出先でもペットや子どもの様子が確認できる。[3]
人の動きを検知するセンサーを設置することで、離れて暮らす高齢の親の様子を見守れる。[4]
省エネ系のベネフィット
使用電力を把握できるセンサーを設置することで、節電につなげることができる。

利用されることの多いデバイス編集

ゲートウェイ(ハブ)
wi-fiルーターと接続し、他のデバイスに信号を送るスマートホームの中核となる存在。
スマートロック  
スマホのアプリやテンキーの暗証番号、ICカードなどで開錠できる。
電池式の電子錠、電気配線式の電気錠などがあり、また、鍵そのものを取り替えることなく、既存の鍵の上から取り付けられるタイプも市販されている。
センサー類
ドアや窓の開閉を検知するもの/人やペットの存在を検知するもの/温度や湿度、照度などを検知するものなど多様なセンサーが存在する。いくつかの機能が複合したものも存在する。
カメラ
屋内用のカメラが中心。首振り機能や、スピーカー機能を持つものもある。
スマートスピーカー
Google HomeやAmazon Alexa、LINE CLOVAなどに代表される、AI機能を持つスピーカー。音楽を流す、質問に答えるなどの機能のほか、家電リモコンと組み合わせることで、声で家電を操作する機能を持つ。
家電リモコン
ネット経由の信号を受けて、各種家電を操作する。
エアコン、テレビなど。
スマートライト
信号を受けて、点灯・消灯のほか、色調や明るさの変化が可能なものも販売されている。

国内の主要なスマートホームプラットフォーマー編集

スマートホームとスマートハウスの違い編集

  • スマートホームはIoTを軸にし、利便性・快適・安全を追求した住宅システムを指すことが多く、スマートハウスは、創エネ・断熱・HEMSを軸に、省エネ・節約を追及した住宅そのものを指すことが多い。

脚注編集