スモーク・オン・ザ・ウォーター

スモーク・オン・ザ・ウォーター」(Smoke on the Water) は、イギリスロックバンドディープ・パープルの楽曲。1972年に発表したアルバム『マシン・ヘッド』に初収録。1973年にはアメリカ盤シングルがBillboard Hot 100で4位に達し、「ハッシュ」(1968年)以来5年ぶりの全米トップ10シングルとなった[1]。また、バンドの母国イギリスでは、バンドが一度解散した後の1977年に全英シングルチャート21位に達している[2]

スモーク・オン・ザ・ウォーター
ディープ・パープルシングル
初出アルバム『マシン・ヘッド
B面 スモーク・オン・ザ・ウォーター (ライヴ・イン・ジャパン)
リリース
録音 1971年12月6日 - 21日
スイスモントルー
ジャンル ハードロック
ブルースロック
時間
レーベル イギリスの旗パープル
アメリカ合衆国の旗ワーナー
作詞・作曲 イアン・ギラン
ロジャー・グローヴァー
リッチー・ブラックモア
ジョン・ロード
イアン・ペイス
プロデュース ディープ・パープル、サイモン・ロビンソン
ディープ・パープル シングル 年表
ネヴァー・ビフォア
(1972年)
スモーク・オン・ザ・ウォーター
(1973年)
ウーマン・フロム・トーキョー
(1973年)
マシン・ヘッド 収録曲
ネヴァー・ビフォア
(4)
スモーク・オン・ザ・ウォーター
(5)
レイジー
(6)
ミュージックビデオ
「Smoke On The Water Live in Japan 1972」 - YouTube
テンプレートを表示

解説編集

 
"Funky Claude", Claude Nobs, Directeur du Montreux Jazz Festival
 
2014 夏のカジノの外観

この曲を含むアルバムのレコーディングは、移動録音スタジオ「モービル・ユニット」の設備を用い、モントルーカジノ(en:Montreux_Casino)内にあるステージで行うことを予定していた。しかしレコーディングを目前に控えた1971年12月4日フランク・ザッパのコンサート中に、観客がフレア・ガン(信号拳銃)をラタンの天井に向けて発射したことで火災が発生し、ホテルは全焼してしまった[3]

そのためメンバーは別の場所でのレコーディングを余儀なくされたが、本曲にはその一部始終が歌詞に綴られている。なお、その後カジノは再建され、建物内には録音スタジオ「マウンテン・スタジオ」が設置された。近隣の公園には同曲を記念した、バンド名・曲名および曲冒頭のリフを譜面にあしらったモニュメントが設置されている。当時は数合わせに作った曲であり、コンサートでの演奏リストにも入っていなかった。最初のシングル盤としての候補曲は「ネヴァ・ビフォア」が挙がっていたが差し替えとなった。

よくツェッペリンは黒人音楽ブルース)の影響を受けていて、パープルはクラシック音楽の影響を受けているとも言われるが、必ずしもそうではない。NHK・ETVのクラシック番組で宮川彬良が解説した通り、この曲のイントロ部分は黒鍵を多様し、黒人音楽のリフを強く感じさせるものになっている。このリフを演奏する際、リッチー・ブラックモアは下方向から上方向へアップピッキングで演奏をしている(73年当時のライブ映像からも確認可能)。また、ギターキーボードドラム、そしてベースと序々に折り重なる導入部クリームの手法とも共通した部分もある。

ロジャー・グローヴァーリッチー・ブラックモア、「イアン・ギランらはパーフェクトなアンサンブルで演奏していた。レインボー[4]やイアン・ギラン[5]はライブで、この曲を演奏した。イアン・ギランは1983年にはブラック・サバスのコンサートでこの曲を歌っており、ブラック・サバスのアルバム『悪魔の落とし子』のデラックス・エディション盤にライヴ音源が収録されている。また、王様(『湖上の煙』の題名で)が、アルバムに同曲を収録し、ライヴでも演奏している。

5世常磐津文字兵衛により常磐津節に編曲された「Smoke On The Water 改め 大江戸の火消し」がある。常磐津兼太夫による日本語詞は、原曲を踏まえつつ弁財天詣でに琵琶湖畔を訪れた江戸の火消しが火事に遭遇した内容になっており、木遣りの歌唱も取り入れている。この曲はテレビ朝日題名のない音楽会21』(2007年4月8日放送「常磐津はロックだ!」)でテレビ放送された。

脚注編集

  1. ^ Deep Purple - Awards : AllMusic
  2. ^ ChartArchive - Deep Purple
  3. ^ The Real Frank Zappa Book by Frank Zappa with Peter Occhiogrosso, pg. 112, ISBN 0-671-63870-X
  4. ^ パープル解散後にリッチー・ブラックモアが結成したバンド。代表曲は「キル・ザ・キング」など
  5. ^ ライブではジャズ風にアレンジして演奏した
  6. ^ プロボクサーでチャンピオンにもなった

関連項目編集