スリナム航空764便墜落事故

スリナム航空764便墜落事故 (Surinam Airways Flight 764) は、1989年6月7日に発生した航空事故スリナムヨハン・ペンヘル国際空港に進入していた旅客機が墜落し、乗員乗客187名中176名が死亡した[1]

スリナム航空764便
Surinam Airways Douglas DC-8 Wallner.jpg
事故機(1989年2月に撮影)
出来事の概要
日付 1989年6月7日
概要 機長の不適切な操縦
現場 スリナムの旗 スリナム パラマリボ近郊
乗客数 178
乗員数 9
負傷者数 11
死者数 176
生存者数 11
機種 ダグラスDC-8-62
運用者 スリナムの旗 スリナム航空
機体記号 N1809E
出発地 オランダの旗 アムステルダム・スキポール空港
目的地 スリナムの旗 ヨハン・アドルフ・ペンヘル国際空港
テンプレートを表示

事故の概要編集

1989年6月7日、オランダアムステルダムスキポール国際空港スリナムパラマリボヨハン・ペンヘル国際空港行きのスリナム航空764便は1969年製のダグラスDC-8-62、機体番号N1809Eによって運行され、現地時間で前日の23時25分にスキポール国際空港を離陸した。しかし、翌日の午前4時27分ごろ、ヨハン・ペンヘル国際空港への進入中に樹木に接触し、機体が反転する形となりながら墜落。この事故で乗員乗客187名のうち176名が死亡し、生き残った11名も全員負傷した[2]

事故機の概要編集

事故機は1969年に製造され、アメリカのブラニフ・インターナショナル航空に納入された。ブラニフ時代の1979年には小規模な事故を起こしていたという。ブラニフ航空倒産の後、機体はリース会社に転売され事故機のN1809Eはリースされた機体であった[註 1]

事故原因編集

事故の原因は機長の無謀な操縦にあった。当時、ヨハン・ペンヘル国際空港周辺では濃い霧が立ち込めており、極端に視界が悪化していた。濃い霧の為に2回着陸をやり直したにも関わらず機長は代替空港へは向かおうとはせず、3回目の着陸を試み事故になった。この飛行機にはプロサッカー選手とスリナムの要人が乗っており機長は彼らを代替空港には降ろせないというプレッシャーを感じていたものと考えられている[3]

事故を受けた対策編集

機体はアメリカの航空会社が保有するものではなかったが、リースされていた機体で、かつ機体番号がアメリカ籍であったため、国家運輸安全委員会による対策が行われた。内容は、アメリカ国内で運行されている航空会社の全乗組員のリスト提出、国際線におけるパイロットのリースシステムの規制などであった。

「カラフル11」の悲劇編集

当該機体には「カラフル11」(カラフル・イレブン、オランダ語: Kleurrijk Elftal)と呼ばれたスリナム系オランダ人サッカー選手の一団が乗機していた[2]。彼らは貧しい地帯で生まれ育ったプロサッカー選手たちであり、スリナム系オランダ人サッカー選手の選抜チームがスリナムで試合を行うために飛行機に乗っていた。カラフル11のメンバーのうちルート・フリットフランク・ライカールトアーロン・ヴィンターブライアン・ロイスタンリー・メンゾ英語版らは所属クラブがスリナム行きを拒否したため、この飛行機に乗らずに難を逃れている[2][4]。この事故で乗機していたカラフル11のメンバー18人のうち15人が死亡[4]。3人が生き残ったが、シギ・レンス英語版は骨盤を骨折して選手生命を絶たれ[2]エドゥ・ナンドラル英語版は脊髄を損傷して四肢麻痺の症状が残った[2]ラデイン・デ・ハーン英語版は事故により椎骨骨折のダメージを負ったが、プロやアマチュアのサッカークラブでプレーを続けた[2]

余波編集

この墜落事故では飛行機で移動していた犬も無事生還し、その後「ラッキー」と名付けられている。

また、この飛行機の便名自体が事故を予知していた(674時に墜落したYPヤンキー機長)という都市伝説も流布されている。

脚注編集

註釈編集

  1. ^ 機体記号がアメリカを示す「N」から始まっているのはこのためである。

出典編集

  1. ^ ASN Aircraft accident McDonell Douglas DC-8-62 Paramaribo-Zanderij International Airport aviation-safety.net。
  2. ^ a b c d e f The Colourful 11 – Suriname’s lost generation”. Eredivisielife. 2010年9月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年9月2日閲覧。
  3. ^ デヴィッド・ビーディー 『機長の真実』 講談社、2002年、p.286
  4. ^ a b 25 jaar na drama Kleurrijk Elftal”. NOS Sport (2014年6月7日). 2014年9月2日閲覧。

関連項目編集

類似事故編集