メインメニューを開く

スリランカ憲法

スリランカ憲法(スリランカけんぽう、英語: Constitution of Sri Lanka)は、スリランカ民主社会主義共和国憲法

この憲法は、国民議会により制定され1978年9月7日より施行された。1948年セイロンとして独立してから3番目の、共和制移行後では2番目の憲法である。2010年現在、18回の改正が行われている。

憲法改正編集

改正 日付 内容
第1次改正 1978年11月20日 控訴院 (Court of Appeal) の権限について
第2次改正 1979年2月26日 国会議員の辞職・除名について
第3次改正 1982年8月27日 任期満了を待たない早期の大統領選の許可
第4次改正 1982年12月23日 議会任期の延長
第5次改正 1983年2月25日 議会に空席が生じた場合の扱いについて
第6次改正 1983年8月8日 分離独立支持の禁止
第7次改正 1983年10月4日 キリノッチ県の創設と高等裁判所 (High Court) 長官について
第8次改正 1984年3月6日 President's Counsel英語版について
第9次改正 1984年8月24日 Relating to public officers qualified to contest elections
第10次改正 1986年8月6日 非常事態宣言の承認を議会の3分の2から過半数に変更
第11次改正 1987年5月6日 To provide for a Fiscal for the whole Island; also relating to sittings of the Court of Appeal
第12次改正 (未成立)
第13次改正 1987年11月14日 タミル語公用語に追加、英語を連結語として定める。議会の設立。
第14次改正 1988年5月24日 Extension of immunity of President; increase of number of Members to 225; validity of referendum; appointment of Delimitation Commission for the division of electoral districts into zones; proportional representation and the cut-off point to be 1/8 of the total polled; apportionment of the 29 National List Members
第15次改正 1988年12月17日 To repeal Article 96A to eliminate zones and to reduce the cut-off point to 1/20th
第16次改正 1988年12月17日 行政におけるシンハラ語タミル語の扱いについて
第17次改正 2001年10月3日 To make provisions for the Constitutional Council and Independent Commissions
第18次改正 2010年9月8日 大統領の三選禁止条項の撤廃、To propose the appointment of a parliamentary council that decides the appointment of independent posts like commissioners of election, human rights, and Supreme Court judges

参考文献編集

外部リンク編集