スリンキー

ばね状の玩具

スリンキーSlinky)はジェームズ・インダストリーズ社が販売しているばね状の玩具である。

スリンキー
プラスチック製のスリンキー

概要編集

製のものとプラスチック製のものがある。これらをばね状に加工したシンプルな玩具であるが、非常にユニークな動きをするのが特徴である。これはリチャード・ジェームズ英語版が開発し、1945年特許を取得した。同年から販売が開始されたスリンキーはアメリカ合衆国で人気商品となり、1946年ニュー・トイ・オブ・ザ・イヤーに選ばれた。「スリンキー」とは「優美で流れるように動く」という意味で、リチャードの妻ベティ・ジェームズ英語版が名づけたものである。

日本での扱い編集

日本ではプラスチック製の虹色のものは、その色合いと形状からレインボースプリングと呼ばれ、販売されている。レギュラーサイズ、ロングサイズ、ミニサイズなどがあり、ミニサイズには星型ハート型などもある。虹色でない場合、カラースプリングとも呼ばれる。

1960年代、工業用のばねを製造していた三光発条株式会社(現・サンコースプリング)がトムボーイ(ボーイッシュ、おてんばな女の子の意)の名称で販売し、ヒット商品になった[1]。なお、このときのものは金属製で色がついていない。

遊び方編集

のカラーリングがこの玩具の特徴で、どの遊び方でもそれが美しく不思議に映える。

  • 両手で端を交互に操る。
  • 階段から落とす。一段ごとにばねが伸縮し下りていく。
  • 縦波横波の実験にも使える。
  • ロングバージョンであれば、ペン立てとして使える。また、サイズを問わず半円状にすればメモをはさんだりできる。

スリンキー・ドッグ編集

1940年代に、ジェームズ・インダストリー社はスリンキー・ドッグという胴体部分にスリンキーを使用したダックスフントの犬の人形を発売し、こちらも人気商品となる。 発売初期は、ブリキで制作されていたが、70年代にはプラスチック製に改良されて制作された。長らく絶版玩具となっていたが、1995年公開の『トイ・ストーリー』に登場し、一躍知名度を上げた事で映画のデザインにリニューアルされて復活した。

脚注編集

  1. ^ 「バネのおもちゃ」昔は「トムボーイ」ってありました。”. サイエンストイ byスターキッズ 科学玩具で学ぶ!遊ぶ!情報サイト. 有限会社スターキッズ. 2021年12月24日閲覧。

外部リンク編集

  •   ウィキメディア・コモンズには、スリンキーに関するカテゴリがあります。