スリー・サイズ・ライヴ

ジェネシスのアルバム

スリー・サイズ・ライヴ[注釈 1]』(Three Sides Live)は、イギリスプログレッシブ・ロックバンドジェネシス1982年に発表したライブ・アルバム。LP・CDとも2枚組となっている。

スリー・サイズ・ライヴ
ジェネシスライブ・アルバム
リリース
録音 1976年 ("It."/"Watcher of the Skies")[1]
1980年 ("Follow You Follow Me"、"One for the Vine"、"Fountain of Salmacis")[1]
1981年
ジャンル プログレッシブ・ロックポップ・ロック
時間
レーベル イギリスの旗カリスマ・レコード
アメリカ合衆国の旗アトランティック・レコード
欧州連合の旗ヴァーティゴ
ヴァージン・レコード(リイシュー)
プロデュース ジェネシス
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 2位(イギリス[2]
  • 6位(オランダ[3]
  • 10位(アメリカ[4]
  • 14位(ノルウェー[5]
  • 22位(ドイツ[6]
  • 49位(スウェーデン[7]
  • ジェネシス アルバム 年表
    アバカブ
    (1981年)
    スリー・サイズ・ライヴ
    (1982年)
    ジェネシス
    (1983年)
    テンプレートを表示

    背景編集

    インターナショナル盤LPは、サイド1からサイド3がライブ音源、サイド4はスタジオ録音の曲(アルバム『デューク』からのアウトテイク及びEP『3×3』からの曲)という構成だったが、イギリス盤LPは内容が異なり、サイド4もライブ音源であった[8]。1994年のリマスターCDは、イギリス盤LPに準じた全曲ライブ録音の内容となった。

    「イット〜ウォッチャー・オブ・ザ・スカイズ」(インターナショナル盤LPには収録されていない)のみスティーヴ・ハケット在籍時の1976年のライブ音源で、ビル・ブルーフォードがサポート・ドラマーを務めている[1]

    反響・評価編集

    全英アルバムチャートでは19週トップ100入りして最高2位を記録し、バンドにとって10作目の全英トップ10アルバムとなった[2]。アメリカでは25週Billboard 200入りし、1982年8月21日に最高10位を記録した[4]

    Bruce Ederはオールミュージックにおいて5点満点中3.5点を付け「フィル・コリンズの歌声は全編を通じて好調で、グループの演奏も印象的なことが多く、たとえアリーナ・クラスの会場の観客を前にするようになっても、刺激的かつ密度の濃い演奏が維持されている」と評している[9]

    収録曲編集

    特記なき楽曲はフィル・コリンズマイク・ラザフォードトニー・バンクスの共作。

    サイド1編集

    1. ターン・イット・オン・アゲイン - "Turn It On Again" - 5:16
    2. ドードー - "Dodo" - 7:18
    3. アバカブ - "Abacab" - 8:46

    サイド2編集

    1. ビハインド・ザ・ラインズ - "Behind the Lines" - 5:26
    2. ダッチス - "Duchess" - 6:38
    3. ミー・アンド・サラ・ジェーン - "Me & Sarah Jane" (Tony Banks) - 6:02
    4. フォロー・ユー・フォロー・ミー - "Follow You Follow Me" - 4:58

    サイド3編集

    1. ミスアンダースタンディング - "Misunderstanding" (Phil Collins) - 4:06
    2. イン・ザ・ケイジ(メドレー) - "In the Cage (Medley - Cinema Show - Slippermen)" (Peter Gabriel, Steve Hackett, P. Collins, Mike Rutherford, T. Banks) - 11:52
    3. アフターグロウ - "Afterglow" (T. Banks) - 5:13

    サイド4(イギリス盤LP)編集

    1. ワン・フォー・ザ・ヴァイン - "One for the Vine" (T. Banks) - 11:04
    2. ザ・ファウンテン・オブ・サルマシス - "Fountain of Salmacis" (P. Gabriel, S. Hackett, P. Collins, M. Rutherford, T. Banks) - 8:37
    3. イット〜ウォッチャー・オブ・ザ・スカイズ - "It."/"Watcher of the Skies" (P. Gabriel, S. Hackett, P. Collins, M. Rutherford, T. Banks) - 7:03

    サイド4(インターナショナル盤LP)編集

    ※5曲すべてスタジオ録音

    1. ペイパーレイト - "Paperlate" - 3:20
    2. ユー・マイト・リコール - "You Might Recall" - 5:31
    3. 私とヴァージル - "Me and Virgil" - 6:20
    4. オータム - "Evidence of Autumn" (T. Banks) - 4:57
    5. オープン・ドア - "Open Door" (M. Rutherford) - 4:06

    参加ミュージシャン編集

    アディショナル・ミュージシャン

    脚注編集

    [脚注の使い方]

    注釈編集

    1. ^ 1995年再発CD (VJCP-3120-21)、1999年再発CD (VJCP-68105-06)、2009年再発CD (VJCP-68903-04)の帯に準拠。日本初回盤LP (P-5611-2)の帯では『スリー・サイド・ライヴ』と表記されていた。

    出典編集

    1. ^ a b c Genesis - Three Sides Live (1982, Gatefold, Vinyl) | Discogs
    2. ^ a b GENESIS | full Official Chart History | Official Chart Company - 「ALBUMS」をクリックすれば表示される。
    3. ^ Genesis - Three Sides Live - dutchcharts.nl
    4. ^ a b Three Sides Live Chart History - Billboard 200”. Billboard. 2020年2月22日閲覧。
    5. ^ norwegiancharts.com - Genesis - Three Sides Live
    6. ^ Offizielle Deutsche Charts
    7. ^ swedishcharts.com - Genesis - Three Sides Live
    8. ^ Deriso, Nick (2017年6月2日). “How Genesis Bid Final Goodbye to Their Past on 'Three Sides Live'”. Ultimate Classic Rock. Loudwire Network. 2020年2月22日閲覧。
    9. ^ Eder, Bruce. “Three Sides Live - Genesis”. AllMusic. 2020年2月22日閲覧。

    外部リンク編集