スロバキア国鉄425.95系電車

スロバキア国鉄425.95系電車(スロバキアこくてつ425.95けいでんしゃ)は電車で、鉄道企業体スロバキアタトラ電鉄の各線で2000年より使用している。

チェコ鉄道425.95系電車
Poprad, nádraží, TEŽ a Vysoké Tatry.JPG
ポプラド・タトリ鉄道駅近くの2編成連結列車
基本情報
運用者 スロバキア国鉄鉄道企業体スロバキア
製造所 ヴルートキ鉄道保守エンジニアリングシュタドラー
製造年 2000年 - 2006年
製造数 15編成
運用開始 2000年
主要諸元
軸配置 2’Bo’2’
軌間 1,000 mm
電気方式 直流 1.5 kV
最高運転速度 80 km/h
編成定員 200人(最大定員)、108人(座席数)。2等車
編成重量 38 t
編成長 32,984 mm
2,700 mm
高さ 3,500 mm
編成出力 320 kW
定格引張力 65 kN
テンプレートを表示

歴史編集

 
シトルブスケー・プレソ駅での425.960系電車

425.95系電車は、タトラ電鉄を1968年より担った連接車420.95系(旧EMU89.0系)の置換用であった[1]。14編成の競争入札は、ヴルートキ鉄道保守エンジニアリングシュタドラー車両ダイムラー・クライスラー・レールシステムズの3社からなるコンソーシアム、GTM・ヴィソケー・タトリが勝利した[2]。列車はアルプス山脈で運行しているシュタドラー GTW 2/6をベースに製造された。最初の編成は2000年10月に供給された。型式試験後、一般運用車として承認・登録された。20012002年にかけてさらに13編成と予備のモーター1個が供給された。2006年に連結器も供給され、15編成の納入が完了した[3]


説明編集

列車は3つの部分から構成される。中間は製で、連結部はモーターを確保した通路となっている。隣の2つの部分はアルミ製で、運転手用の席がある。車両は6軸で、各部分の下に2つの軸が配置されている。列車には視聴覚情報システムが備えられている。

参照編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ Motorové jednotky Tatra - ČKD EMU 89.0”. IMHD.SK. 2011年2月7日閲覧。
  2. ^ Aktuality : Nový vietor vo Vysokých Tatrách”. ŽELEZNIČNÁ SPOLOČNOSŤ SLOVENSKO (2001年1月25日). 2011年2月7日閲覧。
  3. ^ Motorové jednotky Stadler GTW 2/6”. IMHD.SK. 2011年2月7日閲覧。

外部リンク編集