メインメニューを開く
スローシティのロゴマーク

スローシティ: Città Slow)はイタリアで起こったスローフードスローライフ運動から発展した地域文化顕彰活動。シンボルマークはカタツムリ日本では気仙沼市前橋市が加入している。

加盟条件編集

人口が5万人未満で有機農業食育を実践しているなど、加盟審査には55の指標を設けている[1]。また、5年毎に実態調査が行われる。

会員編集

国・地域 加盟地(アルファベット順)
 オーストラリア グールワ英語版カトゥーンバ英語版ブルーマウンテンズ英語版世界遺産〕、イア
 オーストリア エンス英語版ハルトベルグ英語版ホルン
 ベルギー ショードフォンテーヌ英語版アンギャン英語版エヴェルレンス英語版シリー英語版
 カナダ カウチン湾英語版ナラマタ英語版
 中国 高淳県江蘇省
 デンマーク マリアガー・フィヨルドスヴェンボー英語版
 フィンランド クリスチーネスタッド
 フランス ブランクフォールクレオンフランス語版グリニー (ローヌ県)ラバスティード・アルマニャックフランス語版ミランドサンタントナン·ノーブル·ヴァルフランス語版スゴンザックフランス語版ヴァルモンドワフランス語版
 ドイツ バード・シュッセンリートドイツ語版ビショフスハイム (マインシュピッツェ)ブリースカステルドイツ語版ダイデスハイムヘルスブルックドイツ語版リューディンハウゼンドイツ語版ネルトリンゲンペンツリーンドイツ語版ユーバーリンゲン英語版ヴァルトキルヒドイツ語版ウィルズバーグ
 イギリス アイルシャム英語版ベリック・アポン・ツイードディス英語版モールド英語版パース
 ハンガリー ホードメゼーヴァーシャールヘイ
 アイスランド Djúpavogshreppur
 アイルランド クロナキルティ英語版
 イタリア アックアラーニャアックアペンデンテアルトモンテアマルフィアメーリアアンギアーリバルガバッツァーノボルゴ・ヴァル・ディ・ターロブラブリジゲッラブーチネカイアッツォカパルビオカザルベルトラーメカステル・カンパニャーノカステル・サン・ピエトロ・テルメカステルノーヴォ・ネ・モンティカステルヌオーヴォ・ベラルデンガカスティリオーネ・イン・テヴェリーナカスティリオーネ・オローナチェッレート・サンニータキアヴェンナキアヴェラーノチステルニーノチッタ・デッラ・ピエーヴェチッタ・サンタンジェロチヴィテッラ・イン・ヴァル・ディ・キアーナクティリアーノフォンタネッラートフランカヴィッラ・アル・マーレガレアータジュリアーノ・テアティーノグレーヴェ・イン・キアンティグルーメスグアルディアグレーレレヴァントマッラーディマッサ・マリッティマモンテ・カステッロ・ディ・ヴィービオモンテファルコノヴェッラーラオルサーラ・ディ・プーリアオルヴィエートペッレグリーノ・パルメンセペンネピアネッラポッリカポジターノプラトヴェッキオプレーチリベーラサン・ダニエーレ・デル・フリウーリサン・ジェーミニサン・ミニアートサン・ポティート・サンニーティコサン・ヴィンチェンツォサンタ・ソフィーアサンタルカンジェロ・ディ・ロマーニャスカンディアーノスティーアスヴェレートテーリオテルモリティラーノトーディトルファトルジャーノトラーニトレーヴィジベッロ
 日本 気仙沼市前橋市
 オランダ アルフェンカームオランダ語版ボルゲル・オドールンオランダ語版ヘールデミッデン=デルフラントオランダ語版ファールス
 ニュージーランド ロドニー地区英語版マタカナ英語版
 北キプロス Yeniboğaziçi
 ノルウェー エイザスカー(アイズスコグ)ノルウェー語版レヴァンゲルノルウェー語版ソクンダルノルウェー語版
 ポーランド バルチェボポーランド語版ビスクピエツポーランド語版ビスティーネックポーランド語版ドブレ・ミアストポーランド語版ゴウダプリジバルクバルミンスキポーランド語版ルババポーランド語版ムロバナ・ゴシリナ英語版ノベ・ミアスト・ルバフスキエポーランド語版オルシュティネク英語版レシェルポーランド語版リン英語版ヴァルミア・マズールィ県
 ポルトガル ラゴスポルトガル語版サン・ブラース・デ・アルポルテルポルトガル語版シルヴェスタヴィラビアナ・ド・カシュテロヴィゼラポルトガル語版
 南アフリカ セッジフィールド英語版
 韓国 青松郡潭陽郡昌平面朝鮮語版河東郡岳陽面朝鮮語版堤川市水山面朝鮮語版全州市[2]南楊州市鳥安面朝鮮語版尚州市新安郡曽島面朝鮮語版莞島郡青山面朝鮮語版寧越郡金サッカ面朝鮮語版礼山郡大興面朝鮮語版
 スペイン ベグール英語版ビカストロスペイン語版レケイティオムンギアパルス英語版ルビエロス・デ・モラスペイン語版
 スウェーデン ファルシェーピング
 スイス メンドリシオ英語版
 トルコ アクヤカ英語版ギョクチェアダハルフェティトルコ語版ペルシェンベトルコ語版セェフェリヒサールトルコ語版タラクルトルコ語版ヴィゼ英語版、ヤルヴァチュ(Yalvaç)、ヤニパザールトルコ語版
 アメリカ フェアファックス英語版セバストポル英語版ソノマ

現況編集

スローシティにも観光化による喧噪と俗化の波が押し寄せている。韓国の全州韓屋村では、あまりの猥雑さに訪問者も辟易し、改善されなければ登録更新も危ぶまれる[3]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 郷土への誇りを育てるまちづくりの手法”. 国土交通省. 2014年11月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年11月16日閲覧。
  2. ^ 전주시 전역 '국제슬로시티'로 재지정…5년간 유효,2016年5月31日、聨合ニュース
  3. ^ パク・イムグン (2015年2月26日). “[ルポ] 失われた全州韓屋村の閑静な佇まい”. ハンギョレ. 2015年11月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月15日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集