スロープカーは、株式会社嘉穂製作所が開発・製作している跨座式のモノレール車両で、同社の登録商標(第5633935号)である。

奥只見スロープカー(新潟県魚沼市奥只見ダム)

概要編集

用途編集

その名前の通り、施設敷地の入口(門など)から建物の玄関口までの間に「急な坂道」や「階段」がある場合において、主に歩行困難な老人や車椅子利用者の輸送を目的としたバリアフリー対策として導入されるケースが多い。また、地形的に健常者でも歩行困難な2点間を連絡する目的で設置されることもある。

構造編集

車体長さ3m程度で定員4 - 8名のものと、車体長さ6m程度で定員30名程度のものがある。2両編成になっているものもある。

通常の鉄道車両としての跨座式モノレールは、コンクリートのレールの上をゴムタイヤで走るものが多いが、スロープカーはラックレールに似た鋼製のレールと車体に取り付けられた歯車の組み合わせで坂を登っていく。これにより、最大45度(1000‰)の登坂が可能である。主電動機はかご形三相誘導電動機が使用され、VVVFインバータ制御で速度制御を行う。いずれも走行機器類は安川電機製である。

車体支持部に車両床面水平自動制御装置を装備し、レールの勾配が変化しても常に車体の水平を保つように制御されている車両もある。

利用者のボタン操作により自動的に作動し、目的地で停止するようになっているため、運転士は不要である。

走行速度が低いものが多く、健常者であれば、スロープカーに乗るよりは歩いた方が施設内の目的地に早く到着するケースが多いが、これはこの乗り物の性質があくまでも坂道や階段に対する「補助」であるためである。

現在供用されているものは全て、日本の法律上はエレベーターに分類されるため、鉄道事業法軌道法に基づく鉄道・軌道路線ではない。

導入例編集

日本国内編集

その他、個人宅においても採用例がある。

韓国編集

関連項目編集

外部リンク編集