メインメニューを開く

スローン・スティーブンスSloane Stephens, 1993年3月20日 - )は、アメリカフロリダ州プランテーション出身の女子プロテニス選手。2017年全米オープン女子シングルス優勝者。これまでにWTAツアーでシングルス6勝を挙げている。身長170cm、体重61kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。WTAランキング最高位はシングルス3位、ダブルス94位。

スローン・スティーブンス
Sloane Stephens
Tennis pictogram.svg
Stephens WM17 (7) (35347283294).jpg
スローン・スティーブンス
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 同・フロリダ州プランテーション
居住地 同・フロリダ州コーラルスプリングス
生年月日 (1993-03-20) 1993年3月20日(26歳)
身長 170cm
体重 61kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2009年
ツアー通算 6勝
シングルス 6勝
ダブルス 0勝
生涯獲得賞金 14,692,592 アメリカ合衆国ドル
4大大会最高成績・シングルス
全豪 ベスト4(2013)
全仏 準優勝(2018)
全英 ベスト8(2013)
全米 優勝(2017)
優勝回数 1(米1)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 1回戦(2012・18)
全仏 1回戦(2012・13・14)
全英 2回戦(2017)
全米 1回戦(2009-12)
国別対抗戦最高成績
フェド杯 優勝(2017)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 3位(2018年7月16日)
ダブルス 94位(2011年10月24日)
2019年7月7日現在

目次

来歴編集

父親のジョン・スティーブンス英語版は元NFL選手(2009年に交通事故死)、母親のシビル・スミスは元競泳選手である。

9歳からテニスを始める。ジュニア時代はティメア・バボシュと組んだダブルスで2010年全仏オープン2010年ウィンブルドン選手権2010年全米オープンで優勝している。

4大大会のシングルスでは2011年全仏オープンで予選を勝ち上がり初出場した。2011年全米オープンレカ=ルカ・ヤニを 6-2, 3-6, 7-6 (3) で破り4大大会の初勝利を挙げ、2回戦では第23シードのシャハー・ピアーを 6-1, 7-6 (4) で破り3回戦に進出。3回戦で第16シードのアナ・イバノビッチに 3-6, 4-6 で敗れた。

2012年全仏オープンで初めて4回戦に進出し、4回戦で第6シードのサマンサ・ストーサーに 5-7, 4-6 で敗れた。ウィンブルドン全米オープンで3回戦に進出、ストラスブール国際シティ・オープンでベスト4に進出し2012年最終ランキングを38位まで上げた。

2013年は開幕戦のブリスベン国際でベスト8、モーリラ・ホバート国際でベスト4に進出。全豪オープンで第29シードとなり初めてシード選手に選ばれた。1回戦でシモナ・ハレプを 6-1, 6-1、2回戦でクリスティナ・ムラデノビッチを 6-4, 6-3、3回戦でローラ・ロブソンを 7-5, 6-3、4回戦でボヤナ・ヨバノフスキを 6-1, 3-6, 7-5 で破り初の4大大会ベスト8に進出した。準々決勝ではセリーナ・ウィリアムズに 3-6, 7-5, 6-4 で勝利しベスト4に進出した。準決勝でビクトリア・アザレンカと対戦し 1-6, 4-6 で敗れた。全仏オープンでは4回戦でマリア・シャラポワに 4-6, 3-6 で敗れたが、ウィンブルドンではベスト8に進出した。準々決勝で優勝したマリオン・バルトリに 4-6, 5-7 で敗れている。

2015年8月のシティ・オープンでツアー初の決勝に進出した。決勝でアナスタシア・パブリュチェンコワを 6–1, 6–2 で破りツアー初優勝を果たした。

2016年8月のリオ五輪で初めてのオリンピックに出場したが、シングルス1回戦でウージニー・ブシャールに 3–6, 3–6 で敗れた。その後左足の故障で1年近くツアーから離脱した。

2017年のウィンブルドンでツアー復帰、ロジャーズ・カップウエスタン・アンド・サザン・オープンで続けてベスト4に進出し、ランキングを83位まで戻して迎えた全米オープンはノーシードから勝ち進みグランドスラムで自身初の決勝進出、アメリカ勢同士の対戦となった決勝はマディソン・キーズに 6-3, 6-0 で勝利しグランドスラム初優勝を果たした[1]

2018年は3月のマイアミ・オープンで決勝進出、決勝でエレナ・オスタペンコに7-6(5), 6-1で勝利しツアー6勝目を挙げる。大会後のランキングで9位となり初のトップ10入りを果たす。全仏オープンは第10シードからグランドスラム2度目の決勝進出を果たすも、決勝は第1シードのシモナ・ハレプに6-3, 4-6, 1-6で敗れて準優勝となった。ウィンブルドンは1回戦で敗退するも、7月16日付のランキングで自己最高の3位を記録している。

スティーブンスは2019年4月、アメリカのサッカー選手ジョジー・アルティドールとの婚約を発表した[2]

WTAツアー決勝進出結果編集

シングルス: 9回 (6勝3敗)編集

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
優勝 1. 2015年8月9日   ワシントンD.C. ハード   アナスタシア・パブリュチェンコワ 6–1, 6–2
優勝 2. 2016年1月9日   オークランド ハード   ユリア・ゲルゲス 7–5, 6–2
優勝 3. 2016年2月27日   アカプルコ ハード   ドミニカ・チブルコバ 6–4, 4–6, 7–6(5)
優勝 4. 2016年4月10日   チャールストン クレー   エレーナ・ベスニナ 7–6(4), 6–2
優勝 5. 2017年9月9日   全米オープン ハード   マディソン・キーズ 6–3, 6–0
優勝 6. 2018年3月31日   マイアミ ハード   エレナ・オスタペンコ 7–6(5), 6–1
準優勝 1. 2018年6月10日   全仏オープン クレー   シモナ・ハレプ 6-3, 4-6, 1-6
準優勝 2. 2018年8月12日   モントリオール ハード   シモナ・ハレプ 6–7(6), 6–3, 4–6
準優勝 3. 2018年10月28日   シンガポール ハード (室内)   エリナ・スビトリナ 6–3, 2–6, 2–6

ダブルス: 1回 (0勝1敗)編集

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
準優勝 1. 2017年8月5日   ワシントンD.C. ハード   ウージニー・ブシャール   青山修子
  レナタ・ボラコバ
2–6, 3–6

4大大会優勝編集

大会 対戦相手 試合結果
2017年 全米オープン   マディソン・キーズ 6–3, 6–0

4大大会シングルス成績編集

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019 通算成績
全豪オープン A A LQ 2R SF 4R 1R 1R A 1R 4R 13–7
全仏オープン A A 1R 4R 4R 4R 4R 3R A F QF 24–8
ウィンブルドン A A LQ 3R QF 1R 3R 3R 1R 1R 3R 12–8
全米オープン LQ LQ 3R 3R 4R 2R 1R A W QF 19–6

脚注編集

外部リンク編集

受賞
先代:
  ドミニカ・チブルコバ
WTAカムバック賞
2017
次代:
  セリーナ・ウィリアムズ