スンダ族(スンダぞく、Sundanese)は、インドネシアジャワ島西部に居住する民族で、ジャワ人に次いでインドネシア第二の民族集団を形成する。

スンダ族
Wedding in action.JPG
新伝統的な結婚式の服を着ているスンダのカップル
総人口
3,090万(2000年の国勢調査による)
居住地域
西ジャワ州2,650万
バンテン州180万
ジャカルタ120万
日本1.5千[1]
言語
スンダ語インドネシア語ジャワ語
宗教
主にイスラム教
関連する民族
ジャワ人ベタウィ人英語版バドウィ英語版バリ島住民

言語編集

アウストロネシア語族に属するスンダ語を解する。

宗教編集

イスラム伝来以前にはen:Sunda Wiwitan信仰(アニミズム)など。現在は大部分が厳格な信仰を守ろうとするイスラム教徒。

文化編集

農業を生業として水稲耕作を行っており、チアンジュール英語版などが良質な米の産地としても知られている。1970年代の終わりにググム・グンビラ(Gugum Gumbira)が創始したスンダ族の新作舞踊ジャイポンガンが知られている。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ Ajat Sudrajat (2015年8月31日). “日本におけるスンダ遊牧民の秘密の器用さ(In Indonesia)”. Antara Jabar. 2021年10月25日閲覧。

外部リンク編集