スヴェン2世 (デンマーク王)

スヴェン2世デンマーク語:Svend 2.、1019年 - 1076年4月28日)またはスヴェン・エストリズセン(Svend Estridsen)は、エストリズセン家最初のデンマーク王(在位:1047年 - 1076年)で、ハーラル1世玄孫およびスヴェン1世にあたる。

スヴェン2世
Svend 2.
デンマーク王
Svend estridsen.jpg
在位 1047年 - 1076年4月28日

出生 1019年
イングランド王国の旗 イングランド王国
死去 1076年4月28日
 デンマークスーゼロプ
埋葬  デンマーク、ロスキレ大聖堂
配偶者 ギーダ
  グンヒルド
子女 スヴェン
クヌーズ・マウヌス
ハーラル3世
クヌーズ4世
オーロフ1世
エーリク1世
ニルス  他
家名 エストリズセン家
王朝 エストリズセン朝
父親 ウルフ伯
母親 エストリズ
テンプレートを表示
1911年にスヴェン2世の墓を調査した際に取り出した頭蓋骨をもとに作られた胸像

生涯編集

即位編集

スヴェン2世は1019年にイングランドで生まれた。父はウルフ伯英語版、母はデンマーク王スヴェン1世の娘エストリズ。デンマーク王ハーデクヌーズの後継者であったが、1042年のハーデクヌーズの死後、ノルウェー王マグヌス1世に王位を奪われた。それを不満に思ったスヴェンはマグヌス1世に反抗する勢力を味方につけ、反乱を起こした。そして5年後にマグヌスが死ぬと王位に就いた。

治世編集

即位したスヴェンは多くの木造教会を建て、ローマ教皇との交流を図り、息子クヌーズを使節として送った。そして教会の勢力拡大を狙った。

スヴェン2世は生涯で2回結婚するが、2度目の結婚によりもうけた子は早世し、彼の死後王位は庶子ハーラル3世が継いだ。

子女編集

最初にスウェーデン王アーヌンド・ヤーコブの娘ギーダと結婚した。

2度目に、1050年スヴェン・ホーコンソン英語版ハーコン・シグルザルソンの息子)の娘でアーヌンド・ヤーコブの妃であったグンヒルド(最初の妃ギーダの母または継母)と結婚し、1男をもうけた。この結婚はハンブルク=ブレーメン大司教の命令により解消された。

  • スヴェン - 早世

スヴェン2世には以下の庶子がいる。

先代:
マグヌス1世
デンマーク王
1047年‐1076年
次代:
ハーラル3世