スヴェン2世 (デンマーク王)

スヴェン2世デンマーク語:SvendⅡ、1019年 - 1076年4月28日)はエストリズセン家最初のデンマーク王(在位:1047年 - 1076年)でハーラル1世玄孫およびスヴェン1世にあたる。

スヴェン2世
SvendⅡEstridsen 
デンマーク王
Svend estridsen.jpg
在位 1047年 - 1076年4月28日

出生 1019年
イングランド
死去 1076年4月28日
スーゼロプ
配偶者 ギーダ
  グンヒルド
子女
家名 エストリズセン家
王朝 エストリズセン朝
父親 ウルフ伯
母親 エストリッド
テンプレートを表示

生涯編集

即位編集

スヴェン2世は1019年にイングランドで生まれた。父はウルフ伯英語版、母はデンマーク王スヴェン1世の娘エストリッド英語版。デンマーク王ハーデクヌーズの後継者であったが、ハーデクヌーズの死後にノルウェー王マグヌス1世王位継承権を奪われた。そしてマグヌスがデンマーク王も兼ねたが、それを不満に思ったスヴェンはマグヌス1世に反抗する勢力を味方につけ、反乱を起こした。そして5年後にマグヌスが死ぬと王位に就いた。

治世編集

即位したスヴェンは多くの木造教会を建て、ローマ教皇との交流を図り、息子クヌードを使節として送った。そして教会の勢力拡大を狙った。

スヴェン2世は生涯で2回結婚するが、彼女たちとの間には子はおらず、彼の死後王位は庶子ハーラル3世が継いだ。

子女編集

スヴェン2世には以下の庶子がいる。

・クヌード(早逝)

ハーラル3世-デンマーク王

クヌーズ4世-デンマーク王

オーロフ1世-デンマーク王

エーリク1世-デンマーク王

・スヴェン-スウェーデン王マグヌス2世の祖父。

・ウルフ

・ベネディクト

・ビョルン

ニルス-デンマーク王

・シグリーズ

・インゲボリ

・スヴェン

・サーギルズ

・シグル

・グットルム

・クミューンド

・グンヒルド

・ラグンヒルド

先代:
マグヌス1世
デンマーク王
1047年‐1076年
次代:
ハーラル3世