スヴャトスラフ・ヤロスラヴィチ (トヴェリ公)

スヴャトスラフ・ヤロスラヴィチロシア語: Святослав Ярославич、? - 1282年もしくは1285年)は、トヴェリ公ヤロスラフの長男である。トヴェリ公(在位:1271年 - 1282年もしくは1285年)。

スヴャトスラフ・ヤロスラヴィチ
Святослав Ярославич
トヴェリ公
在位 1271年 - 1282/5年

死去 1282/5年
家名 リューリク家
父親 ウラジーミル大公ヤロスラフ3世
母親 ナタリヤ
テンプレートを表示

出生年並びに正確な没年は不明である。1272年から1276年にかけての、ノヴゴロド公国をめぐるペレヤスラヴリ・ザレスキー公ドミトリーコストロマ公ヴァシリーの闘争において、ヴァシリー陣営に加勢した。ヴァシリーが1276年に死亡した後も、トヴェリ公国ペレヤスラヴリ・ザレスキー公国との紛争は1290年代初頭まで継続したが、1282年のドミトロフへの遠征に関する記述を最後に、スヴャトスラフの名は年代記上に現れなくなる。

参考文献編集

先代:
ヤロスラフ3世
トヴェリ公
1271年 - 1282/5年
次代:
ミハイル・ヤロスラヴィチ