スヴャトスラウ2世

スヴャトスラフ2世から転送)

スヴャトスラウ2世ウクライナ語Святослав Ярославич; ロシア語Святослав Ярославич1027年 - 1076年12月27日)は、リューリク朝ルーシクニャージ)である。洗礼名はミハイール。ヤロスラウ賢公の子、ヴォロディーミル聖公の孫。チェルニーヒウ公(在位:1054年 - 1073年)、キエフ大公(在位:1073年 - 1076年)。母はスウェーデン王オーロフの娘インゲゲルド。

スヴャトスラウ2世
Святослав Ярославич
キエフ大公
Izbornik.jpg
スヴャトスラウと家族(1073年の『スヴャトスラウ選集』より)
在位 1073年 - 1076年

出生 1027年
死去 1076年12月27日
埋葬 チェルニーヒウ救世主大聖堂
配偶者 キリキヤ
  オダ・フォン・バーベンベルク
子女 一覧参照
王家 リューリク家
王朝 リューリク朝
父親 キエフ大公ヤロスラフ1世
母親 インゲゲルド・アヴ・スヴェーリエ
テンプレートを表示

生涯編集

1054年、父ヤロスラフが亡くなる。長子ウラジーミルは既に死去していたため、キエフ大公位は、次子である兄イジャスラフ1世が継承した。この時の領地分配で、イジャスラフはキエフに加えてノヴゴロドトゥーロフを獲得、スヴャトスラフはチェルニーゴフリャザンムーロムトムタラカニを、フセヴォロド(後のフセヴォロド1世)はペレヤスラヴリ・ルースキー(モスクワ近郊のペレヤスラヴリ・ザレスキーではない)及びロストフスーズダリベロオーゼロといったヴォルガ上流域の東北ロシアを領有した。また、ヴャチェスラフはスモレンスクを末弟イーゴリはヴォルィーニを支配した。

イジャスラフ、フセヴォロドとともに三頭政治を行う。1068年スノウシク付近でクマン人の軍勢を破った(参照:アリタ川の戦い)。やがてイジャスラフと敵対し、1073年にはフセヴォロドと手を組んで、大公位を奪った。1073年と1076年の『スヴャトスラウ選集』を編纂した。1076年12月27日、せつ手術が失敗したため死去し、チェルニーヒウの救世主大聖堂に葬られた。

妻子編集

最初の妻は出自不明のキリキヤ(またはキキリヤ、ツェツィリヤ[注 1]という女性であり[1][2]、以下の人物の母と考えられる。

このうち、ダヴィドはダヴィド家(ru)、オレグはオレグ家(ru)の祖である。両家は12世紀のチェルニゴフ公を出した代表的な家系となった。

2人目の妻はハンガリー辺境伯レオポルト(バーベンベルク家)の娘と考えられているオダ(ru)であり、ヤロスラフ(ムーロム公、チェルニゴフ公)を産んだ。また、A.ナザレンコ(ru)の説では、オダとの間に、ビザンツ帝国に嫁いだ娘も産まれているとされる。

その他、母親を確定できない以下の子がいる[7]

脚注編集

注釈編集

  1. ^ Килликия、またはКикилия、Цецилия。

出典編集

  1. ^ Dimnik 1994, pp. xv, 36.
  2. ^ Raffensperger 2012, p. 236.
  3. ^ Dimnik 1994, pp. 37, Table 4.
  4. ^ Dimnik 1994, pp. 40, Table 4.
  5. ^ Dimnik 1994, pp. 39-40, Table 4.
  6. ^ Dimnik 1994, pp. 39, Table 4.
  7. ^ Родословная книга Всероссiйскаго дворянства // Составилъ В. Дурасов. — Ч. I. — Градъ Св. Петра, 1906.

参考文献編集

  • Dimnik, Martin (1994). The Dynasty of Chernigov, 1054–1146. Pontifical Institute of Mediaeval Studies.
  • Raffensperger, Christian (2012). Reimagining Europe: Kievan Rus' in the Medieval World. Harvard University Press.
先代:
ムスチスラフ
チェルニーヒウ公
1054年 - 1073年
次代:
フセヴォロド1世