スーザン・ハンティントン・ギルバート・ディキンソン

アメリカ合衆国の詩人

スーザン・ハンティントン・ギルバート・ディキンソンSusan Huntington Gilbert Dickinson、1830年12月19日 - 1913年5月12日)は、アメリカ合衆国の作家、詩人、旅行者、編集者であり、エミリー・ディキンソンの義理の姉妹。

スーザン・ハンティントン・ギルバート・ディキンソン
Daguerrotype of Susan Dickinson with Frame.jpg
誕生 1830年12月19日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 マサチューセッツ州
死没 1913年5月12日(満82歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 マサチューセッツ州 アマースト
職業 作家
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
配偶者 ウィリアム・オースティン・ディキンソン (1856年–1895年、死別)
子供 マーサ・ディキンソン・ビアンキ
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示
若いスーザン・ディキンソンのダゲレオタイプ。Dickinson Family Photographsより(MS Am 1118.99b)。ハーバード大学ホートン図書館。

生涯編集

 
スーザンとオースティンディキンソンの生家であったエバーグリーンズ。2021年現在、アマーストエミリーディキンソン博物館(the Emily Dickinson Museum of Amherst)。

1830年12月19日、マサチューセッツ州ヒストリック・ディアフィールドで6人の子供の末っ子として、トーマス・ギルバードとハリエット・アームズ・ギルバートの間に生まれる。1835年に母親が、1841年に父親が亡くなり、10歳で孤児となる。その後、姉達と共にニューヨーク州ジェニーバにいる叔母のソフィア・アームズ・ヴァンフランケンに育てられ、ユティカ・フィメール・アカデミーに通った。1847年夏の間のみ、16歳の時、長女が住んでいたアマーストを訪れ、アマーストアカデミーに通っている。1848年までユティカ・フィメール・アカデミーに通ったのちアマーストに戻り、生涯アマーストで暮らすこととなる[1]。1853年にアマーストで出会ったオースティン・ディキンソンと婚約し、1856年7月1日、ヴァンフランケンの家で「ごく少数の友人と(スーザンのみの)兄弟姉妹と、小さなケーキ、小さなアイスクリームだけが用意された静かな結婚式」を挙げた[2]。夫妻はミシガン州への移住を考えていたが、オースティンの父親エドワード・ディキンソンが、オースティンを法律事務所の共同経営者とすること、実家の隣にオーダーメイドの家「エバーグリーンズ」を建てることによって、彼らをアマーストに留まらせた 。スーザンの兄弟からの持参金によって、エバーグリーンズには、オークのサイドボードを備えたショーケース、アントニオ・カノーヴァの彫刻キューピッドとプシュケで飾られた緑の大理石の暖炉、ゴシック様式の椅子、ヴィクトリア朝様式の絵画など高価なものが多く備えられ、飾られた。スーザンはエバーグリーンズで多くのゲストをもてなした。スーザンとオースティンには3人の子供がいた。

  • エドワード・"ネッド"・ディキンソン(1861年-1898年)
  • マーサ・"マティー/またはモプシー"・ディキンソン(1866年-1943年)
  • トーマス・"ギブ"・ギルバート・ディキンソン(1875年-1883年)

スーザンの生前に、ギブ、ネッドは死去している。

世間の評価編集

スーザンの人柄、性格は、「マサチューセッツ州西部で最も優雅な女性」("most graceful woman in Western Massachusetts")[3]、「鋭敏で国際的」("astute and cosmopolitan")[4]、「軽薄、詮索好き、冷酷」("The Power" increasingly given to "frivolity, snobbery, and ruthlessness")[5]、エミリーにとっての「最も良い読者であり、感覚の鋭い編集者」(a "sensitive editor" who was Emily's "most responsive reader")[6] などと表現されている。また、エミリーの死後詩が出版される際、スーザンが詩の編集を拒否したと考えられており、「非常に知覚が鋭く、時に指導者」であった[7]

スーザンとエミリー編集

関係性編集

スーザンはエミリーから愛情を込めて「ドリー」と呼ばれ、以下の表現を特徴とする絶え間ない賞賛を受けていた。

  • 「太陽の雪崩」(An Avalanche of Sun)[8][9]
  • 「ジブラルタルからの息吹」、「難攻不落の音節」(a breath from Gibraltar/impregnable syllables)[10][11]
  • 「魂のドミンゴ(安息日)」(Domingo in that tor-rid Spirit)[12]
  • 「想像力そのもの」(To be Susan is Imagination)[13]
  • 「(彼女の言葉は)銀の系譜」(Their [words'] silver genealogy) [14] [15]

19世紀のアメリカでは女性の社会への文学的および芸術的貢献には大きく制限が課せられていたことが相成り、スーザン・ディキンソンと義理の妹との55〜56年間の重要な関係は、スーザンの性格とライフストーリーとともに、争われ、物議を醸すようになった。2021年現在、国内の大衆からは概ね、スーザンとエミリーの関係はロマンティックなものであったと捉えられている。

文書のやりとり編集

エミリー・ディキンソンは、スーザンへの愛を、ダンテのベアトリスへの愛、スウィフトのステラへの愛、ミラボーのソフィー・デ・ラフェイへの愛と比較したり[16]、スーザンへの薫陶をシェイクスピアへの愛と比較[17]するなどして、多くの比喩表現によりスーザンへの愛を書き表している。エミリーは執筆においてスーザンの意見を非常に重要視しており、彼女らは詩に関する理論を同じくしていた。スーザンはエミリーへの手紙で『Safe in their Alabaster Chambers』の1節目についての賞賛を表す際、「詩を読んだ後はいつも火で暖を取るが、もう私は二度と暖まることなどできない」(I always go to the fire and get warm after thinking of it, but I never can again)と記している[18]。後年エミリーはトーマス・ウェントワース・ヒギンソンへの手紙において、スーザンの言葉を模倣するように、「本を読んで、全身が冷たくなり火でも暖まらない時。その時にそれが詩だとわかる。」(If I read a book [and] it makes my whole body so cold no fire can ever warm me, I know that is poetry.)と記した。

スーザンの現存する文書の中には、彼女が気配りのある母であり友人であることを示す何百もの手紙、看護師の勇敢な仕事や建築の芸術など多様な主題に関する多数のエッセイ、『Autumn's Divine Beauty Begins』(秋を祝うリパブリカン発行のエッセイ)のレビューなどがある。アーサー・シャーバーン・ハーディWind of Destinyについての研究では、スーザンはこの作品について、「読者の愚かさを前提としないが、適度な心の教養と想像力を必要する、最も爽快な作品である」としている。この発言は、スーザンがエミリーにとってとても重要な聴衆であった理由を特徴づけている。ビクトリア女王への賛美歌を集めることに加えて、スーザン自身の著作は強く先駆的な女性を称賛している。エリザベス・ブラックウェル(米国で最初の女性医師。女性に職業を開放するために働いたことでも知られている。)についての回想録では、「もちろん女性たちは(エリザベスが女性の領域の外で活動をすることを)嘆いた」という記述もありながら、彼女のことを非常に賞賛しており、スーザン自身の知識の探求の文脈の中でエリザベスの人生の道のりについて語っている[要出典]

エミリーの死編集

ディキンソンの学者マーサ・ネル・スミスは以下のように書いている[19]

スーザンはエミリーの亡骸に自身がデザインしたシンプルなフランネルの服を着せて白い棺に収め、首にはアツモリソウスミレ(忠実さを象徴する)を、手元には2つのヘリオトロープ(献身を象徴する)を添えた[20]。スーザンは、シンプルな儀礼を行うことで深い意味をもたせたのである。エミリーの亡骸に対するこの最後の行為は、「彼女らの分かち合った人生、彼らの深く複雑な親密さ」と、彼女らがその親密さの「死後の復活」を予期していることを強く示している[21]。エミリーへの追悼文では、家族や隣人、そして最も真剣な目的と高い野心を持っていた執筆活動に身を捧げた、強く素晴らしい女性の姿を愛情たっぷりに描いた[22]。その追悼文では、最愛の友人を失い疲れ果てているとも述べている[23]ものの、ヒギンソンがPoems (1890年出版のエミリー・ディキンソン詩集)の導入部分に使用したがったほどの詩が挿入されている。(実際、その詩は1891年出版のPoems第二巻に使用されている)[24]。スーザンは、追悼文が読者の注目を、作家としてのエミリー、そして彼女の言葉が生き続けるという事実に向けているのだと結論付けている。彼女の娘マーサの文書の中には、下記の同じ4行の詩が、ディキンソン家の式典、おそらくスーザン自身の葬式の締めくくりに再び使用された証拠が残っている。

Morns like these we parted;

Noons like these she rose,

Fluttering first, then firmer,

To her fair repose.

出版物編集

ディキンソンの作品編集

学者たちは、エミリー・ディキンソンとスーザン・ディキンソンの間の文学的な関係は、エミリーが作家であり、スーザンが読者であるようなものであると想定していたが[要出典]、スーザン・ハンティントン・ギルバート・ディキンソンは、生涯を通じて絶えずエッセイ、レビュー、ジャーナル、詩、手紙、記念碑を書いており、備忘録や、自身がスプリングフィールド・リパブリカンで出版した作品のスクラップブックのほか、ビクトリア女王や、好きな詩、エッセイ、小説の切り抜きなども作成している。ディキンソンは「スージー」が日記をつけていることに熱狂し、「自分の費用でそれを手に入れたい」と記した[25]。エバーグリーンズで見つかった文書からは、75歳だった1900年代初頭にヨーロッパ旅行をしていることが発見されている。スーザンは年配の旅行者、また熱心な作家として、パリ、ニースケルン、チューリッヒ、ヴェローナ、ヴェネツィア、フィレンツェ、ローマ、ハーグ、ロンドンを訪れ、教会の建物の建築の威厳とアルプスの峰の崇高な美しさを楽しみ、目にしたものと新旧の知人との出会いを、文学的、あるいは詩的に記録した[26]

スーザンは生涯を通じて日記をつけているほか、スプリングフィールド・リパブリカンに『A Hole in Haute Society』(1908年8月2日)、『The Passing of Zoroaster』(1910年3月)、『The Circus Eighty Years Ago』(1900年台初期)、『The Case of the Brannigans』(娘マーサによるものである可能性あり)などの記事をいくつか発表した。1903年1月、リパブリカン編集者への手紙という形式で、ローマにて、ハリエット・エリザベス・プレスコット・スポフォードの初期の作品について長い批評文を書き、発表した。この批評文の中で、スポフォードの初期の作品の再出版を主張しており、「義理の姉、エミリー・ディキンソン」を権威として引用し、エミリーの読者からの反応を繰り返し書いている。また、プレスコットの『Circumstance』に対する批評の中で、「愛は死よりも強い」というディキンソンの表現を引用している。1980年代までは公表されていなかった原稿『Annals of the Evergreens』(冒頭ではプレスコットの『Pomegranate Flowers』を賞賛している)では、読書(エリザベス・バレットロバート・ブラウニングトマス・ド・クインシージュリアウォードハウトーマスカーライルシェイクスピア)や多様な来客(ラルフワルドエマーソンハリエットビーチャーストウ、奴隷制度廃止論者ウェンデルフィリップス、ランドスケープデザイナーフレデリックオルムステッド)など文化交流の豊富なエバーグリーンズでの生活について描かれる。編集者のサミュエル・ボウルズ、その妻メアリー、友人のマリア・ホイットニー、ジョサイア、エリザベス・ホランド、判事のオーティス・P・ロードらとの「新鮮なアスパラガス」や「自家菜園のサラダ」を使ったランチや、「とてもおいしいラム肉とイチゴ」を使ったディナーなど、ディキンソンのサークルとより密接な関係にあった人物たちも登場し、賛美歌の演奏とヴィニー(エミリーの妹ラヴィニア)が「最も優れた芸術的パフォーマンス」を披露したことが懐かしく語られている[27]

エミリーの出版物へのスーザンの関与編集

スーザンは自身をよく知る人々から、エミリーの詩を迅速に出版しなかったことを厳しく批判された。1890年、ヒギンソンへの手紙の中で、スーザンは、「初期の手紙にある彼女(エミリー・ディキンソン)の詩の多くは、グンドロディとベッティン(・フォン・アーニム)との手紙(ゲーテが称賛したロマンチックな友情)をはるかにしのぐものだ。ー もちろん、出版して批判を回避するべきではあった。」と述べている。1891年3月にウォードに宛てた手紙では、1890年の『Poems』では省略されていた「エミリーのウィットに富んだユーモラスな面を示すイラスト」も収録した『Poems』の構想を練っている。

スーザンは、ヒギンソンとトッドが制作した19世紀後半の詩集の典型よりも、より全体的なボリュームを描いている。スーザンの詩集は、深い歌詞だけでなく、絵やジョークで満たされていただろうし、制作概要を見ると、詩を「人生」、「愛」、「時間と永遠」、「自然」という従来のカテゴリーに分けず、詩が日常的な経験と統合していること、エミリーの知的能力、精神的、肉体的、感情的、精神的な領域に対する哲学的な問いかけを強調したであろうと考えられる。出版された詩集に対するスーザンの批判や、エミリーの文章を「オークション」[28]に出すために自分ならどう演出するかという記述は、印刷やスクリーンの機械的でハイテクなイメージに浸っている20世紀後半の読者にとって、スーザンとエミリーが常に参加していた19世紀の手稿文化の交流への道筋となる[29]

編集

スーザンの詩編集

 
スーザン・ディキンソンの詩の手書きの原稿『One asked, when was the grief』。末っ子のトーマス・"ギブ"・ギルバート・ディキンソンの死後に書かれた可能性がある詩。スーザン・ディキンソンによる執筆

作品や物語を出版することに加えて、スーザンは少なくとも1つの詩『Love's Reckoning』をリパブリカンから出版しており、他にも多くの数の詩を書いている。

『Oh』と『ADirge』(『Feb / 95』)の下書きは、スーザンのフィレンツェの備忘録に記録されている。エミリーの詩よりも慣習的な形式ではあるが、スーザンの詩は多くの同様のテーマを扱っている。『There are autumn days of the Spring』は、『These are the days when Birds come back』[30]と『The Crickets / sang / And set the Sun』[31]を明確に反映しており、『The Sun kept low as an oven』は、『Blazing in Gold - and Quenching - in Purple!』[32]と『The sun kept stooping - stooping - low』[33]の『Stooping as the kitchen window』を思い起こさせる。スーザンの『The Crickets sang / And Set the Sun』には、エミリーの作品に対するスーザンの返事が数行書かれている[34]


I was all ear

and took in strains that

might create a seal

under the ribs of death

ジョン・ミルトンの『Comus』の一節の引用。ミルトンが「create a soul」と書いたところを、スーザンは「create a seal」と書いている。)


Despair is treason

towards man

and blasphemy

to heaven.

ウォルター・スコットの『Redgauntlet』からの引用)

自然的、精神的なインスピレーション編集

 
ジョン・フレデリック・ケンセット、Sunset with Cows、1856年。キャンバスに油彩、エミリー・ディキンソン美術館

スーザンの多くのタイトルや日記、レビューの題材からも明らかなように、スーザンの感性には自然への深い愛情と感謝が浸透しており、スーザンは明らかに自然界の素晴らしさ、「常に適格なエデン」[35]に焦点を当てた芸術を好んでいた。エバーグリーンズでは、ジョン・F・ケンセットの『Sunset with Cows』(1856年)の裏にスーザンの名前が書かれており、スーザンの手書きの詩の中には、この絵に直接反応したようなものがある("I'm waiting but the cows not back.")[36]。スーザンの自然に対する思い入れは、宗教的、精神的なものと言えるほど強いものであり、スーザンは10代後半から大人になっても敬虔な宗教心を持ち続けていたと言われている。人生の後半、スーザンはますますアングロ・カトリックの儀式に傾倒し、ローマ・カトリック教徒になることも考えたが、しかし、フレデリック・ダン・ハンティントン主教が「ハーバード大学のユニテリアニズムを捨てて、アメリカ聖公会の僧衣を身にまとっていた」[37]ために思いとどまったという。スーザンは宗教的献身から、1880年代の6年間、ほぼすべての安息日に、アマーストからほど近い現在のベルチャータウンにある貧しい村、ログタウンで日曜学校を開いていた[38]

参考文献編集

二次資料編集

  • Bianchi, Martha Dickinson. Emily Dickinson Face to Face. Boston: Houghton Mifflin Co, 1932.
  • Dickinson, Emily Elizabeth. Various Writings. References to manuscripts will use the initials "A" (Amherst College), "BPL" (Boston Public Library), "H" ( Houghton Library, Harvard University) and the library catalog number. References will also include the Harvard University Press printings by Johnson and Franklin.
  • Dickinson, Susan Huntington Gilbert. "Annals of the Evergreens" and other manuscripts. H Box 9, Houghton Library, Harvard University. "Annals" abridged version published as "Magnetic Visitors", Amherst (Alumni Quarterly) 33.4 (Spring 1981): 8–15, 27.
  • Dickinson, Susan Huntington Gilbert. H Lowell Autograph, letters to William Hayes Ward. Houghton Library, Harvard University.
  • Dickinson Susan Huntington Gilbert. Commonplace Book. 16:35:1. The Martha Dickinson Bianchi Collection, John Hay Library, Brown University.
  • Dickinson Susan Huntington Gilbert. Scrapbook. "Martha Gilbert Dickinson / The Evergreens / Amherst Massachusetts." St. A 126. The Martha Dickinson Bianchi Collection, John Hay Library, Brown University.
  • Eberwein, Jane. Dickinson: Strategies of Limitation. Amherst: U of Massachusetts P, 1985.
  • Farr, Judith. The Passion of Emily Dickinson. Cambridge & London: Harvard UP, 1992.
  • Franklin, R.W., ed. The Manuscript Books of Emily Dickinson. Cambridge & London: Belknap P of Harvard UP, 1981. References to this edition will use "F" or "Set" and the fascicles or set number assigned by Franklin.
  • Franklin, R.W., ed. The Poems of Emily Dickinson: Variorum Edition. Cambridge & London: Belknap P of Harvard UP, 1998. References to this edition will use "FP" and the number assigned by Franklin.
  • Hart, Ellen Louise. "The Encoding of Homoerotic Desire: Emily Dickinson's Letters and Poems to Susan Dickinson, 1850–1886." Tulsa Studies in Women's Literature 9.2 (Fall 1990): 251–272.
  • Hart, Ellen Louise and Martha Nell Smith, eds. Open Me Carefully: Emily Dickinson's Intimate Letters to Susan Huntington Dickinson. Ashfield, MA: Paris Press, 1998. References to this edition will use "OMC" and the number assigned to the poem, letter, or letter-poem.
  • Johnson, Thomas H. and Theodora Ward, eds. The Letters of Emily Dickinson. Cambridge & London: Belknap P of Harvard UP, 1958. References to letters in this edition will use "JL" and the number assigned by Johnson.
  • Johnson, Thomas H., ed. The Poems of Emily Dickinson. Cambridge & London: Belknap P of Harvard UP, 1955. References to poems in this edition will use "JP" and the number assigned by Johnson.
  • Leyda, Jay. The Years and Hours of Emily Dickinson. New Haven: Yale UP, 1960.
  • Mudge, Jean McClure. "Emily Dickinson and 'Sister Sue.'" Prairie Schooner 52 (1978): 90–108.
  • Pollak, Vivian. Dickinson: "The Anxiety of Gender". Ithaca & London: Cornell UP, 1984.
  • St. Armand, Barton. Emily Dickinson and Her Culture: The Soul's Society. Cambridge, London, New York, New Rochelle, Melbourne, Sydney: Cambridge UP, 1984.
  • Sewall, Richard. The Life of Emily Dickinson. 2 vols. New York: Farrar, Straus and Giroux, 1974.
  • Smith, Martha Nell. Rowing in Eden: Rereading Emily Dickinson. Austin: U of Texas P, 1992.
  • Smith, Martha Nell. "Susan & Emily Dickinson: Their Lives, in Letters", Cambridge Companion to Emily Dickinson, ed. Wendy Martin (Cambridge U P, 2002), 51–73.
  • Smith, Martha Nell. "Susan Huntington Gilbert Dickinson" (78–82), "Cartoons" (42–43), "Humor" (149–150), An Emily Dickinson Encyclopedia, ed. Jane Eberwein (Greenwood P, 1998).
  • Smith, Martha Nell. "Suppressing the Books of Susan in Emily Dickinson", Epistolary Histories: Letters, Fiction, Culture, ed. Amanda Gilroy and Wil Verhoeven (U P of Virginia, 2000), 101–125.
  • Smith, Martha Nell, Lauth, Laura, and Lara Vetter. “Writings by Susan Dickinson.” Dickinson Electronic Archives. 1997. Online. A critical edition of previously unpublished papers.

出典編集

 

  1. ^ Susan Huntington Gilbert Dickinson (1830-1913), sister-in-law – Emily Dickinson Museum” (英語). 2021年12月17日閲覧。
  2. ^ Leyda 1:342
  3. ^ Bianchi q. Samuel Bowles, 149
  4. ^ St. Armand 23
  5. ^ Farr 110
  6. ^ Eberwein 44, 131
  7. ^ Sewall 201; 219
  8. ^ H B188; OMC 228
  9. ^ H B188”. archive.emilydickinson.org. 2021年12月5日閲覧。
  10. ^ H B89; OMC 22
  11. ^ Bianchi, Martha Dickinson (1915年1月1日). “Unpublished Letters of Emily Dickinson” (英語). The Atlantic. 2021年12月5日閲覧。
  12. ^ Tursi, Renee (1998年12月13日). “Two Belles of Amherst” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/1998/12/13/books/two-belles-of-amherst.html 2021年12月5日閲覧。 
  13. ^ H B51; OMC 233
  14. ^ H B134; OMC 247
  15. ^ Emily Dickinson Letter-Poems and Prose”. www.thehypertexts.com. 2021年12月5日閲覧。
  16. ^ H B95; OMC 165
  17. ^ OMC 229
  18. ^ H B74b; OMC 61
  19. ^ Smith, Martha Nell (2002). "Susan and Emily Dickinson: their lives, in letters" in The Cambridge Companion to Emily Dickinson. Cambridge University Press. p. 70. ISBN 9780521001182. https://books.google.com/books?id=Cb6qV1W_m3QC&q=%22martha+nell+smith%22&pg=PA70 2019年3月16日閲覧。 
  20. ^ St. Armand 74–75
  21. ^ Hart 255; Pollak 137
  22. ^ Obituary for Emily Dickinson | Dickinson Electronic Archives”. www.emilydickinson.org. 2021年12月6日閲覧。
  23. ^ Obituary for Emily Dickinson 12 | Dickinson Electronic Archives”. www.emilydickinson.org. 2021年12月6日閲覧。
  24. ^ Smith 207–208
  25. ^ H L18; OMC 7, April 1852
  26. ^ Writings by Susan Dickinson: SHD Commonplace Book”. archive.emilydickinson.org. 2021年12月6日閲覧。
  27. ^ Dickinson Electronic Archives: "Because the Plunge from the Front Overturned Us: The Dickinson Electronic Archives Project"”. archive.emilydickinson.org. 2021年12月17日閲覧。
  28. ^ JP709
  29. ^ Writings by Susan Dickinson: A Brief Biography”. archive.emilydickinson.org. 2021年12月17日閲覧。
  30. ^ F 6; OMC 25
  31. ^ H 325; Set 6c; OMC 122
  32. ^ F 13; OMC 68
  33. ^ F 8; OMC 52
  34. ^ H 325”. archive.emilydickinson.org. 2021年12月17日閲覧。
  35. ^ JL391
  36. ^ H Box 9
  37. ^ St. Armand 84
  38. ^ Kenney A. Dorey, Belchertown Town History, 1960, rev. by Shirley Bock, Doris Dickinson, and Dan Fitzpatrick, 2005. Logtown is described in the Belchertown Town History as being later known as Dwight Station.

外部リンク編集