スーパーグループ

スーパーグループSupergroup)とは、すでに成功した有名ミュージシャンたちが集まって結成した音楽グループバンドのこと[1]スーパーバンドとも言う[2]。スーパーバンドとして認定されるためには、知名度の高さを必要とする。 1960年後半から70年代前半にかけ、主にロックなどの人気や話題性の高いグループに用いられて一時代を築いた流行語[2]

概要編集

スーパーグループという名称が定着する以前から、有名なミュージシャンが集まってセッションをする現象が見られた。1960年代後半のロック界ではクロスビー・スティルス&ナッシュニール・ヤングも加入してクロスビー・スティルス・ナッシュ&ヤングが結成された。クリームザ・ダーティー・マックジョン・レノンエリック・クラプトンキース・リチャーズミッチ・ミッチェル)らは、プレイヤーの組み合わせから生じるケミストリーを獲得しようとセッション・バンドを組んだ[1][2]。ブルース・ロックのクリームも、スーパー・グループの草分け的なバンドだった[3]。タワー・レコードの執筆者は、1968年にアル・クーパーマイク・ブルームフィールドスティーヴン・スティルスを迎えて発表したスタジオ・アルバムや、クラプトンとスティーヴ・ウィンウッドらが組んだブラインド・フェイスが最初のスーパーグループではないかとしているが[1]、ローリング・ストーンのジャック・ウェナーや、評論家のデイヴ・トンプソンは、もちろん1966年のクリームが最初のスーパーグループであるとしており、こちらの説の方が、世界では主流である[4]クリームを皮切りに、60年代後半〜70年代前半にはエマーソン・レイク・アンド・パーマーベック・ボガート & アピスバッド・カンパニーなど、スーパーバンドの結成がブーム化した[1]。1971年には日本でもスーパー・グループPYGが結成された[1]

詳細編集

1980年代以降はスーパーグループは衰退し、ロバート・パーマーデュラン・デュラン組+シック組のパワー・ステーションジョージ・ハリソンボブ・ディランロイ・オービソンらのトラヴェリング・ウィルベリーズなどが登場した程度だった[1]。90年代以降はミック・ジャガースーパーヘヴィ、アリス・クーパーらのハリウッド・ヴァンパイアーズが結成された。2000年代以降は、デーモン・アルバーンと、アフロビートのトニー・アレンほかによるザ・グッド、ザ・バッド・アンド・ザ・クイーンなどが結成されたが、スーパー・グループかどうかは諸説ある[1][5]

著名なスーパーグループ編集

世界編集

日本編集

著名なバンドのみ掲載すること。バンド名に商品名は不可。

関連項目編集


脚注編集

  1. ^ a b c d e f g スーパー・バンドは音楽シーンを救う?”. bounce 336号 (2011年9月25日発行). TOWER RECORDS ONLINE (2011年9月21日). 2019年3月10日閲覧。
  2. ^ a b c スーパー・バンドがやって来た!!”. 『bounce』 245号(2003/7/25). TOWER RECORDS ONLINE (2003年8月7日). 2019年3月10日閲覧。
  3. ^ url=https://www.rollingstone.com/music/artists/cream/biography%7Ctitle="Cream Bio," Rolling Stone.com
  4. ^ Thompson, Dave (2005). Cream: The World's First Supergroup. Virgin. ISBN 1-85227-286-4.
  5. ^ デーモン・アルバーン、ザ・グッド、ザ・バッド・アンド・ザ・クイーンの新作もほぼ完成したと語る”. NME JAPAN. ニュー・ミュージカル・エクスプレス (2018年6月1日). 2019年3月8日閲覧。
  6. ^ http://music-calendar.jp/2017072901
  7. ^ http://music-calendar.jp/2015081001

外部リンク編集

AllMusic Review by Al Campbell