スーパースポーツ世界選手権

スーパースポーツ世界選手権(スーパースポーツせかいせんしゅけん、World Supersport Championship, 略称:WSS)は、モーターサイクルによるモータースポーツ国際モーターサイクリズム連盟(FIM)が主催する、4ストロークの2・3・4気筒エンジン搭載[1]の市販車を改造したオートバイで競うロードレース世界選手権大会スーパーバイク世界選手権に併催されている。

スーパースポーツ世界選手権
カテゴリ オートバイレース
国・地域 国際
開始年 1990年(欧州選手権として)
1997年(ワールドシリーズとして)
1999年(世界選手権として)
チーム 3 マニファクチャラー
カワサキ, ヤマハ, MVアグスタ
ライダーズ
チャンピオン
イタリアの旗 アンドレア・ロカテッリ
チーム
チャンピオン
イタリアの旗 BARDAHL Evan Bros. WorldSSP Team
マニュファクチャラーズ
チャンピオン
日本の旗 ヤマハ
公式サイト The Official SBK Website
Motorsport current event.svg 現在のシーズン
2008年シーズン世界チャンピオンのアンドリュー・ピット

概要編集

1997年からスーパースポーツワールドシリーズとして開催されていたが、1999年にFIM公認の世界選手権となった。

4気筒600cc以下、3気筒675cc以下又は2気筒750cc以下の4ストローク公道用バイクをベースにしたマシンで、改造範囲はスーパーバイククラスより制限されている。

日本では400cc超の免許区分が大型自動二輪に属するなどの理由から販売台数は限られているが、ヨーロッパでは販売台数が多く、レース活動が売り上げに直結しているためバイクメーカーは力を入れている。2000年から2003年まではスポーツランドSUGOで日本ラウンドを開催していた。

歴代チャンピオン編集

ライダーズ・チャンピオン[2] 車両 マニファクチャラー・チャンピオン[3]
ヨーロッパ選手権
1990   ハワード・セルビー ヤマハ
1991   ルイス・ダンティンスペイン語版 ホンダ
1992   シュテファン・シェショヴィチュ ホンダ
1993   ミカエル・パクアイドイツ語版 ホンダ
1994   イヴ・ブリゲイタリア語版 ホンダ
1995   ミカエル・パクアイドイツ語版 ドゥカティ
1996   ファブリツィオ・ピロヴァーノ ドゥカティ
ワールドシリーズ
1997ドイツ語版   パオロ・カゾーリ ドゥカティ
1998ドイツ語版   ファブリツィオ・ピロヴァーノ スズキ・GSX-R600 スズキ
世界選手権
1999   ステファン・シャンボンフランス語版 スズキ・GSX-R600 ヤマハ
2000   イェルグ・トイヒャートドイツ語版 ヤマハ・YZF-R6 ヤマハ
2001   アンドリュー・ピット カワサキ・ニンジャZX-6R ヤマハ
2002   ファビアン・フォレフランス語版 ホンダ・CBR600FS スズキ
2003   クリス・バーミューレン ホンダ・CBR600RR(PC37) ホンダ
2004   カール・マガリッジ ホンダ・CBR600RR(PC37) ホンダ
2005   セバスチャン・シャルパンティエ ホンダ・CBR600RR(PC37) ホンダ
2006   セバスチャン・シャルパンティエ ホンダ・CBR600RR(PC37) ホンダ
2007   ケナン・ソフォーグル ホンダ・CBR600RR(PC40) ホンダ
2008   アンドリュー・ピット ホンダ・CBR600RR(PC40) ホンダ
2009   カル・クラッチロー[4] ヤマハ・YZF-R6 ホンダ
2010   ケナン・ソフォーグル ホンダ・CBR600RR(PC40) ホンダ
2011   チャズ・デイヴィス英語版 ヤマハ・YZF-R6 ヤマハ
2012   ケナン・ソフォーグル カワサキ・ニンジャZX-6R ホンダ
2013   サム・ロウズ ヤマハ・YZF-R6 カワサキ
2014   ミハエル・ファン・デル・マルクオランダ語版 ホンダ・CBR600RR(PC40・2013) ホンダ
2015   ケナン・ソフォーグル カワサキ・ニンジャZX-6R カワサキ
2016   ケナン・ソフォーグル カワサキ・ニンジャZX-6R カワサキ
2017   ルーカス・マヒアスフランス語版 ヤマハ・YZF-R6 ヤマハ
2018   サンドロ・コルテセ ヤマハ・YZF-R6 ヤマハ
2019   ランディ・クルメナッハ ヤマハ・YZF-R6 ヤマハ
2020   アンドレア・ロカテッリイタリア語版 ヤマハ・YZF-R6 ヤマハ

ポイントシステム編集

現在のポイントシステム
順位 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15
ポイント 25 20 16 13 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1

主な日本人ライダー編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ FIM (2009). “1.9.1 Classes will be for the following categories:” (PDF). Road Racing FIM Superbike & Supersport World Championships and FIM Superstock Cup Regulations 2009. FIM (Fédération Internationale de Motocyclisme). pp. p. 14 (PDF: p. 18/176). http://www.fim-live.com/fileadmin/alfresco/Codes_et_reglements/SBK_SS_SST_Eng.pdf 2009年5月1日閲覧。 
  2. ^ Supersport Champions - Riders”. sbk.perugiatiming.com. World Superbike Championship. 2008年6月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年11月8日閲覧。
  3. ^ Supersport Champions - Manufacturers”. sbk.perugiatiming.com. World Superbike Championship. 2008年6月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年11月8日閲覧。
  4. ^ スーパースポーツ世界選手権 WSS - ライダー紹介」、ヤマハ発動機、2010年2月15日(月)閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集