メインメニューを開く

スーパーダイスQ』は、1980年3月3日から1984年3月30日までTBS系列局で放送されたランチタイムのクイズ&ゲーム番組である。『ベルトクイズQ&Q』をフルモデルチェンジしてスタート。放送時間は、月曜日から金曜日の正午からの20分間。司会は土居まさる

スーパーダイスQ
ジャンル クイズ番組
出演者 土居まさる
プロデューサー 吉岡英機
制作 TBS
放送
音声形式 モノラル
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1980年3月3日 - 1984年3月30日
放送時間 平日 12:00 - 12:20
放送分 20分

目次

概要編集

この番組は、対戦勝ち抜きクイズとサイコロゲームの2本立てで展開されていた。クイズの問題レベルは『Q&Q』(ミリオンステージの100万円の問題はかなりの難問だった)に比べてそれほどマニアックでも難易度が高いわけでもなく、新聞や百科事典に目を通せば分かる程度の比較的易しいものであった(『100万円クイズハンター』の様なもの)。『Q&Q』では知識力のみが問われたが、この番組は知識と運(どちらかと言うと「運」が優先)がコンセプトの番組であった。

この時期のクイズ番組としては珍しく、出題担当やアシスタントはいなかった。出演は司会の土居のみで、土居が出題も行っていた。

解答者席と観客席の配置編集

初期においてはスタジオ内の後方にのみ観客席があったが、末期ではスタジオ中ほぼ一杯に観客席が増えるようになった。そのため、末期では解答者席と観客が一緒に映るようになった。この頃、観客(日によっては挑戦者)がマイクを持ち一言コメントを発した後「スーパーダイスQ!」とタイトルコールをする[1]ところから番組を始めていたことがある(いわゆるアバンタイトル)。

スポンサーについて編集

協賛スポンサーセールスは全国ネット共通スポンサーが「P&G」など3、4社程度と、各局独自のローカルスポンサーが数社(毎日放送(MBS)などの一部のネット局はオールスポットの場合もあった)の混同であった(番組中間と終盤最初の1 - 2社程度のCMがネットスポンサー、終盤の残りがローカルスポンサー)。

対戦勝ち抜きクイズ編集

基本的には前回の勝ち抜き者と挑戦者による1:1方式による対戦である。初期から中期にかけて行われた「三目並べ」(いわゆる「○×ゲーム」で、早押し不要)形式のクイズと、末期に行われた「ノックアウト」(早押しクイズ)形式のクイズがある。

対戦中に鳩時計の音が鳴ると時間切れとなり、翌日に持ち越し。金曜日の放送では翌週月曜日に持ち越しとなる。

初期編集

勝ち抜き者は星(六芒星)のマークの席に、挑戦者は丸のマークの席に立つ。

クイズに入る前に挑戦者は電子ルーレットで先攻・後攻を決める。ルーレットのストップボタンは挑戦者が押し、ルーレットの終点まで来た場合は自動的に勝ち抜き者の先攻となる。

9枚のパネルにはそれぞれジャンルが書かれている。ジャンルは「文学」のような大きなものから「H」といった何が出るか分からないものまであり、対戦ごとに異なる。解答者が交互に、取ろうとする場所のジャンルを指定して問題に答える一問一答形式で、正解すればそのパネルに自分のマークが入る。

ただし、中央のパネルは他のパネルとは違って2問連続で出題され(例:「日本の首都は?」→「東京」→「その東京の現在の都知事は誰?」)、両方正解しなければ獲得できない(他のパネルは緑地に白でジャンルが書かれているが、中央のみ赤地。獲得したマークは青地に白)。このルールは程なくして無くなり、中央も1問正解で取れるようになる。

1列に3つ(縦、横、斜め)揃ってビンゴ状態になった解答者がそのゲームの勝ちぬけとなる。また、一方が残りのパネルをすべて埋めてもビンゴが成立する可能性がなくなった場合は、相手の判定勝ちとなる。

勝ち抜き賞金は1枚5000円×両者の獲得枚数。ただし、判定勝ちの場合は賞金無しだった。

パネルの配置が不利な場合(例えば、リーチをかけた状態で上がりのパネルに苦手なジャンルが入っている場合など)、解答者がシャッフルを行うこともできる(ジャンルの配置がランダムに入れ替わる)。

中期編集

基本ルールに大きな変更は無かったが、ジャンルパネルに「ジョーカー」が加わった。また、解答者の「シャッフル」宣言ができなくなった代わりに、解答者がジャンルを選ぶ前に必ずパネルのシャッフルが行われるようになった。勝ち抜き賞金額も変更され、パネルの枚数に関わらず一律3万円になった。

「ジョーカー」を選んだ場合、その問題に正解すると、続けてもう1問解答することができる(そのため、一気にリーチをかけることが可能)。ただし、不正解の場合は相手に解答権が移り、正解すれば相手にそのパネルを獲得されてしまう(そのため、次のシャッフルの結果によっては相手に一気に勝ち抜けられてしまう)。なお、「ジョーカー」で出題される問題は特にジャンルは決められていなかった。いわゆる「ノンセクション」である。

末期(1982年あたり)編集

クイズ出題の前に、1 - 9の数字が書かれた9枚のパネルの中から両者が1枚ずつ「ノックアウトマーク」(ボクシンググローブびっくり箱風にイラスト化したもの)を入れる(入力時に「ポッ」の音が入るが、区別をつけるため音程は高音と低音に分かれている)。クイズの形態は早押し形式。お手つき・誤答の場合は相手側に解答権が移る。

正解が出た場合、正解できなかった解答者がパネルを1枚選択する。開いたパネルにサイコロのマークが表示されていれば「セーフ」となり、再びクイズが出題される。「ノックアウトマーク」が表示された場合は正解数関係なくその時点で敗退となる(8枚目までセーフだった場合は、最終問題で正解すれば自動的に勝ち抜けとなる。この場合、正解できなかった解答者は自動的に「ノックアウトマーク」が表示され、そのまま敗退となる)。

両者不正解の場合は、両者の解答席の間にある「×マーク」が点灯する(この状態を「×マークがプールされる」と呼ぶ)。プールされている場合、その後の問題に正解できなかった解答者はパネルを1枚+プールされた×マークの数だけ選ばなければならない(×マークはパネルが開いた段階で消灯する)。

相手がどこにノックアウトマークを入れたかはわからないようになっているため、両者が同じパネルにマークを入れるケースもあり、その場合はノックアウトマークは1つだけとなる。どこにマークを入れたかは、土居にもわからないようになっていた。そのため8枚目もセーフだったとき(両者が同じパネルにマークを入れていた)は土居も驚くことがあった。ただし、最初期と最末期ではノックアウトマークを入れた番号が視聴者向けにテロップ表示されていた。なお、8枚目のパネルをめくることになった挑戦者は相手も同じパネルにマークを入れていることを祈って自分が入れていない方のパネルをコールすることが多かった。

解答者がパネルの番号を言った後、観客が手拍子をしながら「セーフ〜!!セーフ〜!!」あるいは「アウト!!アウト!!」のコールをかけるのがお約束だった。

勝ち抜き賞金は一律3万円。誤って自分がノックアウトマークを設定した番号を言ってしまって負ける解答者もいた。

問題は土居自らが読み上げるため、問題と正解の書かれたカードは舞台裏から機械で土居の下に送り込まれてくる。舞台中央の小さなボックスからカードが飛び出す仕組みとなっており、カードが出る際にサイコロ模様のランプが点灯し、土居がカードを取り出すと消灯する。

スーパーダイス(サイコロ)ゲーム編集

土居の「スーパーダイス、GO!!」のコールで始まり、ファンファーレと共にサイコロ台が登場した。「一攫千金」狙いと、クイズとは違うまさに「運」だけが頼りの勝負である。

基本ルール編集

収録スタジオの観客による「よいしょ〜っ!!」の掛け声と同時に手に持った大きなサイコロ2個を転がす。サイコロ台はベルトコンベア形式になっているため、転がし終えると直ちに挑戦者の前まで移動する仕組みになっていた。

フランスが起源といわれるサイコロゲーム「シャット・ザ・ボックス」を範に取っている。サイコロ2つの出目の合計の数字を基にして、その数字と同じ数のパネル(1 - 9の9枚から1枚)、または出目の合計と同じになる2枚のパネルを消していく。消せるパネルがなくなったところでゲーム終了となり、消したパネルの数に応じた賞金が加算される。9枚のパネルを全部消してパーフェクトを完成させた場合はパネルがフラッシュして、獲得賞金に30万円が加算された。

ぞろ目が出た場合は、出目数の合計で消すことができない時にもう1回サイコロを振ることができる「振り直し権」が与えられる(番組中では「ダブル」と呼ばれた)。振り直し権は、ぞろ目がでた回数分与えられた。その際、シグナル音が流れ、サイコロ台の横にある穴から球状のオブジェが出てくる(出てくる穴は5箇所)。

挑戦者の力量によっては、ごく稀にサイコロが台から飛び出して落下するケースがあったが、その場合はノーカウントとなり、土居が台の下から予備のサイコロを取り出して挑戦者に渡し、振り直しをした。

2個のサイコロを使う関係上、出目の合計は最低でも2になり、1だけが残った場合は消すことができないためその時点で終了。ただし、例えば1と5が残っている状態で5が出た場合、そのまま5を取ると1が残って終了となるが、ダブルの権利があれば本人の了承のもとに振り直しが可能だった。

勝ち抜き者は次の挑戦者と再び対戦勝ち抜きクイズで戦い、挑戦者に負かされるか、獲得賞金が100万円に到達するまで繰り返す。

パーフェクト達成の時には、番組開始当初は、ファンファーレと共に天井から大量の白・黄・赤・青色の紙吹雪が降り、スタッフがクラッカーを鳴らして祝福していたが、後期はクラッカーがなくなり、白の紙吹雪だけになった。

100万円達成(後述のウルトラ一発100万円である時も含む)の場合は、「おめでとう!!100万円獲得!!」および「¥1,000,000」のテロップが出ていた。通常のパーフェクトの時は、100万円とは別のファンファーレが流れていた(テロップ無し)。また小学生親子大会、中学生大会において、海外旅行当選となった場合も同じく「○○旅行 おめでとう!!」とのテロップがあった。

100万円到達時、または敗退時(賞金がある場合)、土居から賞金分の小切手(番組ロゴが入った線引小切手)が授与された。

初期編集

終了時に加算される賞金は、以下の通りであった。

  • 1 - 4枚:0円(加算なし)
  • 5枚:1万円
  • 6枚:3万円
  • 7枚:6万円
  • 8枚:9万円

勝ち抜きクイズでビンゴを成立させていた場合、そのラインが「ボーナスライン」と呼ばれ、ライン上のパネルをすべて消した場合は賞金1万円が加算された(パーフェクト達成のときは除く。また、消したパネルが3 - 4枚の場合でも、ボーナスライン成立時の賞金は有効)。数字は左から右方向に上段に1 - 3、中段に4 - 6、下段に7 - 9と並んでいるが、ゲーム開始時に数字はシャッフルされた(判定勝ちの場合はボーナスラインがないのでシャッフルもなかった)。

中期 - 末期編集

ボーナスラインとゲーム開始時のシャッフルがなくなり、変わって「DONマーク」が登場(ゲーム開始時に土居が「さぁ、DONマークが2枚隠れました」と言う)。賞金加算額も変更され、パネル1枚につき5千円が加算。ただし、DONマークの出し方によって変化した。

9枚のパネルには「DONマーク」が2枚あり、それを2枚連続で引き当ててしまった場合(「DONDON」と呼ばれていた。BGMは「DONDON」にもじって爆発のSEと間の抜けたBGMが流れていた)、賞金は0となり加算されなかった(代わりに残念賞として「DONキャップ<別名・DONDON帽 夏季はDONバイザー=サンバイザー>」が手渡された)。1枚目のDONマークが出ると警告音が鳴り始め、出したDONマークとサイコロ台の赤いランプが点滅を始める。その次のパネルでDONマークを避けると、警告音と点滅が止まる。「DONマーク」が連続ではなく2枚出た場合、賞金は倍額(パネル1枚につき1万円)となる。この「DONマーク」ルールのため、一度にパネルを2枚消す場合にはその順番も重要になった(例えば、DONマーク点灯時に8を出して、2→6の順で消す場合、6にDONマークが入っていればゲーム続行だが、2にDONマークが入っていた場合はDONDONとなって終了)。そのゲーム中「DONDON」の可能性がなくなるまで、土居は必ず「どちらから消しますか?」と挑戦者に尋ねていた。

全てのパネルを消すことが出来れば、パーフェクトとなり賞金30万円を獲得できた。また7枚目迄に「DONマーク」が出なかった場合は、残る8・9枚目の2枚連続で「DONマーク」を引き当てる事になるが、その状態でパーフェクトを達成した場合は「ウルトラ一発パーフェクト」(あるいは「ウルトラ一発100万円」)と称され、それまでの獲得賞金に関わらず100万円獲得となった。

2枚のDONマークはこのコーナーの開始時に超高速でパネル内をフラッシュしながら移動しており、最後に止まったところに決定される。よって挑戦者はパネルを凝視していた。ただ、スピードが超高速のため、判別は非常に難しい。当然、土居にも入っている所はわからず、パネルの取り方次第で土居も驚くことが多かった。

100万円が1日に2度も編集

100万円獲得者は実に46人(内「ウルトラ一発パーフェクト」が18人)に上るが、放送が終了した1984年3月のとある放送回で、100万円が1日に2度も飛び出すと言う大記録が生まれた。先ず前日からの勝ち抜け解答者がこの日、獲得賞金を100万円にまで積み上げれば、その直後のクイズの勝者が「ウルトラ一発パーフェクト」を決めて、こちらも100万円を獲得した。この事からも「Q&Q」に比べ、本番組で100万円が出易い傾向にあったと言える。

最終回編集

番組は1984年3月30日に最終回を迎えた。そこで番組では、最後のスーパーダイス挑戦者に対し「ウルトラ一発」に関係無くパーフェクトを完成させた場合に100万円を贈るチャンスを与えたが、達成出来なかった。エンディングでは、土居が出場者や視聴者への感謝の挨拶を述べて、4年間に亘る番組の歴史に幕を降ろした。

特別企画編集

毎年夏・冬・春休み期間中には「親子大会」「中学生大会」「大学生大会」が企画された。

親子大会編集

小学生を持つ親子を対象として行った。クイズの対戦は通常と同じ勝ち抜き制だった。

初期の頃は一般出場者同様、賞金制(最高金額100万円)だった。その後、点数制に変更。1人勝ち抜き毎に30点(ビンゴルールだった頃の判定勝ちは0点)が加算された。

点数制の頃のスーパーダイスゲームは、通常ルールの賞金獲得金額の1/1000が得点(パーフェクト完成で300点)となっていた。

点数制の頃は、勝ち抜きによる獲得点数が当初500点(後に300点)に達するか、勝ち抜きクイズで挑戦者に敗れるとその時点で終了。

当初は獲得点数によって下記旅行がプレゼントされた。後にハワイ旅行(300点)のみに変更された。

旅行の協賛企業(ブランド)は当初、日本交通公社(現・ジェイティービー)の「ルック」(海外)と「エース」(国内)だったが後に降板。その後は「近畿日本ツーリスト」の「ホリデイ」(海外)が協賛に付いたり、番組側が自費で旅行に招待したりしていた。

中学生大会編集

賞金制や勝ち抜き制では無く、一発勝負で行われた。

クイズの対戦は通常と同じだが、賞金に代って参加者の希望する賞品[2]を指定した。

スーパーダイスゲームは通常のルールとは違って、サイコロを振ってパネルを消し、カタカナの文字と答えのヒントとなるVTRからそれを推理し、正解なら賞品獲得(パーフェクト完成者を除く)。

パーフェクト完成者には番組からグァム島旅行が贈られた。

大学生大会編集

勝ち抜き制ではない一発勝負だったが、クイズ方式や賞金の獲得は通常のルールと同じだった。

ネット局編集

スタッフ編集

字幕テロップは、ナール体が使用された。

脚注編集

  1. ^ 例:中年男性観客が、加藤茶のギャグを捩って「1,2,3,4,やったぜ父ちゃん!スーパーダイスQ!」。
  2. ^ ぴゅう太(ゲームパソコン)、ジャッカル(ラテカセ)、天体望遠鏡など、放送当時の価格で6万円程度の品物が何点か陳列されていた。
  3. ^ 1983年4月にフジテレビ系フルネット局にネットチェンジした後も、視聴者保護のため番販ネットを行っていた。同年10月にフジテレビ系マストバイになってからは『笑っていいとも!』に切り替えた。

関連項目編集

TBS系列 平日12時台
前番組 番組名 次番組
スーパーダイスQ
(1980年3月 - 1984年3月)