メインメニューを開く

スーパーチャンピオンシップとはかつて日本特別区競馬組合大井競馬場ダート2000mで施行していた地方競馬重賞(G2)競走である。

1996年に中央・地方全国指定交流競走「スーパーダートダービー」(南関東G1)として創設され、ユニコーンステークス(当時は秋季に開催)とダービーグランプリと合わせて「4歳ダート三冠シリーズ」を形成した。翌年の1997年ダートグレード競走が発足すると、統一GIIに格付けされた[1]

しかし、1999年に競走体系を改めて見直して夏季に統一GI(南関東G1)「ジャパンダートダービー」を新設したため、本競走は統一グレードから撤退した上で規模を南関東交流戦の「スーパーチャンピオンシップ」(南関東G2 回次はスーパーダートダービーから継承)に縮小。2001年で廃止された。

出走条件はサラ系3歳(旧4歳)の地方南関東所属の競走馬(廃止時の条件)。

目次

歴史編集

  • 1996年 - 大井競馬場のダート2000mの中央・地方全国指定交流競走「スーパーダートダービー」として創設。競走格は南関東G1。
  • 1997年 - 統一グレード競走に認定される。競走格は統一GII。
  • 1999年
    • ダートグレード競走から撤退し南関東重賞競走に変更、競走格はG2。
    • 名称をスーパーチャンピオンシップに変更。
  • 2001年 - この年をもって廃止。

歴代優勝馬編集

回数 施行日 優勝馬 性齢 所属 タイム 優勝騎手 管理調教師 馬主
第1回 1996年11月1日 サンライフテイオー 牡3 大井 2:05.8 高橋三郎 三坂博 松居豊子
第2回 1997年11月20日 メイショウモトナリ 牡3 JRA 2:06.3 安田康彦 安田伊佐夫 松本好雄
第3回 1998年10月30日 ウイングアロー 牡3 JRA 2:05.1 南井克巳 工藤嘉見 池田實
第4回 1999年10月13日 イチコウタマユキ 牡3 大井 2:07.9 桑島孝春 矢作和人 市川弘
第5回 2000年10月17日 イエローパワー 牡3 大井 2:06.4 桑島孝春 高橋三郎 大志総合企画(株)
第6回 2001年10月9日 ナミ 牝3 大井 2:07.8 的場文男 蛯名末五郎 中田和宏

出典・脚注編集

  1. ^ [1]

各回競走結果の出典編集

関連項目編集