メインメニューを開く

メカクローム (Mecachrome International) は、フランス自動車航空部品メーカー。1937年創業。

近年はモータースポーツとの関係が深く、中でもルノーF1との関係は密接であるが、他のF1コンストラクターであるフェラーリBMWザウバーのために重要なエンジン部品も製造している。

航空部門編集

航空部門ではエアバスボーイングなどの航空機メーカーはもちろんのこと、ロールス・ロイスSAABダッソーなどとも取引関係がある。

モータースポーツ編集

F1編集

メカクロームは、以前からルノーエンジンのカスタマー供給を請け負っていた。1996年末にルノーF1エンジン開発部門の売却を受けた。そしてルノーが撤退した1998年以降、復帰する2000年までエンジンを供給した。エンジンはルノーが1997年ウィリアムズベネトンに供給したRS9がベースとなっている。

供給チーム編集

  • ウィリアムズ(1998年・メカクローム名義、1999年・スーパーテック名義)
  • ベネトン(1998年-2000年・プレイライフ名義)
  • B・A・R(1999年・スーパーテック名義)
  • アロウズ(2000年・スーパーテック名義)

その他編集

2005年から始まった、国際F3000に代わって開始されたGP22017年からFIA F2選手権に改称)に供給されているルノー製エンジンの供給やメンテナンスを請け負っている。また2010年 - 2018年にかけて開催されたGP3(2013年 - 2015年は除く)や、その後継として2019年より発足するFIA F3でもワンメイクエンジンを供給している。

関連項目編集

外部リンク編集