メインメニューを開く

ズバリ快答!テレフォン身の上相談』( -かいとう -みのうえそうだん)は、1970年4月6日から2012年3月30日までTBSラジオで毎週月曜日から金曜日までの午前中に放送された、約10分間の電話相談番組である。

ズバリ快答!テレフォン身の上相談
ジャンル 生活情報番組
放送方式 収録
放送期間 1970年4月6日 - 2012年3月30日
放送時間 月-金曜日 9:20頃 - 9:35頃
放送局 TBSラジオ
制作 TBSラジオ
提供 阪急交通社 ほか
特記事項:
・データは番組終了時点。
・開始当初のタイトルは『ラジオ身の上相談』。
テンプレートを表示

42年続いた長寿番組だったが、2012年3月30日の放送をもって終了した[1]

目次

概要編集

諸々の事情で悩みを抱えるリスナーを募り、人生経験豊かな著名人が彼らの悩みに明快な回答を出すという内容の番組である。

番組の流れ編集

ここでは『大沢悠里のゆうゆうワイド』に内包されて以降の形式について説明する。

大沢悠里によるスポンサー紹介の後、スポンサーの阪急交通社(『ゆうゆうワイド』開始時からの筆頭スポンサー)からのツアー告知が流れる(1週間同じものを流す)。その後、月曜日アシスタントの西村知江子(西村就任前は不明)による以下の前口上が流れる。

「ため息をつくと、幸せが一つ逃げていくと言います。人生の躓き、あなたの悩みを解決しましょう。ズバリ快答!テレフォン身の上相談、今日の回答者は、○○(回答者の肩書)の○○○○(回答者の名前)さんです」

その後、当日のアシスタントにより相談内容が紹介されると共に「それでは○○さん、お願いします」と回答者に呼びかけた上で、本編開始となる。

相談のやり取り(事前収録)の後、大沢が「今日の回答者は、○○さんでした」と締めた上で、電話番号と受付時間を告知。収録日が近い場合はその旨も告知されていた。

歴史編集

1970年4月6日に放送開始。当時の回答者は楠本憲吉幸田文加東大介だった。

1971年10月1日までは独立番組であり、1971年10月4日放送開始の『こんちワ近石真介です』からワイド内包番組となった。内包されているワイド番組が『大沢悠里のゆうゆうワイド』となってからも続いていたが、放送時間が変更されたのを機に1996年4月8日から現行タイトルに変更した。

かつては全国ネット番組であったが、2010年4月2日をもってすべてのネット局での放送が終了し、関東ローカル番組となった。

2011年3月14日からしばらくの間、11日午後に発生した東北地方太平洋沖地震に配慮し番組を休止した。

パーソナリティ編集

番組終了時点。

過去のパーソナリティ編集

放送局編集

番組終了時編集

ネット局編集

  • 福井放送:月曜日 - 金曜日 12:40 - 12:55(2010年4月2日までネット)
    2009年4月より金曜日も放送。
  • 高知放送:月曜日 - 金曜日 11:45 - 12:00(2010年4月2日までネット)
    高知放送では『テレフォン人生相談』もネットしている。
  • 大分放送:月曜日 - 金曜日 10:10 - 10:25(JRNラインネット。2010年4月2日までネット)
  • 静岡放送(SBS):月曜日 - 金曜日 12:00 - 12:15
    ほのぼのワイド 中村こずえのsmile for You』(月曜日-木曜日)、『ラジオWEST〜寺田繭子のわくわく金曜日』(金曜日)内(2008年9月26日をもってネット終了)。
     同番組内で同じ箱番組として『テレフォン人生相談』が存在しており、一時期は一つの番組内で二つの番組が放送されていた。
  • 山梨放送
  • 北日本放送:月曜日 - 金曜日 11:45 - 12:00
    月曜日のみ別番組をネットしているため未放送だった時期があった。2009年4月の『とれたてワイド朝生!』の放送時間が30分繰り下がったことに伴い打ち切ったものと思われる[要出典]
  • 山陽放送
  • 長崎放送
  • 東北放送
  • 琉球放送でも一時期放送されていた。
    沖縄県では同時間、競合他局のラジオ沖縄で『テレフォン人生相談』を放送しているため、一時期関東以外では唯一、同一地域で平日帯の電話相談番組が両方放送されていた。

脚注編集

  1. ^ 3月19日から終了の告知がなされていた。
  2. ^ テレビ・ラジオ情報” (日本語). CHIZU SAEKI OFFICIAL WEB SITE. 2011年4月25日閲覧。

関連項目編集