ズビズビズー」(ラテン文字: Zou Bisou BisouZoo Be Zoo Be Zoo)は、1960年フランス楽曲である。

Zou Bisou Bisou
ジリアン・ヒルズソフィア・ローレンジェシカ・ペアシングル
作詞・作曲 ビル・シェパードアラン・トゥーミシェル・リヴゴーシュ
ミュージックビデオ
ソフィア・ローレン - YouTube
ミュージックビデオ
ジェシカ・ペア - YouTube
テンプレートを表示

概要編集

ビル・シェパードアラン・トゥー英語版が制作し[1]フランス語詞でのヴァージョンはミシェル・リヴゴーシュフランス語版による[2]。本作のオリジナルは、初期のヴァージョンが連想させる通り、イエイエ・ムーブメント英語版フランス語版スペイン語版から派生したものだった。そのテーマは、あからさまな愛の告白として、或いは口づけの歓びとして様々な表現がなされている。

本作は1960年夏のジリアン・ヒルズ英語版ハンガリー語版最初のシングルであった[3]。フランス語で録音され、タイトルは「Zoo Be Zoo Be Zoo」。プロデュースジョージ・マーティンが務め、英語で歌唱したのはソフィア・ローレンだった[4][5][† 1]。大部分の情報源が本作のオリジナルをヒルズとしているが、ニューヨーク誌は “作詞作曲のクレジットによればローレンのヴァージョンをオリジナルとするのがもっともらしい” と主張している[1]スレート誌英語版のデビッド・ホグランドはヒルズのバージョンは初期の録音の中で最も有名なものだと指摘している[7]。ローレンの歌唱は1961年、日本でも7インチシングル盤で発売されている[8]

本作は、マッドメン・シーズン5の第1話(2012年3月26日放送)の中でメーガン・ドレーパー英語版を演じるジェシカ・ペア英語版ドイツ語版スペイン語版が歌唱した[9][10]。そのAMCでの放送の翌日[9]、本作は楽曲配信と特別版のレコードで発売された[10]。ペアのパフォーマンスは事前の録音とのリップシンクであった[11]

ヴァージョン編集

Amazonでは本作の9つのヴァージョンが楽曲ダウンロードで販売されているが、ペアのものは含まれない。Amazonではヒルズのヴァージョンはツイスティン:ザ・ロック – vol.9(Twistin': The Rock - Vol.9)から、カサビアンカのバージョンはレ・シャンソン・ド・マ・ジュネス(Les Chansons de ma jeunesse)から、ラダ・レッドスターが参加したバート・アンド・ベイカーの異なる3つのリミックスは、ザ・ズビズビズー・エクステンデッド・プレイ(the Zou Bisou Bisou extended play)から、ローレンの「Zoo Be Zoo Be Zoo」による2つのヴァージョンは、ピート・アンド・ソフィア(Pete & Sophia)から採用し、さらにカラオケヴァージョンもある[12]。さらに、ジルズ・デューティーのチャチャチャ・ヴァージョンを "Bisou Zou Bisou" のタイトルで Ca Tourne En Gironde から採用している[12]

日本でのカヴァー編集

ズビズビズー/ボーイ・ハント
森山加代子シングル
A面 ズビズビズー
B面 ボーイ・ハント
リリース
規格 7インチシングル盤
ジャンル POPS
時間
レーベル 東芝レコード
作詞・作曲 アラン・テューみナみかずみ
森山加代子 シングル 年表
じんじろげ
1961年
ズビズビズー/ボーイ・ハント
1961年
パイのパイのパイ
1961年
テンプレートを表示

1961年4月森山加代子がカヴァー、シングルで発売している。7インチシングル盤規格品番:JP-5063、日本語詞:みナみカズみ、編曲:ダニー飯田、演奏:宮間利之とニューハード・オーケストラ。この音源は1993年1月27日にCD化[13]、1996年7月10日に再発されている[14]ISRC:JPTO09250620[6]

同年には田代みどりも「ズビ・ズビ・ズー」のタイトルでカヴァーしており、この音源は1998年10月14日にCD化された。ISRC:JPTE06119090[6]

他には同年にスリー・グレイセスが「ズビ・ズビ・ズー」のタイトルで、アルバム『山のロザリア』に収録。1990年11月21日にCD化されている。ISRC:JPCO06116510[6]

備考編集

JASRACに於いては2018年現在、外国作品/出典:PJ (サブ出版者作品届) /作品コード 0Z0-0240-5 ZOO BE ZOO BE ZOOとして登録[15]。計6組の歌手が「アーティスト」として登録されているが、ソフィア・ローレンは登録されていない[15]

訳詞として登録が為されているのは、みナみかずみ[15]

出版者は、LORNA MUSIC CO LTD。日本でのサブ出版[† 2]シンコーミュージック・パブリッシャーズである[15]

脚注編集

注釈編集

  1. ^ ソフィア・ローレン音源ISRC:GBAYE6000112[6]。日本では2014年12月3日、2枚組コンピレーション・アルバム『ギガ・ヒッツ 60's』に収録。発売:ワーナーミュージック・ジャパン、規格品番:WPCR-16177/8[6]
  2. ^ 音楽出版者が全世界の地域について単独でその活動を行うことは難しいことから、特定地域の出版者と、その地域についての利用開発やプロモーションを任せる契約を結ぶことがある。この場合、作詞者・作曲者から直接権利を取得した音楽出版者はOP(Original Publisher)と呼称し、OPと契約を結び特定地域についての活動を任せられた音楽出版者はSP(Sub Publisher)と呼称する。

出典編集

  1. ^ a b Howe, Sean (2012年3月25日). “The Musical History of Megan’s French Mad Men Tune” (英語). New York Magazine. 2012年3月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月6日閲覧。
  2. ^ Zou bisou bisou” (フランス語). Encyclopedisque.fr (n.d.). 2013年10月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月6日閲覧。
  3. ^ Streib, Lauren (2012年3月25日). “‘Mad Men’ Premiere: A History of ‘Zou Bisou Bisou,’ Megan’s Sultry Song to Don” (英語). The Daily Beast. 2018年6月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月6日閲覧。
  4. ^ Sophia Loren – Zoo Be Zoo Be Zoo” (英語). Discogsデータベース. Discogs (n.d.). 2018年6月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月6日閲覧。
  5. ^ Oldenburg, Ann (2012年3月26日). “Behind 'Mad Men' premiere's sexy 'Zou Bisou' song” (英語). USA Today. 2012年3月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月6日閲覧。
  6. ^ a b c d e 音楽の森 music Forest データベース検索結果。
  7. ^ Haglund, David (2012年3月25日). “What Was That French Song on Mad Men?” (英語). Slate. 2017年12月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月6日閲覧。
  8. ^ Sophia Loren – Zoo Be Zoo Be Zoo” (英語). Discogsデータベース. Discogs (n.d.). 2018年6月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月6日閲覧。
  9. ^ a b Fleming, Olivia (2012年3月26日). “The sexiest song in the world? From a teen Bardot lookalike to Mad Men, the story behind Megan Draper's Zou Bisou Bisou” (英語). Daily Mail. 2018年6月6日閲覧。
  10. ^ a b Miller, Gregory E (2012年3月27日). “Story behind the song” (英語). New York Post. 2016年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月6日閲覧。
  11. ^ Marikar, Sheila (2012年3月26日). “'Mad Men' Actress Lip-Synced 'Zou Bisou Bisou'” (英語). ABC News. 2017年8月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年6月6日閲覧。
  12. ^ a b MP3 Downloads - "Zou Bisou Bisou"” (英語). Amazon.com (n.d.). 2018年6月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月6日閲覧。
  13. ^ 『加代ちゃんのヒット・キット・パレード』CD2枚組、東芝EMI、規格品番:TOCT-6903/4
  14. ^ 『加代ちゃんのヒット・キット・パレード(再発)』CD2枚組、東芝EMI、規格品番:TOCT-9517/8
  15. ^ a b c d JASRAC作品データベース検索サービス J-WID 検索結果