メインメニューを開く

セクシャルバイオレットNo.1」(セクシャルバイオレットナンバーワン)は、桑名正博の4枚目のシングル1979年7月21日にRVC(現:Ariola Japan)から発売された。

セクシャルバイオレットNo.1
桑名正博シングル
初出アルバム『コミュニケーション』
B面 You're my baby
リリース
規格 シングルレコード
ジャンル ポップス
時間
レーベル RVC
作詞・作曲 松本隆(作詞)
筒美京平(作曲)
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン[1]
  • 1979年9月度月間4位(オリコン)[2]
  • 1979年10月度月間1位(オリコン)[2]
  • 1979年11月度月間6位(オリコン)[2]
  • 1979年度年間18位(オリコン)[3]
  • 1位(ザ・ベストテン
桑名正博 シングル 年表
スコーピオン
(1979年)
セクシャルバイオレットNo.1
1979年
THE SUPER STAR
(1979年)
テンプレートを表示

目次

解説編集

ファニー・カンパニーのフロントマンとしてデビューした後にソロ歌手として再デビューした桑名正博の代表曲。当時の日本のロックはどんづまりで[4]、"ロック界のヒデキ(西城秀樹)"を作ろうというコンセプトで楽曲が製作された[4]1979年カネボウキャンペーンCMソングとして起用され、作詞松本隆作曲筒美京平のコンビでA・B面共に制作したシングルがヒットを記録した。

このときのカネボウのキャンペーンCMソング歌手の選出は、沢田研二松山千春が本命といわれていた中、ディレクターの小杉理宇造の働きかけにより、最終的に桑名に決定された[5]

当時、化粧品CMソングは日本のポピュラー音楽シーンにおいて重要なポジションを占めており、本作もヒットを記録し、オリコンチャートでも3週に渡り1位を記録した。累計売上は60万枚を超える[5]

この曲のヒットによって、桑名はテレビの音楽番組にも積極的に出演。TBSテレビ『ザ・ベストテン』では「銀河鉄道999」(ゴダイゴ)の8週連続1位を阻止する形で1位を獲得。ただしフジテレビ夜のヒットスタジオ』では、番組提供スポンサーがカネボウの競合企業である資生堂だったため、この曲の披露は一度も無かった。後年も本人が音楽番組で往年のヒット曲として歌唱することが度々あった。

オリコンチャート1位は、本作の前がさだまさしの「関白宣言」、本作の次が同じくさだの「親父の一番長い日」だった[1][6]。本作が1位になっている間も、さだの曲は2位をキープ[1]。本作はさだの「同一歌手による別作品での連続チャート1位」[7]を阻止したことになる。

収録曲編集

  1. セクシャルバイオレットNo.1
  2. You're my baby

収録アルバム編集

  • コミュニケーション (#1、#2)
  • NEW BEST (#1)
  • セクシャルヴァイオレットNO.1〜桑名正博 RCA BEST COLLECTION (#1)
  • GOLDEN☆BEST 桑名正博〜RCA/AIR YEARS (#1、#2)
  • 桑名正博35周年BEST「Masahiro Kuwana Tracks on」 (#1)
  • GOLDEN☆BEST 桑名正博 -MASAYAN 40Years- (#1)

カバー編集

セクシャルバイオレットNo.1

脚注編集

  1. ^ a b c オリコンランキング情報サービス「you大樹」
  2. ^ a b c 『オリコン年鑑 1980年版』オリジナルコンフィデンス、1980年6月、12-14頁。
  3. ^ 『オリコン年鑑 1980年版』オリジナルコンフィデンス、1980年6月、18頁。
  4. ^ a b 村田久夫・小島智編「桑名正博インタビュー」『日本のポピュラー史を語る―時代を映した51人の証言』シンコーミュージック、1999年、188頁。ISBN 4-401-613-40-6
  5. ^ a b 富澤一誠『フォーク名曲事典300曲〜「バラが咲いた」から「悪女」まで誕生秘話〜』ヤマハミュージックメディア、2007年、528-529頁。ISBN 978-4-636-82548-0
  6. ^ オリコン週間シングルチャート第1位 1979年
  7. ^ 当時シングルチャートでは藤圭子ピンク・レディーしか達成していない記録であった。

関連項目編集

外部リンク編集