セコとは、2,3歳ぐらいの子供の妖怪で、河童が山に登ったものとされる[1]鹿児島県以外の九州地方島根県隠岐郡に伝わっている[2]

概要編集

外観は一般には、頭を芥子坊主にした子供のようだとも、猫のような動物とも、姿が見えないともいう。島根の隠岐諸島では1歳ほどの赤ん坊のような姿で、一本足ともいう。古書『観恵交話』では、一つ目で体毛がないが、それ以外は人間そっくりとされる。但し民間伝承上においては、セコが一つ目という伝承は見受けられない[2]

妖怪漫画家・水木しげるによる妖怪画では、一つ目と二つ目のものが存在する。夜中に、山を歩いていると、楽しそうな声や音が聞こえるのは、このセコによるものとされる。夜は木の周りで踊っているという。

人に対して様々な悪戯を働くともいう。島根県では石を割る音や岩を転がす音をたてるという[3]宮崎県では山中で山鳴りや木の倒れる音をさせたり、山小屋を揺すったりするという。大分県では山道を歩く人の手や足をつかんでからかう[4]、牛馬に憑く[5]、人をだまして道に迷わせる、怪我を負わせる、人が山に入るときに懐に焼き餅を入れていると、それを欲しがるなどといわれる[6]。前述の『観恵交話』では20~30人ほどで連れ立ち、大工の墨壺を欲しがるという[2]。基本的にこちらから手を出さない限り直接的な害はないが、悪戯を受けた際は鉄砲を鳴らす、経を読む、「今夜は俺が悪かった」などと言い訳をするなどの方法が良いという。セコはイワシが嫌いなため「イワシをやるぞ」と言うのも効果があるという[2]

山と川を移動するとき「ヒョウヒョウ」「キチキチ」「ホイホイ」などと鳴くという。この「ホイホイ」は、狩猟で獲物を刈り出す勢子(せこ)の掛け声「ほーい ほーい」を真似ており、セコの名はこの勢子が由来とされる[4]。大分では日和の変わり目に群れをなして「カッカ」と鳴きながら山を登るといい[6]、セコが通る道に家を建てると、家の中には入ってこないがその家が揺すられたり[4]、石を投げつけられたりするという[2]

熊本県では、セコは老人のような声から子供のような声まで出し、木こりはその声によってセコの機嫌を知るという[7]

島根県隠岐諸島では、セコはカワコ(河童)が秋の彼岸に山に入ったものとされる[2]。「ヨイヨイ」「ホイホイ」「ショイショイ」などと鳴き、イタチのように身が軽いので、こちらで鳴き声が聞こえたかと思えば、すぐに別のほうからも鳴き声が聞こえるという[4]。足跡は1歳ほどの赤ん坊のものに似ているという[4]。また、セコは年老いた河童のことで、川や溝を一本足で歩くともいわれる[2]

宮崎県米良地方ではカリコボーズとも呼ばれており、西米良村で1996年度に「ホイホイくん」の名でイメージキャラクターに決定している[8]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 石川純一郎『河童の世界』時事通信社、1985年、新版、183頁。ISBN 978-4-7887-8515-1
  2. ^ a b c d e f g 村上健司編著『妖怪事典』毎日新聞社、2000年、201頁。ISBN 978-4-620-31428-0
  3. ^ 千葉幹夫『全国妖怪事典』小学館〈小学館ライブラリー〉、1995年、172頁。ISBN 978-4-09-460074-2
  4. ^ a b c d e 今野円輔編著『日本怪談集 妖怪篇』社会思想社〈現代教養文庫〉、1981年、72-75頁。ISBN 978-4-390-11055-6
  5. ^ 多田克己『幻想世界の住人たち IV 日本編』新紀元社〈Truth in fantasy〉、1990年、119頁。ISBN 978-4-915146-44-2
  6. ^ a b 千葉幹夫『妖怪お化け雑学事典』講談社、1991年、273頁。ISBN 978-4-06-205172-9
  7. ^ 『全国妖怪事典』、235頁。
  8. ^ 宮崎県西米良村イメージキャラクター「カリコボーズ」”. 西米良村商工会. 2009年7月18日閲覧。

関連項目編集