セサール・チャベス

セサール・エストラダ・チャベス英語: César Estrada Chávez1927年3月31日 - 1993年4月23日)は、アメリカ合衆国労働運動家

1972年

セザール・チャベスセサル・チャベスとも表記される。

生涯編集

1927年3月31日、アメリカ合衆国アリゾナ州ユマにて、チカーノの農家の元に生まれた。1938年カリフォルニア州に移住し、家族ともに農場で転々とした。1942年に8年を最後に学業をやめ、母親の代わりに農場で働き始めた。 第2次世界大戦が進行された1944年には海軍に入隊して軍服務を終えた後、故郷に戻り1948年に結婚した[1]。1962年に全国農場労働者協会(NFWA)を結成した。 組織した全国農場労働者協会はのち1966年に米国農場労働者連合(UFW)に拡大された。 亡くなるまでこの協会の会長を務めた。1993年4月23日に死去。

カリフォルニア州においてはでは誕生日である3月31日をセサール・チャベスの日と称えている[2]

脚注編集

  1. ^ 시저 차베스 치카노 출신 소수계 위한 민권 운동가
  2. ^ 세자르 차베스 기일