メインメニューを開く

セシル・マクビーCecil McBee, 1935年5月19日 オクラホマ州タルサ - )はアメリカ合衆国ポスト・バップジャズダブルベース奏者。『ギネス・フーズ・フー・オブ・ジャズ』第2版(コリン・ラーキン編集、1995年刊)においては、「"a full-toned bassist who creates rich, singing phrases in a wide range of contemporary jazz contexts."」 と、また、Allmusicにおいては「ポスト・バップ・ジャズの最も進歩的で多才なベース奏者[1]」と評されている。1975年に自身のグループを結成して多数のリーダー・アルバムを録音したが、サイドマンとしての活動でとりわけ名高く、今なお現役のセッションマンとして多くのジャズ・ミュージシャンから引く手あまたである。

セシル・マクビー
(Cecil McBee)
生誕 (1935-05-19) 1935年5月19日(84歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 オクラホマ州タルサ
ジャンル ポスト・バップジャズ
職業 弦楽器奏者
担当楽器 ダブルベース
共同作業者 ダイナ・ワシントンポール・ウィンターマイルス・デイヴィスアンドリュー・ヒルサム・リヴァースジャッキー・マクリーンウェイン・ショーターチャールズ・ロイドユセフ・ラティーフキース・ジャレットフレディ・ハバードウディ・ショウアリス・コルトレーン

目次

略歴編集

学生時代にクラリネットを学ぶが、17歳でダブルベースに転向して地元のナイトクラブで演奏し始める。オハイオ州中央大学において音楽で学位を取得した後、2年間兵役に就くが、その間もフォート・ノックスのバンドを指揮した。1959年ダイナ・ワシントンと共演。

1962年デトロイトに移って、1963年から1964年までポール・ウィンターフォークロック・バンドと共演している。ジャズに本気で取り組むようになるのは1960年代半ばのことであり、ニューヨークに移ってから、マイルス・デイヴィスアンドリュー・ヒルサム・リヴァースジャッキー・マクリーンウェイン・ショーターチャールズ・ロイドユセフ・ラティーフフレディ・ハバードウディ・ショウキース・ジャレットアリス・コルトレーンらと演奏および録音を行なった。

ベニー・モウピンマイク・ノックエディ・マーシャルと共にバンド「アルマナック(Almanac)」を結成し、1977年にセルフタイトル・アルバムを発表した。

ボストンニューイングランド音楽院において教鞭を執っている。

ディスコグラフィ編集

リーダー作品編集

サイドマン作品編集

ジャッキー・マクリーンと共演

ウェイン・ショーターと共演

  • エトセトラ - Et Cetera(1965年録音)(Blue Note) 1980年
  • オデッセイ・オブ・イスカ - Odyssey of Iska(1970年録音)(Blue Note) 1971年

ファラオ・サンダースと共演

アルマナックとしてベニー・モウピンらと共演

  • Almanac(1977年録音)(Improvising Artists) 1977年

アーチー・シェップと共演

  • レディ・バード - Lady Bird(1978年録音)(DENON)1979年

マッコイ・タイナーと共演

関連項目編集

註釈編集

外部リンク編集