メインメニューを開く
セシル家の紋章のエスカッシャン部分

セシル家英語: Cecil family)は、イギリスの貴族の家系。

エリザベス1世の宰相の初代バーリー男爵ウィリアム・セシルを祖とし、その長男初代エクセター伯爵トマスの家系(エクセター伯爵・エクセター侯爵家)と次男初代ソールズベリー伯爵ロバートの家系(ソールズベリー伯爵・ソールズベリー侯爵家)の2つの系統から成る。

またエクセター侯爵家の分流にハックニーのアマースト男爵家、ソールズベリー侯爵家の分流にロックリー男爵家が存在する。

歴史編集

 
第3代ソールズベリー侯爵ロバート・ガスコイン=セシル

ウィリアム・セシル(1521–1598)の祖父デイヴィッド・セシル英語版(1460頃-1540?)ヘレフォードシャーヨーマン(独立自営農民)であり、1485年ボズワースの戦いではヘンリー・オブ・テューダー(ヘンリー7世)側で馳せ参じている。その後テューダー朝が始まるとリンカンシャースタンフォード英語版を本拠とするようになり、近隣の王母マーガレット・ボーフォートの領地を管理を任された[1]

デイヴィッドの息子リチャード・セシル英語版(?-1553)も衣装担当宮内官として宮廷に仕えた[2]

リチャードの息子がウィリアム・セシルだった。彼は庶民院議員に当選し、宮廷内でもヘンリー8世エドワード6世のもとで秘書官として活躍。カトリックのメアリー1世の時代には官職を避けたが、1558年エリザベス1世が即位するとその国王秘書長官英語版となり、以降40年にわたって宰相としてエリザベスを支え続けた[3]。その間の1571年2月25日にはエリザベスから「カウンティ・オブ・ノーザンプトンにおけるバーリー男爵(Baron Burghley, in the County of Northampton)」に叙せられている[4]

初代バーリー卿には長男トマス(1542–1623)と次男ロバート(1565–1612)という2人の息子があった。トマスは庶民院議員を務めたものの父から政治の才能を認められず、父の政治的立場を引き継いで宰相となったのはロバートだった[5]

ステュアート朝になった後の1605年5月4日ジェームズ1世はセシル兄弟に同時に伯爵位を与えた。それが「エクセター伯爵(Earl of Exeter)」(トマス)と「ソールズベリー伯爵(Earl of Salisbury)」(ロバート)だった[6][7]

エクセター伯爵家は初代バーリー卿が建設したバーリー・ハウス英語版を相続して代々の本拠とした[8]。一方ソールズベリー伯爵家はジェームズ1世との邸宅交換でハートフォードシャーにあるハットフィールド・ハウスを手に入れ、そこを代々の本拠としている[9]

ソールズベリー伯爵家は7代ソールズベリー伯ジェイムズ(1748-1823)の代の1789年8月25日にソールズベリー侯爵に叙せられた[10]。一方エクセター伯爵家は10代エクセター伯ヘンリー・セシル(1754–1804)の代の1801年2月4日に至って「エクセター侯爵(Marquess of Exeter)」に叙せられている[11]

ソールズベリー侯爵家は2代ソールズベリー侯ジェイムズ(1791-1868)の代の1821年3月にガスコイン家との結婚を機に勅許を得て「ガスコイン=セシル」と改姓している[12]

ソールズベリー侯爵家はヴィクトリア朝期に三度に渡って首相(在職1885-1886、1886-1892,1895-1902)を務めた3代ソールズベリー侯ロバート・ガスコイン=セシル(1830-1903)を輩出した。彼はボーア戦争日英同盟時の首相として知られる。彼の登場以降ソールズベリー侯爵家はイギリス政界の中心的存在となり、国際連合創設への貢献でノーベル平和賞を受賞した初代チェルウッドのセシル子爵ロバート・ガスコイン=セシル(1864-1958)(3代侯の三男)や貴族院の停止的拒否権を制限する「ソールズベリー慣行」を確立する5代ソールズベリー侯ロバート・ガスコイン=セシル(1893-1972)等を輩出する。

一方エクセター侯爵家の方は政界での目立った活躍はなかったが、6代エクセター侯デイヴィッド・セシル(1905–1981)は襲爵前に陸上競技選手として鳴らし、1928年アムステルダム五輪では金メダルを獲得している[8]

分流としてはエクセター侯爵家にハックニーのアマースト男爵家、ソールズベリー侯爵家にロックリー男爵家がそれぞれ存在する。アマースト男爵位はウィリアム・ティッセン=アマースト1892年に叙されたのに始まるが[13]、彼の娘で爵位を女系継承した第2代アマースト女男爵メアリー(1857–1919)が3代エクセター侯ウィリアム英語版(1825–1895)の三男ウィリアム卿英語版(1854-1943)と結婚した結果、セシル家によって継承される爵位となったものである[14]。2015年現在5代目を数える。

ロックリー男爵位は2代ソールズベリー侯の三男ユースタス英語版(1834-1921)の子イヴリン(1865-1941)が1934年にロックリー男爵に叙せられたのに始まっている[15]。2015年現在4代目である。

系図編集

 
 
 
 
 
 
 
 
初代バーリー男爵
ウィリアム
(1520-1598)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
初代エクセター伯
2代バーリー男爵
トマス
(1542-1623)
 
 
 
 
 
初代ソールズベリー伯
ロバート
(1563-1612)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2代エクセター伯
ウィリアム英語版
(1566-1640)
 
リチャード英語版
(1570-1633)
 
初代ウィンブルドン子爵
エドワード英語版
(1572-1638)
 
2代ソールズベリー伯
ウィリアム
(1591-1668)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
3代エクセター伯
デイヴィッド英語版
(1600頃–1643)
 
 
 
 
 
チャールズ英語版
(1619-1660)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
4代エクセター伯
ジョン英語版
(1628–1678)
 
 
 
 
 
3代ソールズベリー伯
ジェイムズ英語版
(1648-1683)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
5代エクセター伯
ジョン
(1648頃–1700)
 
 
 
 
 
4代ソールズベリー伯
ジェイムズ英語版
(1666-1694)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
6代エクセター伯
ジョン
(1674–1721)
 
 
 
 
 
5代ソールズベリー伯
ジェイムズ
(1691–1728)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
7代エクセター伯
ジョン
(1700頃–1722)
 
8代エクセター伯
ブラウンロー
(1701–1754)
 
 
 
 
 
6代ソールズベリー伯
ジェイムズ
(1713–1780)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
9代エクセター伯
ブラウンロー英語版
(1725–1793)
 
トマス
(1728–1778)
 
 
 
 
 
初代ソールズベリー侯
7代ソールズベリー伯
ジェイムズ
(1748-1823)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
初代エクセター侯
10代エクセター伯
ヘンリー
(1754–1804)
 
 
 
 
 
2代ソールズベリー侯
ジェイムズ
(1791-1868)
(以下ガスコイン=セシル姓)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2代エクセター侯
ブラウンロー英語版
(1795–1867)
 
 
 
 
 
3代ソールズベリー侯
ロバート(首相)
(1830-1903)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ユースタス英語版
(1834-1921)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
3代エクセター侯
ウィリアム英語版
(1825–1895)
 
初代アマースト男爵
ウィリアム
ティッセン=アマースト

(1835-1909)
 
4代ソールズベリー侯
ジェイムズ
(1861-1947)
 
初代セシル子爵
ロバート
(1864-1958)
 
初代クイックスウッド男爵
ヒュー英語版
(1869-1956)
 
初代ロックリー男爵
イヴリン
(1865-1941)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
4代エクセター侯
ブラウンロー英語版
(1825–1895)
 
ウィリアム英語版
(1854-1943)
 
2代アマースト女男爵
メアリー
(1857–1919)
 
5代ソールズベリー侯
ロバート
(1893-1972)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2代ロックリー男爵
ロバート
(1901-1976)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
5代エクセター侯
ウィリアム英語版
(1876–1956)
 
 
 
ウィリアム
(1886–1914)
 
 
 
6代ソールズベリー侯
ロバート
(1916-2003)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
3代ロックリー男爵
ジェイムズ
(1934-2011)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
6代エクセター侯
デイヴィッド
(1905–1981)
 
7代エクセター侯
マーティン英語版
(1909–1988)
 
3代アマースト男爵
ウィリアム
(1912–1980)
 
7代ソールズベリー侯
ロバート
(1946-)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
4代ロックリー男爵
アンソニー
(1961-)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
8代エクセター侯
マイケル英語版
(1935-)
 
4代アマースト男爵
ウィリアム
(1940–2009)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
5代アマースト男爵
ヒュー
(1968–)
 

脚注編集

注釈編集

出典編集

  1. ^ 石井美樹子 2009, p. 217.
  2. ^ 石井美樹子 2009, p. 218.
  3. ^ 石井美樹子 2009, p. 217-220.
  4. ^ Lundy, Darryl. “William Cecil, 1st Baron of Burghley” (英語). thepeerage.com. 2015年3月13日閲覧。
  5. ^ ヒバート & 1998下巻, p. 205-206.
  6. ^ Jessopp, Augustus (1887). "Cecil, Thomas (1542-1622)" . In Stephen, Leslie. Dictionary of National Biography (in English). 9. London: Smith, Elder & Co. pp. 404–405.
  7. ^ Jessopp, Augustus (1887). "Cecil, Robert" . In Stephen, Leslie. Dictionary of National Biography (in English). 9. London: Smith, Elder & Co. pp. 400–404.
  8. ^ a b History & Timeline” (英語). Burghley. 2015年3月10日閲覧。
  9. ^ 青木道彦 2000, p. 50.
  10. ^ Lundy, Darryl. “James Cecil, 1st Marquess of Salisbury” (英語). thepeerage.com. 2015年3月13日閲覧。
  11. ^ Lundy, Darryl. “Henry Cecil, 1st Marquess of Exeter” (英語). thepeerage.com. 2015年3月10日閲覧。
  12. ^ Lundy, Darryl. “James Brownlow William Gascoyne-Cecil, 2nd Marquess of Salisbury” (英語). thepeerage.com. 2015年3月13日閲覧。
  13. ^ Lundy, Darryl. “William Amhurst Tyssen-Amherst, 1st Baron Amherst of Hackney” (英語). thepeerage.com. 2015年3月13日閲覧。
  14. ^ Lundy, Darryl. “Colonel Lord William Cecil” (英語). thepeerage.com. 2015年3月13日閲覧。
  15. ^ UK Parliament. “Sir Evelyn Cecil” (英語). HANSARD 1803–2005. 2015年3月13日閲覧。

参考文献編集