セタール

イランの三弦の楽器。タンブールの子孫で、イスラム教とともに各地へ広がった。

セタール(setar、سه‌تار)はイランの楽器。リュート属の楽器で、ペルシア語で三弦という意味である。タンブール英語版の子孫で、イスラム教の普及とともにイランから各地へ広がっていった。約250年ほど前に4本目の弦が加えられた。インドシタールと混同されやすいが、全く別の楽器である。

セタール