セツナレンサ」は、RADWIMPS2006年11月8日にリリースしたメジャー5枚目、通算8枚目のシングルである。

セツナレンサ
RADWIMPSシングル
初出アルバム『RADWIMPS 4〜おかずのごはん〜
B面 バイ・マイ・サイ
リリース
規格 シングル
録音 STUDIO TERRA
ジャンル ロック
時間
レーベル Virgin Music
作詞・作曲 野田洋次郎
チャート最高順位
RADWIMPS シングル 年表
有心論
(2006年)
セツナレンサ
(2006年)
オーダーメイド
(2008年)
RADWIMPS 4 〜おかずのごはん〜 収録曲
遠恋
(6)
セツナレンサ
(7)
いいんですか?
(8)
EANコード

EAN 4988006208988
(TOCT-40060)

ミュージックビデオ
「セツナレンサ」 - YouTube
テンプレートを表示

背景

編集

2005年12月に「3枚シングルとアルバムを出す」という話が出ていたことに乗っかる形でシングルのリリースが決定[2]。シングルの候補に挙がっていた楽曲のなかで一番、前々作「ふたりごと」と前作「有心論」で築いたイメージを壊せて、さらに上に何か乗せられるのが「セツナレンサ」だった、と野田は語っている[2]

ミュージックビデオ

編集
セツナレンサ
監督:須藤カンジ
ミュージックビデオ集『RADWIMPS4.5』(2007年2月7日発売)に収録され[3]、2009年7月1日にはYouTubeで公開された[4]

チャート成績

編集

バンド初となるオリコンTOP10入りを果たした[5]

収録内容

編集
CD[6][7]
全作詞・作曲: 野田洋次郎、全編曲: RADWIMPS
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.「セツナレンサ」野田洋次郎野田洋次郎
2.「バイ・マイ・サイ」野田洋次郎野田洋次郎
合計時間:

楽曲について

編集
  1. セツナレンサ
    RADWIMPS 4~おかずのごはん~』制作時にできた楽曲。一度録りなおした際に野田がシングル化を提案した[2]。10人を越える編成を組んで、再度録りなおしたが、野田は「違う」と感じてお蔵入りになった。他にもたくさんのバージョンがあった[2]
    英語で速いラップ調のメロディーから始まるのに対し、サビはゆっくりと重い日本語の詞となる。歌詞にはエディ・マーフィガリレオ・ガリレイ、ハリウッドが登場する。野田曰く、「サビで盛り下がるところがツボ」。
    タイトルには、「切な連鎖(切なさ連鎖)」と「刹那連鎖」の両方の意味がある。
    MUSIC ON! TV 2006年11月期 Recommend。
  2. バイ・マイ・サイ
    タイトルは、"by my side"の発音をカタカナにしたもの[7]。ほぼ英詞[7]
    2016年には熊本地震の被災地支援として、ONE OK ROCKのTakaと共に歌った当楽曲を配信し、収益は全額被災地に寄付された。
    近年日本国内のライブで演奏される事は稀だが、2018年の「RADWIMPS Asia Live Tour 2018」にて海外公演のアンコールで演奏された。
    2022年には公式TikTokにて野田が弾き語っている様子を披露した。

参加ミュージシャン

編集

RADWIMPS

編集
野田洋次郎 - Vocal & Guitar
桑原彰 - Guitar & Chorus
武田祐介 - Bass & Chorus
山口智史 - Drums & Chorus

出典

編集