メインメニューを開く

セツブンソウ属(セツブンソウぞく、学名:Eranthis、和名漢字表記:節分草属)は、キンポウゲ科の1つ[1]

セツブンソウ属
Eranthis pinnatifida 1.JPG
分類APG IV
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
: キンポウゲ目 Ranunculales
: キンポウゲ科 Ranunculaceae
: セツブンソウ属 Eranthis
学名
Eranthis Salisb.[1][2]
タイプ種
Eranthis hyemalis (L.) Salisb.[3]
和名
セツブンソウ属
英名
winter aconite
  • 本文参照

目次

特徴編集

早春植物。地下に球状になる塊茎か細長い根茎のある多年草根出葉は1-2個あり、または無く、長い葉柄があり、葉身は3全裂して裂片はさらに切れ込む。に無柄で茎葉が2個輪生し、葉身は掌状に分裂する。この茎葉を苞葉ということもある。は両性で、放射相称、茎先に単生し、白色、黄色、紅紫色がある。片は花弁状でふつう5-8個ある。花弁は萼片内の小さなものでふつう5-10個あり、橙黄色で、花弁の先端部分が広がった舷部と長い柄からなり、舷部の先端はふつう2裂するか、または全縁となり、蜜腺があって蜜を分泌する。雄蕊は10個または多数ある。雌蕊は2-5個あり、短い柄がある。果実は袋果となり、種子は円盤状になり、表面に網目状の模様があるか滑らかである[1][2][4]

分布編集

ユーラシア大陸に8-9種あり、南ヨーロッパ中央アジアから中国大陸朝鮮半島、ロシア沿海地方、日本に分布する[1]。日本産のものは日本固有種である[5]

名前の由来編集

属名 Eranthis は、ギリシャ語で er(春)+ anthos(花)からなる語[6]

かつて、この属の属名とされた Shibateranthis は、属内分類群名(節 sect. )に使用されている[5]

また、セツブンソウ属の英名は winter aconite という。これは、「冬のトリカブト」の意味であり、春早く1月には開花し、葉が同科トリカブト属のセイヨウトリカブト Aconitum napellus L. によく似ていることによる[1]

編集

日本に分布する種編集

  • セツブンソウ(節分草)Eranthis pinnatifida Maxim.[7] - 塊茎が球状になる多年草。茎の高さは10-30cm。花弁状の萼片は白色。花弁は橙黄色で5-10個あり先が2裂する。雄蕊は多数あり葯は淡紫色。本州(関東地方以西)の特産で、まばらな温帯夏緑林の林床などに生育する。石灰岩地を好む[1]。準絶滅危惧(NT)(環境省、2017年)。

その他の種編集

学名は、Eranthis, The Plant Listから

  • Eranthis albiflora Franch.
  • Eranthis cilicica Schott & Kotschy
  • Eranthis hyemalis (L.) Salisb. - キバナセツブンソウ
  • Eranthis lobulata W.T.Wang
  • Eranthis longistipitata Regel
  • Eranthis pungdoensis B.U.Oh
  • Eranthis sibirica DC.
  • Eranthis stellate Maxim. - チョウセンセツブンソウ

ギャラリー編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 『改訂新版 日本の野生植物2』p.152
  2. ^ a b Eranthis Salisbury, Trans. Linn. Soc. London, Bot. 8: 303. 1807. , Flora of China
  3. ^ Eranthis Salisb., Tropicos
  4. ^ 『日本の野生植物 草本II 離弁花類』p.61
  5. ^ a b 『日本の固有植物』p.54
  6. ^ 『新牧野日本植物圖鑑』p.1293
  7. ^ セツブンソウ、「BG Plants 和名-学名インデックス」(YList)

参考文献編集