セバスティアン・イラディエル

スペインの作曲家

セバスティアン・イラディエルSebastián Yradier, 1809年1月20日 - 1865年12月6日)はスペイン作曲家。本名は、セバスティアン・デ・イラディエル・イ・サラベリSebastián de Iradier y Salaverri またはサルベリ Salberri)。バスク地方アラバにあるランツィエゴ出身。Yradierという綴りは、パリの出版社に強いられて用いた。[要出典]

セバスティアン・イラディエル
BerinHader

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

9歳でサンタ・マリア・デ・ビトリア大聖堂の旧附属教会の合唱団に入り、16歳でビトリアのサンミゲル教会のオルガニスト、2年後にサルバティエラ/アグラインのサンフアン・バウティスタ教会のオルガニストの職を得た。1833年にマドリードに出て作曲を学習した[1]。マドリードの王立音楽院ソルフェージュの教授となり[2]、この時代に後にナポレオン3世の皇妃となるエウヘニア・デ・モンティホの歌の教師をつとめている[1]

イラディエルは精力的にパリロンドンロシアドイツニューヨークキューバなどの各地を旅行し、生前は貴族社会や芸術家の間でよく知られていた[1]。1864年には25曲を集めた『スペインの花』(Fleurs d'Espagne)がパリで出版された[3]

目の病を得てビトリアに戻り、そこで1865年に死亡した。56歳だった[1]

もっぱらハバネラの作曲家として有名で、キューバ訪問後の1860年ごろに作曲した《ラ・パロマ》がとりわけ名高い。この楽曲は、スペイン米国メキシコで人気となり、ハバネラの知名度に貢献した。イラディエルのハバネラ《 El arreglito》を、ビゼーはスペインの民族音楽と誤解して、歌劇《カルメン》の有名なアリア恋は野の鳥」に流用した。エドゥアール・ラロスペイン交響曲第3楽章の旋律をイラディエルのハバネラ《La negrita》から取っている[4]

脚注編集

  1. ^ a b c d Txaro Cárdenas (2015-09-10), Rescatando a Sebastián Iradier del olvido, Moon Magazine, https://www.moonmagazine.info/rescatando-a-sebastian-iradier/ 
  2. ^ Dionisio Preciado (1984). “Sebastián de Iradier (1809-1865), organista y «sacristán mayor», en Salvatierra de Álava”. Revista de Musicología 7 (1): 125-170. doi:10.2307/20794925. JSTOR 20794925. 
  3. ^ Fuld, James J. (2000) [1966], “La Paloma”, The Book of World-Famous Music (5th ed.), Dover Publications, pp. 420-421, ISBN 0486414752 
  4. ^ Lola San Martín Arbide (2020). “Carmen at Home: Between Andalucia and the Basque Provinces, 1845 to 1936”. In Richard Langham Smith & Clair Rowden. Carmen Abroad: Bizet's Opera on the Global Stage. Cambridge University Press. p. 327. ISBN 9781108481618 

外部リンク編集