セバスティアン・レリオ

この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はレリオ第二姓(母方の)はワットです。

セバスティアン・レリオ・ワットSebastián Lelio Watt, 1974年3月8日[1] - )は、チリ映画監督脚本家映画プロデューサー編集技師

セバスティアン・レリオ
Sebastián Lelio
Sebastián Lelio
ベルリン国際映画祭にて(2017年)。
本名 Sebastián Lelio Watt
生年月日 (1974-03-08) 1974年3月8日(48歳)
出生地 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
メンドーサ州メンドーサ
出身地  チリ
バルパライソ州ビニャ・デル・マール
国籍  チリ
職業 映画監督脚本家映画プロデューサー編集技師
主な作品
グロリアの青春
ナチュラルウーマン
 
受賞
アカデミー賞
外国語映画賞
2017年ナチュラルウーマン
ベルリン国際映画祭
銀熊賞(脚本賞)
2017年『ナチュラルウーマン』
テディ賞
2017年『ナチュラルウーマン』
エキュメニカル審査員賞
2013年グロリアの青春
アリエル賞
イベロアメリカ映画賞
2013年グロリアの青春
2017年『ナチュラルウーマン』
ゴヤ賞
イベロアメリカ映画賞
2017年『ナチュラルウーマン』
その他の賞
インディペンデント・スピリット賞
外国映画賞
2017年『ナチュナルウーマン』
テンプレートを表示

生い立ち編集

アルゼンチンメンドーサで生まれ、2歳の時に母親と共にチリのビニャ・デル・マールに移る。レリオは自身の幼少期を「遊牧民」と表現しており、「21歳までにチリの色んな都市を移り渡っていた。アメリカと、母方の家族の出身地のビニャ・デル・マールにも住んだことがある。(中略)同じ都市に2、3年以上過ごしたことが無かった」と説明した[2]

出生時の姓がレリオである彼は後に養父と同じカンポに変更したが、1本目の映画を公開した後に実父と同じレリオに戻した [3]

キャリア編集

アンドレス・ベーリョ国立大学英語版でジャーナリズムを1年学んだ後、チリ映画学校を卒業する。彼は多くの短編映画やミュージックビデオを監督した。2003年、彼はアメリカ同時多発テロ事件の未編集資料を基にしたドキュメンタリー『Cero』をカルロス・フエンテスと共同で監督し、公開する。また様々な社会経済的背景からチリの家庭の日常を追ったドキュメンタリー番組『Mi mundo privado』を2シーズンにわたって監督し、アルツァーゾア賞英語版エミー賞にノミネートされた[4][5]

2005年、長編映画監督デビュー作『La Sagrada Familia』がサン・セバスティアン国際映画祭で初演される。撮影3日間、編集に1年以上をかけたこの映画は100以上の映画祭で上映され、国内外の多くの賞を獲得した。2009年に長編監督2作目『Navidad』がカンヌ国際映画祭で上映される[6]

2011年には監督第3作『デストロイ8.8英語版』がロカルノ国際映画祭で初演される[7]。この作品では2010年のチリ地震後に脱獄した囚人が描かれる[8]

2012年に長編4作目『グロリアの青春』がサン・セバスティアン国際映画祭でプログレス賞を獲得する[9]。同作は2013年のベルリン国際映画祭コンペティション部門で初演され、主演のパウリナ・ガルシア英語版女優賞を獲得する[10]

2017年には長編監督第5作『ナチュラルウーマン』が公開され、第90回アカデミー賞でチリ代表作としては初めて外国語映画賞を獲得する[11]

フィルモグラフィ編集

長編映画編集

短編映画編集

  • 4 (1995) 監督・脚本
  • Cuatro (1996) 監督・脚本
  • Smog (2000) 監督・脚本
  • Fragmentos urbanos (2002) 監督・脚本
  • Ciudad de maravillas (2002) 監督・脚本
  • Carga vital (2003) 監督・脚本

出典編集

  1. ^ Sebastián Lelio profile, Cinechile.cl; retrieved 25 February 2013.
  2. ^ Ernesto Garratt Viñes. Sebastián Lelio: Hacer 'Gloria' fue entrar a un mundo desconocido, Wikén magazine from El Mercurio, 1 February 2013.
  3. ^ Ernesto Garratt Viñes. Sebastián Lelio: Hacer 'Gloria' fue entrar a un mundo desconocido, Wikén magazine from El Mercurio, 1 February 2013; accessed 2 February 2013.
  4. ^ Fernando Lavanderos y Sebastián Lelio, Premioaltazor.cl; retrieved 16 March 2013.
  5. ^ “Mi mundo privado”, semifinalista de los premios EMMY, Terra.cl, 24 September 2006; retrieved 16 March 2013.
  6. ^ Cineasta chileno presentó hoy en Cannes su película Navidad. La Tercera. 21 May 2009; retrieved 16 March 2013.
  7. ^ Mañana se exhibe el año del tigre en festival de Toronto. 9 September 2011. Retrieved 16 March 2013.
  8. ^ Chile's earthquake stars in new film by Sebastián Lelio, thisischile.cl, 5 June 2012; retrieved 16 March 2013.
  9. ^ Films in Progress Awards. Sansebastiánfestival.com; retrieved 16 March 2013.
  10. ^ Chilean Paulina García wins best actress at Berlin Film Fest. This is Chile. 27 February 2013; retrieved 16 March 2013.
  11. ^ “In a first, ‘Fantastic Woman’ wins Oscar with transgender lead”. NBC News. https://www.nbcnews.com/feature/nbc-out/first-fantastic-woman-wins-oscar-transgender-lead-n853626 2018年3月6日閲覧。 

外部リンク編集