セバスティアン・ヴァイグレ

セバスティアン・ヴァイグレ(Sebastian Weigle, 1961年 - )は、ドイツ指揮者

セバスティアン・ヴァイグレ
Sebastian Weigle
生誕 1961年????
出身地 東ドイツの旗 東ドイツ ベルリン
学歴 ハンス・アイスラー音楽大学
ジャンル クラシック音楽
職業 ホルン奏者、指揮者
担当楽器 ホルン
公式サイト 公式ページ
画像外部リンク
Sebastian Weigle in rehearsal for Hansel and Gretel, The Royal Opera

人物・来歴編集

1961年、ベルリン生まれ。

東ベルリンハンス・アイスラー音楽大学ホルンピアノ及び指揮を学んだ後、ベルリン国立(州立)歌劇場管弦楽団で15年間首席ホルン奏者を務めた。

1997年、同楽団の第1カペルマイスターとなり、またドレスデンフランクフルトウィーン、ニューヨーク・メトロポリタン、ほか多数の歌劇場で客演した。

2003年、フランクフルト歌劇場とのリヒャルト・シュトラウス影のない女』で年間最優秀指揮者(「Opernwelt」紙)に選ばれる。2004年よりスペイン・バルセロナリセウ大劇場音楽総監督を務め、意欲的な公演の数々で同劇場に世界的注目を集める。2008年よりフランクフルト歌劇場の音楽総監督を務める。

2007年、バイロイト音楽祭リヒャルト・ヴァーグナーニュルンベルクのマイスタージンガー』を指揮した。

2013年の東京・春・音楽祭ではNHK交響楽団を指揮して同楽劇を演奏会形式にて上演した。2019年から読売日本交響楽団常任指揮者。

家族・親族編集

同じく指揮者で1953年生まれのイェルク=ペーター・ヴァイグレドイツ語版の甥であり、ヴィオラのフリーデマン・ヴァイグレ(Friedemann Weigle)とは兄弟である。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈・出典編集


外部リンク編集

先代:
シルヴァン・カンブルラン
読売日本交響楽団
常任指揮者
2019年 -
次代:
-